更新日 : 2015-12-26

 

参考情報

 

 

書籍情報

 

パクリ経済――コピーはイノベーションを刺激する パクリ経済――コピーはイノベーションを刺激する
カル・ラウスティアラ クリストファー・スプリグマン 山田 奨治(解説)

みすず書房 2015-11-26
売り上げランキング : 50799

Amazonで詳しく見る by G-Tools

■はじめに
料理
コメディアン
アメリカン・フットボール

■第1章:コピー商品とファッションの虜たち
ファッション産業超略史
なぜコピーが合法なのか?
コピー規制──1930年代のファッション・オリジネーターズ協会
コピーに関する今日の議論
コピー製品の世界
著作権侵害のパラドックス
ファッション・サイクル
誘発される衰退
定着
規範と先行者利益
社会規範
先行者利益
結び──デザイナーは自分自身のデザインをコピーしなければならない?

■第2章:料理、コピー、創造性
料理超略史
キッチンにおけるコピー
コピーの限界
キッチンでのコピーを巡る議論
なぜシェフたちはそんなにも創造的なのか?
規範
アナログとデジタル、製品とパフォーマンス
評判
オープンキッチン
結び──創造的カクテル、あるいはなぜドリンクはディナーについて多くを教えてくれるのか

■第3章:コメディ自警団
スタンダップ・コメディ超略史
スタンダップ・コメディアンには無意味な著作権
当世スタンダップ・コメディアンとその社会規範
汝、隣人のジョーク、設定、ネタを欲しがるなかれ
設定を制するものがジョークを制する
誰が最初か?
施行・強制
コメディにおける反コピー規範とイノベーション
結び──規範のマジック

■第4章:アメフト、フォント、金融、ファイスト裁判
アメフト──イノベーションとIフォーメーション
パイオニアvs改変屋
改変ノミクス
改変の法則
フォント
フォントと著作権
フォント技術と複製の容易さ
技術はコピーを容易にするが、イノベーションも容易にする
印刷技術の変化はフォントのイノベーションをもたらす
フォントは製品ではない:製品は何か別のもの
フォントとファッションの周期
金融イノベーション
データベース

■結論:コピーと創造性
イノベーションとイミテーションに関する6つの教訓
トレンドとサイクル
社会規範
製品とパフォーマンス
オープン性とイノベーション
先行者利益
ブランド作りと宣伝
費用、便益、創造性
楽観バイアス
トーナメント市場
創作費用
まとめ

■エピローグ:音楽の未来
音楽産業衰退超略史
ナップスターの登場
長いものには巻かれろ
P2Pから個人へ
アップル社による音楽界制覇
将来を見据える
体験としての音楽
ソーシャル・ネットワークとしての音楽
品質を強調
すべての道はコンテンツへ
まとめ

謝辞
解題:山田奨治

原注/索引

クリエイティブ経済 クリエイティブ経済
国連貿易開発会議(UNCTAD) 明石芳彦

ナカニシヤ出版 2014-12-25
売り上げランキング : 558694

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 クリエイティブ経済の概念と位置づけ
第2章 開発の側面
第3章 クリエイティブ経済の分析
第4章 エビデンスにもとづくクリエイティブ経済の評価
第5章 クリエイティブな製品とサービスの国際取引――世界的な傾向と特徴
第6章 クリエイティブ経済における知的財産権の役割
第7章 技術、接続可能性、クリエイティブ経済
第8章 クリエイティブ産業のための政策戦略
第9章 クリエイティブ経済政策の国際的側面
第10章 得られた教訓と政策的可能性
【統計的付録】クリエイティブ経済の計測に関する方法論的概説
訳者による概説
TPP秘密交渉の正体 (竹書房新書) TPP秘密交渉の正体 (竹書房新書)
山田 正彦

