e-patent > 知財図書館 > 特許実務 > 研究者・エンジニア向け

更新日 : 2016-04-03

 

参考情報

 

 

書籍情報

 

技術者のための特許実践講座  技術的範囲を最大化し,スムーズに特許を取得するテクニック 技術者のための特許実践講座 技術的範囲を最大化し,スムーズに特許を取得するテクニック
小川 勝男 金子 紀夫 齋藤 幸一

森北出版 2016-02-18
売り上げランキング : 89896

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 特許とは
●さまざまな知的財産権

第2章 特許の基本
2.1 特許出願から特許取得までの流れ
特許出願/方式審査/実体審査
2.2 特許7要件
産業上利用できる自然法則を利用した技術的思想か/新規性はあるか/非容易性はあるか/
最先の出願か/実施可能な開示をしているか/特許請求の範囲は明確か/他
2.3 出願書類
特許願(願書)/明細書/特許請求の範囲/要約書/図面
●特許情報

第3章 発明・特許化のテクニック
3.1 発明から特許へ
発明のコツと特許化のための下準備/将来に直面する問題に気づくテクニック
3.2 優れた発明
一般的な問題解決型の発明/新技術や新現象を利用した発明/ビジネスモデル特許
3.3 つねに意識しておきたい4つのポイント
問題を探し,分野特有の新しい効果を抽出する/他
●演習問題─新しい効果を探す
●その分野特有の新しい効果があれば特許になるか

第4章 特許請求の範囲を最大化するテクニック
~発明の精選と拡張~
4.1 特許請求の範囲を決めるポイント
権利の広さと特許の成立性/発明の精選と拡張
4.2 発明の補正と分割
補正/分割
●演習問題─その分野特有の効果から発明をまとめあげる

第5章 特許権の活用と他者特許への対応
5.1 権利侵害とその対応
侵害された場合/侵害していると警告された場合
5.2 他者特許対策
特許調査/特許の有効・無効の検討/抵触・非抵触の検討
5.3 特許権の活用方法
自己実施(とくに独占実施)/譲渡/ライセンス(実施権の許諾)
●弁理士

第6章 知的財産戦略としての特許
6.1 知的財産戦略の考え方
切り口を変えた特許群で実用可能な全範囲を網羅する:遠心脱水機
原理,構造,材料,システムの総合特許網で独自事業を包囲する:バブルジェットプリンタ
特・実・意・商の知的財産を十二分に活用する:リサイクルカメラ
苦い経験を生かし,国内外に特許網を張り巡らせる:HCミル
6.2 世界を相手にするための知的財産戦略
日本を取り巻く環境/海外出願

製品開発メーカーのリスクマネジメント 失敗学からわかる部門別の留意点 Risk Management for Products-Development Maker 製品開発メーカーのリスクマネジメント 失敗学からわかる部門別の留意点 Risk Management for Products-Development Maker
製品安全研究会

レクシスネクシス・ジャパン 2015-11-26
売り上げランキング : 218483

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 製品安全の基本的な考え方
第1 製品事故とは何か
第2 本書の視点
第3 製品の安全性を検討する基本的な視座
第4 製品の安全性確保の具体策
第5 製品事故が生じた場合の企業の責任
第2章 製品事故の現状と法規制
第1 製品事故の発生状況
第2 製品事故を巡る諸規制の概要
第3 製造物責任法について
第3章 企業体制のあり方と部門ごとの注意点
第1 企業内のすべての部門が協力しなければよい製品はできない
第2 企画・設計部門
第3 製造部門
第4 販売部門
第5 保守点検(メンテナンス)部門
第6 苦情処理部門
第7 リコール
第4章 判例検討
【判例1】 アーチェリー玩具失明事件
【判例2】 カプセル玩具誤飲窒息事件
【判例3】 化粧品皮膚障害事件
【判例4】 自動車用カバー受傷事件
【判例5】 強化耐熱ガラス食器破裂事件
【判例6】 犬用ブレーキ付引き紐事件
【判例7】 事務用机横転死亡事件
【判例8】 携帯電話低温熱傷事件
【判例9】 フードパック裁断機死亡事件
【判例10】 立体駐車場装置死亡事件
【判例11】 無煙ロースター出火事件
【判例12】 工作機械出火事件
【判例13】 焼却炉火災事件
【判例14】 自動ドア受傷事件
【判例15】 エスカレーター転落死事件
【判例16】 オレンジジュース異物混入事件
【判例17】 こんにゃく入りゼリー窒息死事件
【判例18】 中古自動車発火事件
第5章 判例に共通する留意点
はじめての技術者倫理 未来を担う技術者・研究者のために (KS理工学専門書) はじめての技術者倫理 未来を担う技術者・研究者のために (KS理工学専門書)
北原 義典

