更新日 : 2015-12-26

 

参考情報

 

 

書籍情報

 

知財立国が危ない 知財立国が危ない
荒井 寿光 馬場 錬成

日本経済新聞出版社 2015-02-19
売り上げランキング : 187843

Amazonで詳しく見る by G-Tools

こうして日本は「周回遅れ」になった! このままでは、競争力が失われる! !
特許庁の審査のあり方から知財裁判所、企業の営業機密保護、著作権、コンテンツビジネスまで、第一次知財改革の旗振り役である元特許庁長官と科学ジャーナリストが、現状の問題点と改革案を徹底討議。

・日本を追い上げ、追い越す韓国と中国
・「勝てない・少ない・遅い」日本の知財裁判
・日本の損害賠償金はアメリカの100分の1以下
・ノーベル賞は取れても世界制覇できない日本企業
・ガラパゴス化する国内特許
・日本企業の35%が技術流出を経験
・農業と医療で攻めの知財戦略を

特許政策の経済学―理論と実証 特許政策の経済学―理論と実証
山田 節夫

同文舘出版 2015-04-23
売り上げランキング : 743947

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 特許制度の変遷と特許データ
第2章 特許経済学の基礎理論
第3章 改善多項制
第4章 出願公開制度
第5章 オプションとしての特許
第6章 特許オプションモデルの実証
第7章 登録更新制度
第8章 出願審査請求制度
イノベーションと特許政策 (日本工業所有権法学会年報) イノベーションと特許政策 (日本工業所有権法学会年報)
日本工業所有権法学会

有斐閣 2013-05
売り上げランキング : 1783070

Amazonで詳しく見る by G-Tools

【研究報告】特許法における明細書による開示の役割=前田健/薬事法上の承認処分による特許権の存続期間延長制度=辻田芳幸
【シンポジウム】『イノベーションと特許政策』
イノヴェイションと特許制度=田村善之/知的財産権,経済発展とキャッチアップ=小田切宏之/プロ・イノベーションの特許制度を目指して-行政の役割の観点からの一考察=鈴木將文/特許取引市場の機能と差止請求権制限の政策論的当否=中山一郎
【質疑応答】
【論 説】蓄積型技術の特許保護をめぐる課題=石井正/特許制度と生命倫理=髙倉成男
【講 演】米国特許権行使制度:統計的データの分析=Mark Lemley
【その他】学会記事,学会規約,維持会員名簿
知的財産政策ビジョン・知的財産推進計画2013 (現代産業選書―知的財産実務シリーズ) 知的財産政策ビジョン・知的財産推進計画2013 (現代産業選書―知的財産実務シリーズ)
知的財産戦略本部

経済産業調査会 2013-09-05
売り上げランキング : 1304808

Amazonで詳しく見る by G-Tools

日本の研究開発は世界最先端のレベルにあり、また日本のコンテンツは世界から大きな注目を集めています。一方、我が国の課題はそれらを事業化し、国際競争力や経済活性化に結びつけるところにあると考えられます。加速する社会のグローバル化、フラット化、オープン化に対応し、我が国の持つ知の創造性を産業の発展や生活の向上に結び付けていく知的財産戦略の構築が、今まさに求められています。

そうした問題意識の下、今般、総理大臣を本部長とする知的財産戦略本部において、「知的財産政策ビジョン」を取りまとめられました。

本書は、今後中長期の知的財産政策の大きな方向性を示した「知的財産政策ビジョン」を詳細に解説した内容となっております。今後の我が国の知的財産政策の羅針盤となるべき一冊。

通商産業政策史1980‐2000〈11〉知的財産政策 (知的財産政策 1980-2000) 通商産業政策史1980‐2000〈11〉知的財産政策 (知的財産政策 1980-2000)
中山 信弘 通商産業政策史編纂委員会

経済産業調査会 2011-10
売り上げランキング : 33773

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 総論
 第1節 はじめに
 第2節 戦後の我が国産業財産権制度の抜本的改革の総仕上げ
 第3節 我が国の新たなプロパテント政策の潮流
 第4節 知的財産政策への国家的取り組み
 第5節 まとめ
第2章 産業財産権制度の国際化への対応
 序 節
 第1節 1980年代の米国知的財産戦略と日米問題
 第2節 ウルグアイ・ラウンドとTRIPS協定
 第3節 WIPOにおける「各国の制度の調和」に関する交渉
 第4節 WIPOにおける「共通の制度の創設」に関する交渉
 第5節 複数国・二国間の協力
 第6節 国際知的財産問題の多様化・拡散化
第3章 産業財産権の制度改正
 第1節 現行法制定後1970年代までの状況
 第2節 1980年代以降1990年代前半までの制度改正の状況
 第3節 1990年代後半以降の制度改正の状況
第4章 知的財産制度の運営基盤の整備・拡充
 第1節 総論
 第2節 財政基盤の確立
 第3節 コンピュータシステムの導入と拡充
 第4節 知的財産政策を推進する通商産業省の組織体制の整備
 第5節 審査事務環境の整備
 第6節 外部資源の活用
 第7節 業務の電子化とアウトソーシングを支えた法的基盤
 第8節 産業界における出願行動の適正化
 第9節 弁理士制度の改革
第5章 21世紀の知財戦略の国家的取り組み
 第1節 知的財産戦略構築への歩みと小泉総理の知的財産立国宣言
 第2節 知的財産戦略大綱
 第3節 知的財産基本法と知的財産戦略本部
 第4節 知的財産の創造、保護及び活用に関する推進計画
 第5節 まとめ
発明の保護と市場優位―プロパテントからプロイノベーションへ (HAKUTO Management) 発明の保護と市場優位―プロパテントからプロイノベーションへ (HAKUTO Management)