竹書房 2013-11-28
売り上げランキング : 18591

Amazonで詳しく見る by G-Tools

TPPの原点は北米自由貿易協定にある
日米並行協議がTPPよりも恐ろしい
TPPは日本にとって百害あって一利なし
韓国はどうなったか
食の安全は本当に守れるのか
日本の農業はTPPでどうなるのか
医療も介護も金持ちでないと受けられない
安い労働力が入ってきて、日本人の賃金が低下する
「軽」自動車の税負担軽減措置がなくなる
地方自治体はTPPでどうなるのか
ISD条項で国の主権は失われる
インターネットの自由が損なわれる知的財産権の交渉
経済のグローバル化が国家の自由独立を損ねる
秘密協定であることが恐ろしい
知的財産権の国際政治経済学―国際制度の形成をめぐる日米欧の企業と政府 知的財産権の国際政治経済学―国際制度の形成をめぐる日米欧の企業と政府
西村 もも子

木鐸社 2013-10
売り上げランキング : 1004164

Amazonで詳しく見る by G-Tools

序章
第1章 分析枠組み
第2章 TRIPs協定の形成過程という事例
第3章 知的財産権の通商問題化と日米欧政府
第4章 GATT知的財産権交渉に向けた動き
第5章 知的財産権交渉に向けた企業の動き―民間三極会議と協定案の作成
第6章 TRIPs政府間交渉
終章
金融機関等から見た企業の知的財産を活用した資金調達に関する調査研究報告書 (現代産業選書―知的財産実務シリーズ) 金融機関等から見た企業の知的財産を活用した資金調達に関する調査研究報告書 (現代産業選書―知的財産実務シリーズ)
帝国データバンク

経済産業調査会 2013-09-05
売り上げランキング : 839089

Amazonで詳しく見る by G-Tools

国内編
I.背景・目的
II.知的資産経営と金融との関係について
1.知的資産経営とは
2.知的資産経営に関する取り組み状況
3.金融機関と知的資産経営

III.金融機関における非財務情報・知的財産情報の活用実態
1.金融機関における非財務情報に関する取り組み状況
2.従業員規模別にみる非財務情報の重要度

IV.金融機関における知的資産経営支援の取り組み事例
1.金融機関における知的資産経営の認知度と潜在需要
2.先行事例にみる金融機関による知的資産経営支援実践事例
3.金融機関・企業におけるメリット
4.課題・対応策

V.金融機関における知的資産経営支援の推進
1.中小企業金融を取り巻く状況変化
2.金融機関における知的資産経営支援の推進の可能性
3.金融機関における知的資産経営支援を推進するための提言

海外編
VI.海外における知的財産ファンド・知的財産を活用した融資の概要
1.知的財産ファンドの分類及び概要
2.知的財産を活用した融資の分類

VII.各国の知的財産ファンド・知的財産を活用した融資の事例
1.米国の事例
2.英国の事例
3.フランスの事例
4.ドイツの事例
5.韓国の事例
6.中国の事例

VIII.知的財産ファンド・知的財産を活用した融資の実態調査
1.知的財産ファン
ド 2.知的財産を活用した融資

IX.まとめ

資料編
資料I.調査概要
1.委員会
2.国内調査
3.海外調査

資料II.アンケート調査結果
1.金融機関における知的財産情報に関する取り組み状況
2.土地担保・保証以外の担保・保証に関する取り組み状況
3.従業員規模別にみる非財務情報の重要度
4.金融庁の指針等に対応するコンサルティング機能と知的資産経営の関係
5.知的資産経営支援の取り組みと課題
6.金融機関向けアンケート調査票

TPP 知財戦争の始まり TPP 知財戦争の始まり
渡辺惣樹

草思社 2012-02-11
売り上げランキング : 143010

Amazonで詳しく見る by G-Tools

・巨額の黒字を生むアメリカの知財分野
・日本の農業自由化は米国民に何の影響も与えない
・なぜブルネイとベトナムが入っているのか
・WTOは中国の横暴を押さえられない
・アメリカ型法システム導入で日本はどうなる
・ 外圧 をクリエイティブに利用する
〈反〉知的独占 ―特許と著作権の経済学 〈反〉知的独占 ―特許と著作権の経済学
ミケーレ・ボルドリン デイヴィッド・K・レヴァイン 山形浩生