講談社 2015-09-25
売り上げランキング : 196361

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 技術者の社会的責任と倫理
第2章 技術者の行動規範
第3章 研究倫理
第4章 説明責任
第5章 技術情報と知的財産の保護
第6章 内部告発
第7章 製造物責任
第8章 ヒューマンエラー
第9章 化学と倫理
第10章 ナノテクノロジーと倫理
第11章 バイオテクノロジーと倫理
第12章 情報ネットワーク社会と倫理
第13章 情報新技術と倫理
第14章 環境保全と倫理
第15章 多様性社会と技術者倫理
ケーススタディの解答例
中国の産業スパイ網 世界の先進技術や軍事技術はこうして漁られている 中国の産業スパイ網 世界の先進技術や軍事技術はこうして漁られている
ウィリアム・C. ハンナス アンナ・B. プイージ ジェームズ マルヴィノン William C. Hannas

草思社 2015-09-17
売り上げランキング : 202668

Amazonで詳しく見る by G-Tools

米国に伍する大国となった中国がもたらす「脅威」とは。著者は「諸外国が完成させた高度な技術を掴み取り、その技術を使って製品をつくる能力。しかもその技術の所有者にカネを払わない」ことだという。諸外国が開発した先進の技術を「あらゆる方法を使って入手」して利用する、そのための「国家ぐるみの壮大なシステム」が存在し、いまも稼働してつづけているというのだ。対象はアメリカだけではなく、危機意識の薄い隣国・日本もまさに標的だという。詳細な情報分析からその恐るべき実態を明らかにして衝撃のレポート!
理系のための 科学技術者倫理 JABEE基準 対応 理系のための 科学技術者倫理 JABEE基準 対応
直江 清隆 盛永 審一郎

丸善出版 2015-06-12
売り上げランキング : 621900

Amazonで詳しく見る by G-Tools

序 章 なぜ技術者倫理を学ぶのか
第1章 組織における技術者
第2章 専門職としての技術者
第3章 技術者と国際規格・グローバル化
第4章 法的責任と知的財産権
第5章 技術と安全・環境
第6章 設計と技術革新の倫理
第7章 リスクと意志決定
第8章 技術的専門知と公共性
第9章 先端科学技術:生命・ロボット・ナノテクノロジー・宇宙
第10章 原子力と倫理
トリーズ(TRIZ)の発明原理40 あらゆる問題解決に使える[科学的]思考支援ツール トリーズ(TRIZ)の発明原理40 あらゆる問題解決に使える[科学的]思考支援ツール
高木芳徳

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014-08-26
売り上げランキング : 9047

Amazonで詳しく見る by G-Tools

トリーズ(TRIZ)は、「ロシアの特許審査官が特許をベースに作成」し、
「200万件以上の特許で、科学的、定量的に検証・ブラッシュアップ」し、
「分野を超えて利用できる」ようにした、ほかに類を見ない、
非常に優れた、発明的な問題解決の理論です。

ロシアの特許審査官だったアルトシューラーは、
来る日も来る日も特許を見ているうちにあることに気づきました。
「分野が違っていても、問題解決の手法には共通要素があるのではないか?」と。

そこで、何百、何千件の特許を元に、「発明のコツ」を抽出していきました。
そして、そこからついに、発明の「共通要素」を法則化することに成功したのです。

さらにアルトシューラーはもうひとつのことにも気づきました。
それは「ある分野で新たに解決された問題の9割は、
実はほかの分野で既に解決されている問題である」ということです。

そうしてアルトシューラーがたどり着いたのが
「問題解決プロセスの一般化」で、これらをまとめた
科学的問題解決プロセスがトリーズ(TRIZ)です。

本書でご紹介する「40の発明原理」は、
一つひとつの具体的な問題解決方法の中から、
問題解決プロセスを一般化して抽出したものです。

これを活用することで、他分野における過去の失敗や成功から
より深く学べるようになります。

また、異分野の技術者同士やビジネスパーソンの間で
今まで難しかった「技術の本質に迫った話」ができるようになります。

TRIZは、今も進化を続ける巨大な理論体系ですが、
本書で紹介する「発明原理」は、TRIZの原点であると同時に、
ほかのすべての理論の基本にもなっています。

本書は、現在、欧米を中心に高付加価値なビジネスを
成り立たせているこの手法の原点を、
一般の方向けに初めてご披露するものです。

さっそく、TRIZの世界へご案内いたしましょう!

モノづくりのための特許の基礎知識 モノづくりのための特許の基礎知識
並川啓志

発明推進協会 2015-03-10
売り上げランキング : 487003

Amazonで詳しく見る by G-Tools

知的財産権とは
知的財産権の重要性
わが国の特許制度
発明の保護と利用
独占禁止法との関係
特許権とは
特許要件
審査と特許異議の申立て
特許権の制限
利用関係
実施権(ライセンス)
職務発明
外国出願
特許権侵害に対する救済
実用新案法のあらまし
意匠法のあらまし
商標法のあらまし
不正競争防止法のあらまし
著作権法のあらまし
できる技術者・研究者のための特許入門 元特許庁審査官の実践講座 (KS科学一般書) できる技術者・研究者のための特許入門 元特許庁審査官の実践講座 (KS科学一般書)
渕 真悟

講談社 2014-11-12
売り上げランキング : 210573

Amazonで詳しく見る by G-Tools

拒絶理由通知なんて怖くない! 全技術者・研究者必携!