白桃書房 2009-08
売り上げランキング : 306763

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1998~2007年にわたって進められてきたプロパテント政策について、その政策の中心となる特許における「発明の保護」に対する産業界の反応と動向を分析し、そのあり方を示す。特許事務所長(元弁理士会会長)で博士号を持つ著者による、実務とアカデミックのバランスが取れた分析。
知的財産とコンテンツ産業政策 知的財産とコンテンツ産業政策

水曜社 2008-06-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 知的財産の政策学序説
第2章 知的財産政策の展開
第3章 日本の知的財産戦略
第4章 メディア制作
第5章 コンテンツ政策のデザイン
第6章 文脈とユーザーの問題
第7章 コンテンツ産業の東京集中と地方展開
第8章 コミュニティ重視型映像コンテンツ産業の法・政策・経営
第9章 コンテンツ産業(ビジネス)の会計・財務論
第10章 コンテンツとマーケティング
知的財産政策とマネジメント―公共性と知的財産権の最適バランスをめぐって 知的財産政策とマネジメント―公共性と知的財産権の最適バランスをめぐって
隅藏 康一

白桃書房 2008-03-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

知的財産の保護と公共的利益の確保
第1部 問題事例とその解決策1―情報通信・コンテンツ分野
 情報通信・コンテンツ分野における知財の公私問題と解決への取り組み
 オープンソースと著作権;デジタルコンテンツと著作権
 データベースの知的財産制度にもとづく保護
第2部 問題事例とその解決策2―生命・医療分野
 遺伝子研究と知的財産政策
 ヒトES細胞の法的保護と生命倫理
 TRIPS協定における医薬品アクセス問題
 生物多様性条約と知的財産制度との調和
第3部 制度論的問題解決策
 保護および利用のバランスと特許権の排他性に関する若干の考察
 国際関係論における知的財産権問題:国際知的財産レジームに関する一試論
 競争政策と知的財産政策
 ライセンス・ガイドラインと知的財産権の集合的管理
よくわかる農林水産業の知的財産権 よくわかる農林水産業の知的財産権
農林水産分野知的財産研究会

ぎょうせい 2008-01-16
売り上げランキング : 94024

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1 序説
 知的財産
 農林水産分野における知的財産の活用
2 農林水産業における知的財産権
 知的財産権(概要)
 知的財産権事例
3 知的財産権(各論)
 特許権
 実用新案権
 意匠権
 商標権
 育成者権
4 知的財産の保護
 知的財産権の保護
 不正競争防止法
参考資料
プロパテント政策と大学 (世界思想ゼミナール) プロパテント政策と大学 (世界思想ゼミナール)
宮田 由紀夫

世界思想社教学社 2007-10
売り上げランキング : 206701

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第一章 序論
第二章 線型モデル的な政策の形成とその変容
第三章 プロパテント政策とバイ・ドール法
第四章 産学間の技術移転メカニズム
第五章 大学資本主義の弊害
第六章 総括とわが国への政策含意
知財革命 知財革命
荒井 寿光

角川書店 2006-09
売り上げランキング : 26805

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 進化する知財戦略
 知的財産は技術・芸術・信用をカバー
 知的財産は日本ではまだ新しい概念 ほか
第2章 知的財産と国際関係
 アジアに流出する営業秘密
 特許と営業秘密の違い ほか
第3章 重要性を増すコンテンツビジネス
 国策となったコンテンツビジネスの振興
 「コンテンツ促進法」の制定へ ほか
第4章 知財の専門家を養成する
 知財の時代には、これまでの常識は通用しない
 知財専門家に求められる五つの人材像 ほか
第5章 特許から始まる知財戦略
 便利になった特許取得の手続き
 しかし、特許を取ることが目的ではない ほか
世界知財戦略 世界知財戦略
荒井 寿光