エヌティティ出版 2010-10-22
売り上げランキング : 14845

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 はじめに
第2章 競争下での創造
第3章 競争下のイノベーション
第4章 知的独占の害
第5章 著作権延長問題
第6章 競争のしくみ
第7章 知的独占の擁護論
第8章 知的独占はイノベーションを増加させるか?
第9章 医薬品産業
第10章 悪しきもの、良きもの、醜きもの
知的財産の経済・経営分析入門―特許技術・研究開発の経済的・経営的価値評価 (HAKUTO Management) 知的財産の経済・経営分析入門―特許技術・研究開発の経済的・経営的価値評価 (HAKUTO Management)
石井 康之

白桃書房 2009-05
売り上げランキング : 31971

Amazonで詳しく見る by G-Tools

アメリカの知的財産政策と経済的意義
主要経済データとしてのGDP
主要データの関連分析(最小二乗法)について
エクセルを用いた回帰分析手法
技術進歩(無形資産)の経済的効果
研究開発投資の経済的効果
回帰分析におけるデータ処理・分析上の留意点
知的財産制度と経済成長
外国特許と対外経済活動との関連分析
知的財産と企業の経営分析
株価データと研究開発の収益性低下に関する分析
職務発明対価の判例動向と経営的課題
特許の実証経済分析 特許の実証経済分析
山田 節夫

東洋経済新報社 2009-03
売り上げランキング : 29368

Amazonで詳しく見る by G-Tools

序 章  本書のアウトライン
第1章  特許制度と特許データ
第2章  特許性向と特許生産関数
第3章  特許引用情報の有用性
第4章  特許ストック
第5章  特許価値と研究開発活動
第6章  特許制度の定量分析I
第7章  特許制度の定量分析II
おわりに 特許制度は重要か
知財創出イノベーションとインセンティブ 知財創出イノベーションとインセンティブ
青木 玲子 安藤 至大

日本評論社 2008-03
売り上げランキング : 92851

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1. インセンティブ制度の歴史
2. 知識への投資
3. 法律家以外の人のための知的財産法入門
4. 知的財産権制度の設計
5. 巨人の肩の上に立って:累積的発明の保護
6. ライセンス、ジョイントベンチャー、競争政策
7. 権利の施行と訴訟
8. 現代の発明における民間部門と公的部門の連携
9. 研究開発と特許の価値
10. ネットワークとネットワーク効果
11.グローバル経済と技術革新
12.日本のイノベーションとインセンティブ(青木玲子−著)
経営情報技術とイノベーション 知的財産権で繁栄する国家とそれを拒絶するネット社会 (mag2libro) 経営情報技術とイノベーション 知的財産権で繁栄する国家とそれを拒絶するネット社会 (mag2libro)
村山 博

パレード 2008-01-31
売り上げランキング : 363574

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 ネット社会における経営情報の変化
第2章 協調イノベーション戦略
第3章 知的財産権で繁栄する国家とそれを拒絶するネット社会
第4章 発明と発見のボーダレス化
特許の経営・経済分析 特許の経営・経済分析
知的財産研究所

雄松堂出版 2007-07
売り上げランキング : 225607

Amazonで詳しく見る by G-Tools

序 文 本書の構成と概要
第I部 知的財産の取得と活用の実態
 第1章 日本企業による国内特許と外国特許の保有・利用構造の実証分析
 第2章 特許価値の判別指標
 第3章 「特許の藪」関連指標の設計と産業別分析
 第4章 企業経営における知的財産の機能と役割
第II部 発明者の生産性とインセンティブ
 第5章 頭脳集積の必要性―発明者間の距離と論文伝達距離との比較研究
 第6章 発明報奨制度と研究者のインセンティブ―米国特許データから見た発明報奨制度の導入効果
第III部 ライセンス戦略
 第7章 特許侵害訴訟・知的財産費用と「特許の藪」―「特許の藪」は深刻な問題なのか
 第8章 研究開発における企業の境界―知的財産活動調査によるライセンシング行動の分析
 第9章 企業における知的財産戦略とイノベーション活動―知的財産活動調査を用いた指標の検討
第IV部 知的財産制度の今後の課題
 第10章 イノベーションに向けて―知的財産権は何処に行く?
 第11章 パイオニア発明に係る特許の保護範囲―パイオニア発明と商業化のための改良発明インセンティブをめぐる経済理論
 第12章 大学特許の意義の再検討と研究コモンズ
 第13章 共同研究の成果の権利化及び活用を巡る法的諸問題
 第14章 審査請求制度の経済分析
4827107939 知的財産―経済成長の有効な手段
カミール イドリス Kamil Idris 発明協会