・書類作成に役立つチェックリストが超便利。
・誰も教えてくれなかったノウハウが満載。

本書は,元特許庁審査官の立場から,「研究開発者は特許の世界の考え方をこのように理解してみたらどうだろうか」と紹介するものであり,2部構成になっています。

・前半(1~3章)では,特許出願または審査を初めて経験する方に,一般的な特許知識を理解してもらう。
・後半(4~9章)では,特許出願や審査官対応の経験がある方を念頭に,「特許出願プロセス」「特許審査プロセス」で生じるであろう疑問を解消してもらう。

……自分の特許の出願プロセスや審査官対応の各段階において,本書を片手に持ち,自分の開発技術を特許の世界で考えると,どのようになるのかを理解するよう努めてください。

技術者のイノベーション能力を高める思考テクニックI-TRIZ ―天才の思考を移植する科学的方法論― 技術者のイノベーション能力を高める思考テクニックI-TRIZ ―天才の思考を移植する科学的方法論―
上村輝之

日科技連出版社 2014-10-26
売り上げランキング : 315073

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 日本モノづくり復活の処方箋
第2章 TRIZ、I-TRIZ入門
第3章 発明的問題を解決する思考プロセスIPS
第4章 不具合を逆転発想で解決する思考プロセスAFD
第5章 強力な特許網を構築する思考プロセスCIP
第6章 システムを次世代へ進化させる思考プロセスDE
付録 I-TRIZ教育プログラムの紹介
技術者・研究者のための特許の取り方 技術者・研究者のための特許の取り方
宮保憲治 岡田賢治

東京電機大学出版局 2012-03-12
売り上げランキング : 158697

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1部 アイデアのまとめ方から特許明細書の創り方まで
 特許出願に必要な考え方と記載事項
 アイデア創出の方程式
 「ひらめき」から具体的発明まで
 具体的な請求項の記載
第2部 特許法の基礎
 特許制度の概要と発明にかかわる権利
 特許要件
 特殊な特許出願
 出願審査請求
第3部 拒絶理由とその対応
 拒絶理由とその対応策
 補正の制限
第4部 特許情報の活用
 公開情報の読み方
 公報から読み取れる他社の研究動向
第5部 特許戦略
 特許権者の特許戦略
 外国特許の取得
理系なら知っておきたいラボノートの書き方 改訂版―論文作成、データ捏造防止、特許に役立つ書き方+管理法がよくわかる! 理系なら知っておきたいラボノートの書き方 改訂版―論文作成、データ捏造防止、特許に役立つ書き方+管理法がよくわかる!
岡崎康司

羊土社 2011-12-05
売り上げランキング : 56329

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1章 ラボノートとは
 1.ラボノートとは
 2.なぜラボノートを使用するべきか
 3.特許制度の概要
2章 ラボノートの現状
 1.欧米におけるラボノート
 2.日本におけるラボノート
 3.電子ラボノートについて
3章 ラボノートの書き方
 1.ラボノートを書く前に ~道具選びのポイント~
 2.ラボノートの書き方 ~何をどう書くのか~
 3.記録後に注意すべき点
4章 ラボノートの管理方法
 1.ラボノート管理が必要なわけ
 2.ラボノート管理規定
 3.ラボノート管理部門の役割
 4.証人の役割
 5.研究室の管理者(上司)の役割
 6.大学におけるラボノートの管理
5章 ラボノートQ&A
 ラボノート導入に関する疑問
 ラボノート使用に関する疑問
 トラブルに関する疑問 COLUMN
これなら書ける!特許出願のポイント―研究開発を経験した大学教授と弁理士が語る これなら書ける!特許出願のポイント―研究開発を経験した大学教授と弁理士が語る
涌井 伸二 金子 宏

コロナ社 2011-12
売り上げランキング : 120705

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1 序論
2 特許の面白さ
3 特許をめぐる世の中の動き
4 知っておきたい特許法の条文
5 特許出願書類の書き方
6 特許出願とその後の処理
7 アイデア発掘
研究開発プロフェッショナルのための発明バイブル 研究開発プロフェッショナルのための発明バイブル
泉 通博 吉田 武弘

発明協会 2011-01
売り上げランキング : 460102

Amazonで詳しく見る by G-Tools

まえがき
第1部 特許提案1566件〜発明の鉄人からのメッセージ
第2部 発明を提案しよう!〜弁理士からのメッセージ
 第1章 特許制度
 第2章 発明の創出
 第3章 特許出願
 第4章 クレームと明細書
 第5章 職務発明
 第6章 審査
 第7章 特許登録後
技術者・研究者のための特許の知識と実務―特許出顔・権利化業務の実際 技術者・研究者のための特許の知識と実務―特許出顔・権利化業務の実際
高橋 政治

秀和システム 2011-08
売り上げランキング : 327080

Amazonで詳しく見る by G-Tools

知識編
 まずは特許の基本を知ろう
 どのような発明であれば特許をとれるのか?
 ここまで知っていれば十分!特許の知識
実務編
 発明が完成したら、初めに先行技術の検索をしよう
 出願書類を作成して特許出願しよう
 拒絶理由通知への対応
理工系のための実践・特許法 第2版 理工系のための実践・特許法 第2版
古谷 栄男

