更新日 : 2015-12-26

 

参考情報

 

 

書籍情報

 

30の発明からよむ世界史 (日経ビジネス人文庫) 30の発明からよむ世界史 (日経ビジネス人文庫)
池内 了

日本経済新聞出版社 2015-09-02
売り上げランキング : 257704

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「モノ」でたどる人類史6000年!

酒、時計、電話、ゴム、プラスチック、眼鏡、紙、望遠鏡、コンピューター–。身の回りにある「モノ」にはすべて歴史があります。本書は、地理的にも時間的にも膨大な人間の歴史を、「30の発明」で切り取る、雑学満載の世界史入門です。ロングセラー『30の戦いからよむ日本史』『30の戦いからよむ世界史』に続く、文庫書き下ろしシリーズ第3弾!

本書には面白エピソードが数多く登場します。
・お酒は人類誕生以前からあった
・世界最古の印刷物は法隆寺にある
・乾電池を発明したのは日本人
・最初の鉄器は隕石からつくられた
・ローマ帝国は道路を造り過ぎて衰退した
・電話の発明者はベル以前にいた
・眼鏡の鼻当ては日本人が考えた–などなど。
発明の歴史を知ることで、人間の想像の力、意志の力を再確認できる一冊です。

世界の発明発見歴史百科 世界の発明発見歴史百科
テリー ブレヴァートン Terry Breverton

原書房 2015-09-30
売り上げランキング : 447523

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1章 テクノロジーの夜明け
2章 古代世界の天才たち
3章 刷新の時代
4章 ルネサンス技術と科学革命
5章 産業革命
6章 新たな技術革新
7章 電気と電子の時代
8章 デジタルの世界
アメリカ特許図面をひもとく蒸気機関車発明史 アメリカ特許図面をひもとく蒸気機関車発明史
株式会社ネオテクノロジー

株式会社ネオテクノロジー 2013
売り上げランキング : 1499281

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はじめに

発明とは何か。なぜ、特許明細書なのか。
アメリカ特許の変遷

特許図面のレトロな楽しみ/古い特許図面から発見して新たな時代に繋ぐ/まるで物語のような発明

拡大するアメリカの国土/先端技術のかたまり蒸気機関車/ゴールドラッシュ/南北戦争と工業化/大陸横断鉄道開通/大恐慌/米西戦争/
ライト兄弟のこと/T型フォード
Go West !! /農機具の発明/ Gone With The Wind /世界一周旅行

アメリカを取り巻くヨーロッパの蒸気機関車の歴史
型式分類

蒸気機関車特許図面

207例収録

蒸気機関車全体 スティーブンソンタイプ
蒸気機関車全体 非スティーブンソンタイプ
蒸気機関車全体 蒸気動車
蒸気機関車全体 特殊軌道
蒸気機関車要部/蒸気機関車を動かすための給水施設

用語の説明
掲載した特許の一覧
発明者さくいん

おわりに

通商産業政策史1980‐2000〈11〉知的財産政策 (知的財産政策 1980-2000) 通商産業政策史1980‐2000〈11〉知的財産政策 (知的財産政策 1980-2000)
中山 信弘 通商産業政策史編纂委員会

経済産業調査会 2011-10
売り上げランキング : 33773

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 総論
 第1節 はじめに
 第2節 戦後の我が国産業財産権制度の抜本的改革の総仕上げ
 第3節 我が国の新たなプロパテント政策の潮流
 第4節 知的財産政策への国家的取り組み
 第5節 まとめ
第2章 産業財産権制度の国際化への対応
 序 節
 第1節 1980年代の米国知的財産戦略と日米問題
 第2節 ウルグアイ・ラウンドとTRIPS協定
 第3節 WIPOにおける「各国の制度の調和」に関する交渉
 第4節 WIPOにおける「共通の制度の創設」に関する交渉
 第5節 複数国・二国間の協力
 第6節 国際知的財産問題の多様化・拡散化
第3章 産業財産権の制度改正
 第1節 現行法制定後1970年代までの状況
 第2節 1980年代以降1990年代前半までの制度改正の状況
 第3節 1990年代後半以降の制度改正の状況
第4章 知的財産制度の運営基盤の整備・拡充
 第1節 総論
 第2節 財政基盤の確立
 第3節 コンピュータシステムの導入と拡充
 第4節 知的財産政策を推進する通商産業省の組織体制の整備
 第5節 審査事務環境の整備
 第6節 外部資源の活用
 第7節 業務の電子化とアウトソーシングを支えた法的基盤
 第8節 産業界における出願行動の適正化
 第9節 弁理士制度の改革
第5章 21世紀の知財戦略の国家的取り組み
 第1節 知的財産戦略構築への歩みと小泉総理の知的財産立国宣言
 第2節 知的財産戦略大綱
 第3節 知的財産基本法と知的財産戦略本部
 第4節 知的財産の創造、保護及び活用に関する推進計画
 第5節 まとめ
明治の特許維新  外国特許第1号への挑戦! 明治の特許維新  外国特許第1号への挑戦!
櫻井 孝