発明協会 2005-01
売り上げランキング : 310,256

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 知的財産:基本的前提と歴史的情況
第2章 経済成長の過程
第3章 知的財産、知識及び富の創造
第4章 特許、研究開発及び新たなテクノロジー
第5章 商標及び地理的表示
第6章 著作権及び文化・情報産業
第7章 伝統的知識
第8章 知的財産権の取得と維持
第9章 知的財産権の執行(ENFORCEMENT)
第10章 WIPOの役割
4902226030 特許経済統計年鑑2004 CD-ROM付

アイ・ピー・ビー 2004-04
売り上げランキング : 1,667,203

Amazonで詳しく見る by G-Tools

序:「特許経済統計年鑑2004」の発刊にあたって
IPC(国際特許分類)について
セットアップ
特許経済統計年鑑IPC 統計編(CD-ROM)の使い方
 1 検索
  1-1 目次(セクション一覧)で検索する
  1-2 IPCを直接入力して検索する
  1-3 キーワードで検索する
 2 その他の機能
  2-1 ユーザ登録
2-2 ご案内
諸元
用語解説
図表の見方
IPC(国際特許分類)索引
 Aセクション 生活必需品
 Bセクション 処理操作;運輸
 Cセクション 化学;治金
 Dセクション 繊維;紙
 Eセクション 固定構造物
 Fセクション 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
 Gセクション 物理学
 Hセクション 電気
4938662612 近代日本のイノベーション―特許と経済発展
関 権

風行社 2003-03
売り上げランキング : 617,769

Amazonで詳しく見る by G-Tools

戦前日本のイノベーションを特許・実用新案データをもとに多変量解析によって定量的・実証的に究明。事例研究として(1)人力車産業、(2)自転車産業、(3)自動車産業を取り上げる(出版社HPより)。
4407302542 知的所有と文化経済学―知的財産権文化が変革する現代経済
池上 惇 中谷 武雄

実教出版 2004-09
売り上げランキング : 427,944

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はじめに―なぜ、いま、知的所有と文化経済学か
序章 文化経済学と日本経済
第1章 生活の中の創造性と知的所有の展開
第2章 知的所有における二つの権利―固有の人格権と、創造の成果が生む財産権
第3章 知的所有における創造活動の位置付けを問う
第4章 著作権を担う財(商品・サービス)と文化資本―芸術作品から文化産業まで
第5章 創造活動と市場の契約関係―現代のボウモル病と著作権
第6章 現代企業文化と創造的情報の位置付け
第7章 現代における文化産業の発展
第8章 現代のまちづくりと文化資源を活かす創造都市政策―地域公共政策・ブランディング戦略・コミュニティ・ビジネス
終章 文化経済学の系譜
4771011516 知的財産とその保護に関する経済学研究
神 隆行

晃洋書房 1999-12
売り上げランキング : 333,028

Amazonで詳しく見る by G-Tools

知的財産とその保護―概説
知的財産の取引と開発および保護
特許とその保護
著作物とその保護
機器に対する賦課金制度
ブランドの形成と保護
ブランドの取引と保護
偽ブランドとブランドの保護
品種と種子の保護
規格と知的財産
互換性と規格の保護
4811511190 技術革新と特許の経済理論
神 隆行

多賀出版 1984-01
売り上げランキング : 610,167

Amazonで詳しく見る by G-Tools