共立出版 2011-04-23
売り上げランキング : 288448

Amazonで詳しく見る by G-Tools

I 基礎編
 1 特許を学ぶ必要性
 2 知的財産権とは
 3 特許制度の概要
 4 何が特許になるのか
 5 特許権の効力
 6 誰が特許権者になるか
 7 特許出願
 8 特許出願から特許取得まで
 9 特許要件(その2)
 10 特許権の効力(その2)
 11 実用新案
 12 外国特許出願
II 実践編
 1 着想の発明化と発明の権利化
 2 発明届出書
 3 特許調査
 4 請求項を作る
 5 拒絶理由に対する反論
 6 侵害警告に対する対応
これからの特許の話をしよう―奥さまと私の特許講座 (Sanwaセレクション) これからの特許の話をしよう―奥さまと私の特許講座 (Sanwaセレクション)
黒川 正弘

三和書籍 2011-03
売り上げランキング : 26660

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1日め 古代からギリシャ・ローマ時代の技術の秘匿と拡散
第2日め ルネサンスのヴェネツィアで特許制度は始まった
第3日め 近代的特許制度の成立とイギリス産業革命
第4日め アメリカの産業革命と特許戦略
第5日め 混迷の始まりと戦争
第6日め 平和の進展と深まる苦悩
第7日め 日本の産業革命
第8日め 次の時代、中国は
理系研究者のための知的財産・契約・ベンチャー設立ガイド 理系研究者のための知的財産・契約・ベンチャー設立ガイド

民事法研究会 2010-03
売り上げランキング : 752973

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1部 成果を守る!
 特許等の仕組み
第2部 企業が研究に興味を示した!
 あなたの研究に企業が興味を示してきた!どう対応すればよいか?
 共同研究をやりたいとの申出があった!
 研究の委託をお願いしたいと言われた!
 契約書の作成と交渉
第3部 ベンチャーを立ち上げる!
 「会社を設立しませんか?」と言われた!
 「ベンチャー企業の経営者にならないか」と言われた!
参考資料
 バイオ関連の特許出願に強い特許事務所
 職務発明取扱規程
 秘密保持契約書
 CONFIDENTIAL DISCLOSURE AGREEMENT(秘密保持契約/CDA)
 Material Transfer Agreement(サンプル提供のための契約/MTA)
 バイオ関連企業へ投資する日本の主要なベンチャーキャピタル)
「ひらめき力」の育て方―だれも思いつかない、だからビッグビジネスになる 「ひらめき力」の育て方―だれも思いつかない、だからビッグビジネスになる

亜紀書房 2010-01-29
売り上げランキング : 52414

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1章 プロフェッショナル・アマチュアのすすめ―斬新な発想をする
2章 ひらめきはリンクである―異種をつなげると大きなアイデアになる
3章 ひらめきを形にする―製品化してはじめて成功と言える
4章 いい仕事にはかならず大きな壁が立ちはだかる―手振れ補正技術・完結編
5章 読もうと思えば5年先は読める―“交流”から斬新な発想が生まれる
6章 世界を相手にする発想術―デジタルテレビ放送の必須技術の発明
シブすぎ技術に男泣き! シブすぎ技術に男泣き!

中経出版 2010-01-20
売り上げランキング : 3501

Amazonで詳しく見る by G-Tools

プロローグ ものづくり日本を支える男たちを追え!
1章 ものづくりに賭ける一本気な情熱に男泣き!
2章 日本の発明王の裏にある苦節に男泣き!
3章 日の目を見ずして消え行く機械に男泣き!
4章 うたかたの夢と散る開発の日々に男泣き!
5章 愚直なまでにこだわりぬく職人技に男泣き!
エピローグ さらば、シブすぎ技術に男泣き!
たった一人のビジネスモデル―知られたモノの組み合わせから特許になる発明を創り出す方法 たった一人のビジネスモデル―知られたモノの組み合わせから特許になる発明を創り出す方法

発明協会 2009-10
売り上げランキング : 288535

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「発明手法」、「アイデアの出し方」などに関する書籍は、これまで数多く発行されていますが、本書では、単に発明を生み出す手法についてではなく、特許になる発明をどのように生み出すか、ビジネスに貢献する発明をどういう観点で創ればよいかにポイントを置いて説明しています。
特許法の条文や法律用語の使用は最小限にとどめ、発明サンプルの写真や図表を多く取り入れ、ビジュアルで分かりやすい内容になっています。
知的財産関係者のみならず、学生、技術者、これから起業することを考えている方など、発明に興味がある方には是非読んでいただきたい一冊です。 
技術者のためのサラリーマン特許 技術者のためのサラリーマン特許