発明協会 2011-04-18
売り上げランキング : 112408

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章:ある煙火師の米国特許物語
第2章:ある化学者の英国特許物語
第3章:外国人の日本特許第1号誕生物語
世界を変えた発明と特許 (ちくま新書) 世界を変えた発明と特許 (ちくま新書)
石井 正

筑摩書房 2011-04-07
売り上げランキング : 75651

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 ワットの功罪―強すぎた蒸気機関特許
第2章 エジソンの栄光と挫折―電力システムの発想
第3章 ライト兄弟vs.カーティス―飛行機に基本特許はあるのか
第4章 マルコーニの世界戦略―無線と国家安全保障
第5章 天才ショックレーの衝撃―トランジスタ発明の栄誉は誰に?
第6章 キルビーvs.ノイス―日本企業を苦しめた半導体特許
第7章 豊田佐吉・喜一郎の特許戦略―自動織機から自動車産業へ
第8章 レントゲンはなぜ特許を取らなかったか―特許にならなかった大発明
エピローグ 強い特許を取るための戦略とは?
これからの特許の話をしよう―奥さまと私の特許講座 (Sanwaセレクション) これからの特許の話をしよう―奥さまと私の特許講座 (Sanwaセレクション)
黒川 正弘

三和書籍 2011-03
売り上げランキング : 26660

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1日め 古代からギリシャ・ローマ時代の技術の秘匿と拡散
第2日め ルネサンスのヴェネツィアで特許制度は始まった
第3日め 近代的特許制度の成立とイギリス産業革命
第4日め アメリカの産業革命と特許戦略
第5日め 混迷の始まりと戦争
第6日め 平和の進展と深まる苦悩
第7日め 日本の産業革命
第8日め 次の時代、中国は
音楽史を変えた五つの発明 音楽史を変えた五つの発明
ハワード グッドール 松村 哲哉

白水社 2011-02-22
売り上げランキング : 172306

Amazonで詳しく見る by G-Tools

序曲
1 細く赤い線―グイード・ダレッツォと記譜法の発明
間奏曲ヴァチカンの秘密
2 革命を引き起こした音楽―オペラの発明
間奏曲作曲するということ
3 偶然の産物―平均律の発明
4 音量を調整できる鍵盤楽器―バルトロメーオ・クリストフォリとピアノの発明
間奏曲選ばれた人々
5 メリーさんの羊―トーマス・エジソンと録音技術の発明
終曲―すべては変わらねばならない
歴史のなかの特許―発明への報奨・所有権・賠償請求権 歴史のなかの特許―発明への報奨・所有権・賠償請求権
石井 正

晃洋書房 2009-04
売り上げランキング : 517571

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ヴェネツィアの試みと成功
コモンウェルスの吸血鬼
産業革命における成功体験
発明というフロンティアを開拓する米国
ジェファーソン―審査主義の理念と現実
重商主義政策による発明保護、そして革命へ
産業政策としての特許―君主による特権から近代特許へ
周辺国の制度設計―スイスからロシアまで
特許廃止論から国際特許制度へ
明治日本における特許
発明への報奨、所有権、賠償請求権
中世主義を超えて―イギリス中世の発明と受容 中世主義を超えて―イギリス中世の発明と受容
松田 隆美

慶應義塾大学出版会 2009-03
売り上げランキング : 69334

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブロセリアンド巡礼―「魔法の森」とケルティシズム
ヴィジョンからアレゴリーへ―死後世界の断片化と中世の終わり
運命の車輪は止まれるか―ソーントン写本における中英語作品『アーサーのワズリン湖奇譚』再考
トリストラムの「十字架」と写字生の「無駄線」―マロリーの『アーサー王の死』の本文批評再考
印刷本を綴じる―イギリス初期印刷文化と合冊本としての『農業の書』
ゴシック・リヴァイヴァルとゴシック・サヴァイヴァル―ジャコビアン・ゴシック様式の大学建築をめぐって
アイルランド併合とゲールの伝統―スウィフトからエッジワースへ
ブラックフライアーズ・ブリッジにかけた夢―一八世紀イギリスにおける歴史認識と生活感覚、そして文書文化の諸ジャンル
中世イタリア共和主義―メアリー・シェリーの『ヴァルパーガ』とブラウニングの『ソルデロ』を巡って
アメリカのシャロット姫たち―一九世紀半ばから二〇世紀半ばの米国女性作家とアーサー王物語〔ほか〕
発明はいかに始まるか―創造と時代精神 発明はいかに始まるか―創造と時代精神
John H. Lienhard 中島 由恵