発明協会 2009-08
売り上げランキング : 235839

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コニカミノルタで30年以上にわたりプリンタの技術開発を手がけてきた現役の開発部長がつづったコラムを一冊の書籍にまとめました。
第1部は、著者が上司から管理される立場だったころを振り返り、アイデア創出に至ったプロセスや着眼点等の技術開発ストーリーについて具体的事例を交えながら赤裸々に語ります。
第2部では、著者が管理職となって部下を管理する立場に……。管理職の視点から特許出願マネジメントにおける苦労話や部下のモチベーションを高めるための試行錯誤などを中心に紹介していきます。
分野が異なるとしても、多くの技術者が本書の内容に共感することでしょう。そして、知財部の方も技術者のモチベーションアップを図るために一読の価値ありです! 
ニュース記事に学ぶ知的財産 ニュース記事に学ぶ知的財産
加藤 直規

大学教育出版 2009-06-10
売り上げランキング : 118778

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1 章 なぜ知的財産を学ぶのか
第2 章 歴史から見る知的財産
第3 章 発明は如何にして誕生するのか
第4 章 特許権
第5 章 コンピュータ関連特許
第6 章 意匠権
第7 章 著作権
第8 章 著作権とデジタル化社会
第9 章 オープンソース・ソフトウェア
第10章 商標権
第11章 企業と知的財産 他
特許のすべてがわかる本―特許・実用新案・意匠・商標 発明から出願まで 特許のすべてがわかる本―特許・実用新案・意匠・商標 発明から出願まで
守谷 一雄

新星出版社 2009-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

◆出版社・紹介文
特許、実用新案、意匠、商標を出願する際の手続きの仕方を、実例を用いて丁寧に解説。また、発明を生みだす発想法から、製品化(試作品づくり)、企業への売り込み方まで、発明家目線に立った情報が充実しています。
図解で早わかり 特許・商標のしくみと手続き 図解で早わかり 特許・商標のしくみと手続き
渡辺 弘司

三修社 2008-12-16
売り上げランキング : 78200

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1 特許権のしくみ
2 商標権のしくみ
3 特許出願と出願後の手続
4 商標出願と出願後の手続
5 その他の知的財産権制度
巻末資料 電子図書館の活用法
「雪見だいふく」はなぜ大ヒットしたのか 77の「特許」発想法 (講談社+アルファ文庫 G 169-1) 「雪見だいふく」はなぜ大ヒットしたのか 77の「特許」発想法 (講談社+アルファ文庫 G 169-1)
重田 暁彦

講談社 2008-01-21
売り上げランキング : 176437

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 先進企業から生まれた大ヒット商品
第2章 優れモノの陰には特許がある
第3章 「未来先取り」特許を大公開!
第4章 これは凄い!もうかる特許
第5章 これぞ日本人のアイデア!
第6章 知っておきたい特許のトリビア
第7章 人類の歴史は特許の歴史
インターネットユーザーのための事例で学ぶ知的財産権の基礎知識 インターネットユーザーのための事例で学ぶ知的財産権の基礎知識
知的財産教育協会

日本経済新聞出版社 2007-12
売り上げランキング : 306524

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1部 深刻なネット上の知的財産権侵害
 1 あなたもネット上でこんなことをしていませんか?
 2 なぜ知的財産(権)を尊重しなければいけないのか
 3 インターネットを介した知的財産権侵害の現状
 4 企業コンプライアンスも個人の意識改革から始まる
 5 本書の活用法
第2部 知っておきたいネット知財法早わかり!
 1 著作権法
 2 商標法
 3 意匠法
 4 不正競争防止法
 5 特許法  他
第3部 ケーススタディーこんなときどうする?
技術者のための特許事始―半導体技術を中心として 技術者のための特許事始―半導体技術を中心として
角南 英夫

コロナ社 2007-12
売り上げランキング : 588252

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1. 発明と特許について
2. 特許の光と影
3. ケーススタディ:筆者の出願を中心に
4. 銅鉄主義は大いに勧める
5. 強い特許を書くために
6. 発明の記述ドリル
7. 発明ドリル解答例
おわりに
引用・参考文献
補遺 角南関連 日本および米国特許出願リスト
索引
仕事に生かす知的財産の知識―技術者の心得 仕事に生かす知的財産の知識―技術者の心得
電子情報通信学会

電子情報通信学会 2007-12
売り上げランキング : 434421

Amazonで詳しく見る by G-Tools

入門編 これから技術者として働く人たちと、技術者として働く人を受け入れる方々へ
 情報の扱い方―情報がだれのものかを理解しよう
 技術者が扱う知的財産の種類と性質―自分が何を創作するのか考えてみよう
実践編 技術の最前線で働く人たちへ
 生まれた発明をどうやって守るのか
 特許
 機密情報
 著作物
上級編 もう一歩賢く
 技術者と会社の関係
 技術契約(会社と会社の関係)
 特許権
 技術標準
デザイン編
 製品のデザインも大切な財産(デザインの保護)
発明・開発技術マニュアル 発明・開発技術マニュアル
鈴木 勝

勉誠出版 2007-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

■出版社紹介文
特許取得347件の実績を持つ著者の体験的発明術を公開。
自動車電装部品開発の実例78件に関わる発明の背景、ポイント、発明関連の思い出、以後の進歩などを詳述。
企業人と理工系学生のための知的財産権概論―特許から著作権まで 企業人と理工系学生のための知的財産権概論―特許から著作権まで
板谷 康夫

日刊工業新聞社 2007-05
売り上げランキング : 91342

Amazonで詳しく見る by G-Tools

知的所有権制度
特許される発明
発明の進歩性
特許を受け得る者、職務発明
発明の単一性等の各種制度規定
特許発明の技術的範囲
均等論
特許情報調査と明細書の書き方
出願手続等と中間処理における意見書・補正書の書き方
特許権の効力、損害賠償、間接侵害等
特許権の消尽と特許等製品の並行輸入
コンピュータプログラム発明
ビジネスモデル特許
実用新案・意匠・商標・著作権等
条約と外国特許制度
特許法等の主たる改正(昭和61年以降)
企業等における知的財産管理
研究者のための知的財産ハンドブック 研究者のための知的財産ハンドブック
松田 俊治 牧野 知彦 宮原 正志 山本 秀策

化学同人 2007-03
売り上げランキング : 138872

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Part 1 知っておかないと損をする基本中の基本

 1 章 いまなぜ知的財産が重要なのか
 2 章 「発明」とは?
 3 章 特許発明になるアイデア・ならないアイデア
 4 章 強力な特許・意味のない特許
 5 章 特許取得は社会正義に反する?
 6 章 大学にとっての特許
 7 章 ベンチャーにとっての特許
 8 章 なぜ外国出願をするのか
 9 章 特許戦略の重要性
Part 2 トピック別 知財の基礎知識
 1 章 毎日の研究開発をするとき
 2 章 発明をしたとき
 3 章 職務発明制度とは
 4 章 特許公報を見るとき
 5 章 特許になるものならないもの
 6 章 対外発表するとき
 7 章 特許出願をすべきかどうか
 8 章 特許出願をするとき
 9 章 共同研究をするとき
 10章 外国出願をするとき
Part 3 知っておきたい知財の基礎用語

改訂版 知的財産教本

EMEパブリッシング 2006-11
売り上げランキング : 115239

Amazonで詳しく見る by G-Tools

序章 知的財産制度の世界の全体像
第1章 特許出願前の知識
第2章 特許出願から特許が取れるまで
第3章 特許が取れた後
第4章 実用新案制度
第5章 意匠制度
第6章 商標制度
第7章 外国とのつき合い
第8章 不正な競争行為と著作権
第9章 紛争の対応(警告、交渉、訴訟)
第10章 特許事務所(弁理士)とのつき合い
付録 大学の上手な活用方法
4478140294 特許がわかる12章 [第6版]
竹田 和彦

ダイヤモンド社 2005-12-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

まえがき
序章 なぜいま、知的財産権が重視されるか
1章 特許制度はどのようにして生まれたか
2章 企業戦略からみた特許
3章 特許にするための要件
4章 出願から特許までのプロセス
5章 他人の特許を攻撃する
6章 特許権侵害をめぐる攻防
7章 ライセンシング・ビジネスとは
8章 従業員の発明をどう取り扱うべきか
9章 特許情報を活かす
10章 外国で特許をとる
11章 存続期間は延長できるか
12章 無審査になった実用新案
薦めたい本
付録
索引
特許の基礎知識 改訂6版 特許の基礎知識 改訂6版
佐藤 秀一 松本 邦夫

オーム社 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1章 技術開発と特許
2章 特許制度の成り立ちと役割
3章 特許権と実施権
4章 知的財産権についての裁判
5章 国際的にみた特許制度
6章 特許と企業
7章 特許を得るには −特許出願書類とその書き方−
8章 提案用紙の書き方 −特許明細書等の具体的な作成に向けて−
これだけは知っておきたい技術者のための倫理と法律 これだけは知っておきたい技術者のための倫理と法律
井野辺 陽

ナカニシヤ出版 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1編 総論
 倫理と責任
 民事責任
第2編 開発・設計・製造上の技術者の責任―製造物責任等
 製造物責任法
 製造物責任の実例 ほか
第3編 他者の権利を尊重する責任―知的財産権
 知的財産権とは
 特許権 ほか
第4編 情報と内部告発
 情報(営業秘密を除く)
 内部告発
理系にもわかる知的財産法講義 理系にもわかる知的財産法講義
大塚 康英 広田 浩一

弘文堂 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 知的財産権の取得意義
第2章 研究開発と特許戦略
第3章 特許権の取得手続
第4章 特許権の活用
第5章 実用新案権の取得
第6章 意匠権の取得
第7章 商標権の取得
第8章 不正競争行為の禁止
第9章 著作権
第10章 条約
第11章 知っておきたい法令用語
技術者のためのやさしい知的財産入門 技術者のためのやさしい知的財産入門
原嶋 成時郎

日刊工業新聞社 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 知的財産とは?
第2章 発明と特許
第3章 発明をしよう
第4章 出願から権利取得まで
第5章 特許権の権利内容
第6章 権利侵害
第7章 外国特許
第8章 技術、ノウハウの保護など
第9章 特許権以外の産業財産権
第10章 その他の知的財産権
第11章 元現場技術者から見た知的財産権
4320096371 理工系のための実践・特許法
古谷 栄男