新曜社 2008-12
売り上げランキング : 1418

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1部 先取権と先行性
 エッツィ、そして静かな幕開け
 先取権という、仮借ない存在
 私はライト兄弟よりも先に飛行機を作った
第2部 蒸気とスピード
 蒸気の発明―「生命と息あるものはすべて」
 蒸気から蒸気機関へ
 蒸気機関から熱力学へ
 スピードの発明
 発明の動機と指数関数的変化
第3部 書くこと、見せること
 グーテンベルクを発明する
 グーテンベルクから新しい読み書きの世界―懐胎期、揺籃期、成熟期
 現実を図解する方法の発明
 高速印刷機、書物の価格低下、そして昔の読者たちの亡霊
第4部 広い視野から眺めてみると
 教育の発明―偉大なる平等主義者
 発明の軌跡は弧を描く―その姿を現すまで
特許植民会社制度研究 特許植民会社制度研究
大川 周明

書肆心水 2008-06-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第一部 前期特許会社制度
 第一章 特許会社の植民史的意義
 第二章 前期に於ける特許会社設立の政治的並に経済的事情
 第三章 オランダ東インド会社
 第四章 オランダ西インド会社
 第五章 イギリス東インド会社
 第六章 北米に於けるイギリス諸特許植民会社
第二部 後期特許会社制度
 第一章 第十九世紀に於ける特許会社の復興
 第二章 イギリス北ボルネオ会社
 第三章 王国ナイジャー会社
 第四章 帝国イギリス東アフリカ会社
 第五章 イギリス南アフリカ特許会社
 第六章 ドイツ東アフリカ会社
 第七章 ノイ・ギネア会社
 第八章 結論
特許事件史―知財事件総覧 (第2巻)
作田 隆成

日本特許新聞社 2006-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

?編 知的財産権の判決史
 判決理由、賠償額、技術の特徴(図解)
?編 特許事件の網羅史
 昭和42年以降の全事件の要点と賠償額、情報源(月別)
?編 工業所有権提訴史
 昭和41年以降の東京地裁本訴、賠償請求額
4827108056 知的財産の歴史と現代―経済・技術・特許の交差する領域へ歴史からのアプローチ
石井 正

発明協会 2005-06
売り上げランキング : 129,318

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 産業社会と知的財産
第2章 近代知的財産制度の誕生
第3章 フロンティア開拓の米国
第4章 多様と統一:欧州の知的財産の歴史
第5章 専売略規則から特許法へ
第6章 豊田佐吉と自動織機の発明
第7章 戦後日本の特許・導入と改良の戦略
第8章 知的財産重視の時代
第9章 技術開発と知的財産
第10章 知的財産の現代的課題
4166601032 プロパテント・ウォーズ―国際特許戦争の舞台裏
上山 明博

文藝春秋 2000-05
売り上げランキング : 64,797

Amazonで詳しく見る by G-Tools

上山事務所(特許の歴史が閲覧可)

序章 いまなぜ特許が問題なのか
 誰のための特許か?
 真の発明者は誰だ? ほか
第1章 特許制度の誕生―「独占」と「革新」は両立するか?
 ルネッサンスに誕生した特許制度とガリレオの懇願
 イギリス産業革命の原動力となった近代特許制度 ほか
第2章 日米特許戦争の勝者と敗者―真の発明者は誰だ?
 日本人と特許権
 日米特許戦争の勃発 ほか
第3章 プロパテント時代の傾向と対策―誰のための特許か?
 アメリカのプロパテント政策の真意
 潜水艦特許と物質特許の波紋 ほか

4106004704 特許の文明史
守 誠

新潮社 1994-12
売り上げランキング : 492,638

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1部 サイエンス・ミステリーと特許の周辺
 ―ノーベル物理学賞とエゴイズム
第2部 特許の小さな文明史
 ―産業革命の舞台の上で踊った発明家たち
第3部 知的所有権と現代社会
 ―アンチパテント(特許軽視)と決別する
第4部 現代社会の病巣をえぐる
 ―病んだ社会に光はあるか
第5部 二十一世紀へ
 ―日本没落の兆しか、再生への道か