共立出版 2005-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第I部 基礎理論編
1. 特許を学ぶ必要性
2. 知的財産権とは
3. 特許制度の概要
4. 何が特許になるのか(特許要件)
理解度確認演習1(1章〜4章)
5. 特許権の効力
6. 誰が特許権者になれるのか
7. 特許出願
8. 特許出願から特許取得まで
理解度確認演習2(第1章〜第8章)
9. その他の特許要件と無効審判
10. 特許権の効力(その2)
11. 実用新案
12. 外国特許出願
理解度確認演習3(第1章〜第12章)
第II部 実践編
1. 着想の発明化と発明の権利化
実務演習1(アイディアシート)
2. 発明届出書
実務演習2(発明届出書の作成)
3. 請求項を作る
実務演習3(請求項の作成)
4. 特許調査
実務演習4(特許調査)
5. 拒絶理由に対する反論
実務演習5
6. 侵害警告に対する対応
6.1 警告状
6.2 侵害警告に対する対応
6.3 侵害品を発見したら
実務演習6
付録
458703455X 社会人のための知的財産法
池内 寛幸

法学書院 2005-09
売り上げランキング : 211,353

Amazonで詳しく見る by G-Tools

知的財産権とは何か
法律体系
なぜ知的財産権法が必要か
企業,研究者,技術者にとっての特許の重要性
どのような条件が満足されたら特許権が認められるか
日本の特許出願件数と登録件数
発明は足元に転がっている ほか
4827108129 特許の考え方・活かし方―技術者と管理者のために
松原 治

発明協会 2005-08
売り上げランキング : 161,836

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1部 特許の基礎知識
 用語について
 知的財産権とは
 発明とは何か ほか
第2部 技術者と特許―特許常識の活用
 技術者への期待
 有用な発明を生むために
 発明の把握・認識 ほか
第3部 管理者と特許―特許の考え方
 管理者の特許意識と評価
 発明の原動力
 研究・開発の評価 ほか
4807906186 企業人・大学人のための知的財産権入門―特許法を中心に
廣瀬 隆行

東京化学同人 2005-06
売り上げランキング : 17,571

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 知的財産権法を学ぶために
第2章 特許権を取得する
第3章 特許公報の読み方、出願書類の書き方
第4章 特許の利用
第5章 特許権侵害訴訟
第6章 外国出願
第7章 知的財産権法
4835590457 特許へのアプローチ―技術スタッフのための手引き
須崎 一男

文芸社 2005-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

4526054216 成功事例が教える一人でできる特許の取り方・活かし方
平井 工

日刊工業新聞社 2005-02
売り上げランキング : 133,648

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 特許を利用して豊かな人生をつくる
第2章 一人でできるベンチャービジネス成功法
第3章 知的財産権の利用法
第4章 特許を自分のものにする具体的な方法
第5章 便利な特許活用の知識
第6章 実用新案、意匠、商標の出願法
第7章 特許で収入を得る方法
第8章 あなたもできる発明のコツ
4769371381 理工系のための知的財産権の基礎と実際―平成15年、平成16年改正法対応
山内 康伸

工業調査会 2004-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1部 知的財産制度の基礎
 知的財産権とは
 特許(技術の保護制度)
 実用新案
 意匠(デザインの保護制度)
 商標(ブランドの保護制度)
 産業財産権の国際的保護制度
 著作権法
 不正競争防止法
 その他の知的財産法
第2部 知的財産の活用の実際
 特許の活用パターンと発明活動のシステム化
 研究開発計画と特許法上の留意事項
 発明の手法・研究開発における特許情報の利用
 特許出願に当たっての特許法上の留意事項
 発明者として知っておくべきこと
490223808X 大学と研究機関のための知的財産教本
山口大学知的財産本部 辻本 一義

EMEパブリッシング 2004-06-30
売り上げランキング : 180,538

Amazonで詳しく見る by G-Tools

初版の序
はじめに
序章 — 知的財産制度の世界の全体像
第1章 — 特許出願前の知識
第2章 — 特許出願から特許がとれるまで
第3章 — 特許がとれた後
第4章 — 実用新案制度
第5章 — 意匠制度
第6章 — 商標制度
第7章 — 外国とのつき合い
第8章 — 不正な競争行為と著作権
第9章 — 紛争の対応(警告、交渉、訴訟)
第10章 – 特許事務所(弁理士)とのつきあい
索引
4569633668 特許・知的財産権の教科書―研究・教育・ビジネス現場のための
辻本 一義

PHP研究所 2004-04
売り上げランキング : 281,487

Amazonで詳しく見る by G-Tools

序章 知的財産権の世界をのぞいてみよう!
第1章 特許制度の予備知識
第2章 特許の全体像をつかもう
第3章 特許をとるまでの手順はこうだ!
第4章 特許のパワーについて知っておこう
第5章 特許の仲間を見てみよう―実用新案・意匠・商標
第6章 外国への出願の基礎知識
第7章 特許事務所の上手な活用法
4789820173 エンジニアのための知的財産権概説―先行技術調査、明細書の書き方、審査プロセスまで、実務に役立つ特許マニュアル
大嶋 洋一

CQ出版 2004-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

デザイン・ウェーブ・マガジン連載記事(全19回)

第1章 なぜエンジニアにとって特許制度は重要なのか?
第2章 エンジニアが抱く特許制度への素朴な疑問
第3章 注目される特許たち
第4章 技術情報としての特許情報の活用方法
第5章 特許取得プロセス
第6章 海外の特許制度と特許情報
第7章 特許情報の分析とその活用方法
第8章 特許法から知的財産権法、そして経済法へ

4526050024 これだけは知っておきたい「職務発明制度」―技術者のための特許法の常識
帖佐 隆

日刊工業新聞社 2002-09
売り上げランキング : 251,109

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 特許制度とは何だろう
第2章 特許の世界を取り巻く環境とトピック
第3章 知っておきたい職務発明制度のこと―職務発明で堂々と稼ごう
第4章 職務発明制度ケーススタディー―発明で堂々と稼ぐために(従業者が発明をした時の行動のヒント)
第5章 自分で出願してみよう
第6章 職務発明制度の立法論―改正論議へ向けて
4526048119 技術者のための戦略的パテントの心得55
中島 隆

日刊工業新聞社 2001-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 特許情報から高付加価値を生み出す糸口としての4ヶ条―いま、特許部門は問題だらけ
第2章 戦略的発想ツールを使いこなす26ヶ条―具体的な出願強化手法の紹介
第3章 戦略的発想ツールを使う。発明を生み、強く育てる16ヶ条―企業人の技術活動
第4章 パテントウォールを築く戦略的出願9ヶ条―マーケティングの前、最初に出願がある
第5章 日米のクレーム対比具体例
4897063590 これからの生命科学研究者のためのバイオ特許入門講座
隅蔵 康一

羊土社 2003-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

基礎セッション
ステップ1 特許制度は誰のため?
ステップ2 特許を出願するその前に
ステップ3 特許取得への道
ステップ4 国際社会と特許制度
ステップ5 特許を活用する
ステップ6 特許をめぐる裁判
ホット・トピックス
1.遺伝子特許
2.国際構造ゲノム会議
3.タンパク質立体構造解析と特許 ほか
おわりに
付録
●用語解説
●条文原文
4274024466 特許の基礎知識
佐藤 秀一 松本 邦夫

オーム社 2001-01
売り上げランキング : 173,987

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1 技術開発と特許
2 特許制度の成り立ちと役割
3 特許権と実施権
4 国際的にみた特許制度
5 特許と企業
6 特許を得るには
7 提案用紙の書き方
付録
 特許関係団体
 IPCのサブセクション・クラスタイトル ほか
4274024679 特許がわかる本
大塚国際特許事務所

オーム社 2002-06
売り上げランキング : 286,774

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1章 特許の基礎知識
2章 特許の対象
3章 新しい特許―ビジネスモデルを特許にするための対策と方法
4章 企業活動における特許の役割
5章 特許を意識した技術開発
6章 特許申請のポイント
7章 特許紛争
8章 特許ライセンスの考え方
9章 特許事件に関する最近の裁判の傾向と重要な裁判例
10章 特許と他の知的財産権
4532149630 技術者のための特許知識と活用の実際
野上 邦五郎

日本経済新聞社 2003-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1 技術者と特許制度
 技術者にとって特許とは
 なぜ特許権が独占権として認められるのか ほか
2 技術者が特許制度を活用するためには
 技術者が特許を知っておく必要性
 技術者が特許制度を活かすには、どのようなことをしなければならないか
3 他者から新技術(特許情報)の開示を受ける立場の技術者としてやるべきこと
 他者特許の調査はどのようにするのか
 他の公知文献の調査 ほか
4 開発した新技術を特許出願する立場の技術者(発明者)としてやるべきこと
 どのような技術を開発しなければならないか
 特許を取れる技術とは ほか
4770200900 技術者のための特許の常識 第三版

高分子刊行会 2000-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

482710719X 判例からみた工学系実務者のための特許法入門講座
小栗 昌平

発明協会 2003-01
売り上げランキング : 816,978

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1 はじめに
 プロ・パテントの時代とは
 特許権とは何か、知的財産権とは何か
 特許について「広い保護・強い保護」が指向されている
 「知的創造サイクル」の推進が提唱されている
 特許の世界において「グローバル時代」が進展している ほか
2 事例からみた特許制度
 特許法の目的(並行輸入・消尽)
 特許権の効力
 発明のカテゴリー
 特許発明の技術的範囲(均等論)
 特許権の行使(権利の濫用:明らかな無効理由のある場合) ほか
3 関連資料
4 事例資料
4827106533 技術者のための知的財産権講座
久木元 彰 照嶋 美智子

発明協会 2002-04
売り上げランキング : 503,093

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 特許法
第2章 実用新案法
第3章 意匠法
第4章 著作権法
第5章 商標法
第6章 不正競争防止法