日刊工業新聞社 2006-04-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 革新、創造、知識と国家の繁栄
第2章 国民の活性化―革新文化と知的財産
第3章 貧困・飢餓の撲滅
第4章 公衆衛生の改善
第5章 次世代教育の強化
第6章 環境保護と持続可能な開発
第7章 グローバルパートナーシップの強化
第8章 文化遺産、創造、国の誇り
第9章 知的財産に目覚めた国になる方法
4539719610 最新日本の知的財産戦略―ここまで進んだ その展開と展望
小池 晃

日本法令 2005-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 知的財産立国を目指し
 2002年からの4年間を振り返って
第2章 知的財産推進計画
 推進計画2003
 推進計画2004
 平成15年特許法等の一部改正により実行された、知的財産戦略の新施策
 共有に係る特許権等の減免措置の見直し
 異議申立制度と無効審判制度の統合
 無効審判の請求理由の記載要件
 無効審判の請求理由の要旨を変更する請求書の補正の例外的認容
 無効審判の審決取消訴訟係属中における訂正審判請求期間の制限、審決取消訴訟における差戻し決定、及び差戻し後の訂正請求の導入
 無効審判の審決取消訴訟における求意見制度及び意見陳述制度の導入(特許法第180条の2)
 特許法第37条=発明の単一性=の規定様式の国際調和
 国際出願手続の簡素化=みなし金指定等=
 平成16年特許法等の一部改正
 推進計画2005までのあゆみ
 2005年に行われたその他の知的財産法改正
第3章 新たな「知的財産推進計画2005」のポイント
 7つのポイント
 今後の知的財産戦略の進展
4502912905 知財立国の実現に向けて動き出した産学官連携
長平 彰夫 西尾 好司

中央経済社 2003-10
売り上げランキング : 115,984

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 産学官連携の急速な発展
第2章 産業界の産学官連携
第3章 大学における産業界との連携
第4章 独立行政法人における産業界との連携
第5章 産学官連携における課題
第6章 これからの産学官連携の方向
4532635411 知的財産戦略と地域再生
日本経済新聞社 日経産業消費研究所

日本経済新聞社 2003-12-16
売り上げランキング : 802,617

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 地域における知財戦略の経緯と意義
第2章 有力自治体が引っ張る地域の知財戦略
第3章 知財創出・地域振興に重み増す大学の存在略
第4章 知的クラスターは知財創出の源泉になるか
第5章 地域ベンチャーも知財戦略強化
第6章 農産物に強まるブランド化の波
第7章 内憂外患、広がる知財侵害トラブル
第8章 まち・むらおこしにも知財の威力
第9章 提言
432407254X 知財立国への道
阿部 博之 内閣官房知的財産戦略推進事務局 荒井 寿光 井熊 均 久保利 英明 野間口 有 丸島 儀一 森田 貴英 渡部 俊也

ぎょうせい 2003-12
売り上げランキング : 272,656

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1編 知的財産立国とは何か
 知財立国をぜひ実現しよう
 知財立国でビジネスが変わる
 知的財産の源流として期待される現代型大学と産学連携
 知的財産戦略と地域再
生;司法は知財立国を支えるインフラ
 座談会「世界一の知財大国になろう」
第2編 知的財産立国の実現に向けて
 知的財産立国の基本的な考え方
 知的財産推進計画の具体的施策
490138516X 知的財産立国を目指して―「2010年」へのアプローチ
荒井 寿光

IMS出版 2003-05
売り上げランキング : 436,289

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1 ITと知的財産
2 日本の危機
3 日本経済の低迷
4 知的財産を軽視する日本
5 知的財産における日本の問題
6 アメリカは建国以来、特許重視
7 ベンチャー企業支援とコンテンツ産業
8 知的財産に対する日本政府の取組
4539718363 知的財産戦略大綱と知的財産基本法―産業競争力への手がかり
小池 晃

日本法令 2002-12
売り上げランキング : 411,265

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 知的財産戦略会議
 賽は投げられた
 知的財産戦略会議 ほか
第2章 知的財産戦略大綱
 大綱まとまる
 大綱の骨子 ほか
第3章 知的財産基本法のポイント
 知的財産基本法の目的
 「知的財産」、「知的財産権」等の定義 ほか
第4章 基本的施策
 研究開発の推進
 研究成果の移転の促進等 ほか
資料編
 知的財産戦略大綱
 知的財産基本法 ほか
4526049506 知財立国―日本再生の切り札100の提言
荒井 寿光 知的財産国家戦略フォーラム

日刊工業新聞社 2002-05
売り上げランキング : 191,200

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 知財の強化による国際競争力の復活
第2章 知財立国に向けた四つの視点と七つの戦略
第3章 一〇〇の提言
 大学戦略―知財の源流となる大学改革を
 教育戦略―知財を生み出す人材教育を
 企業戦略―知財を企業収益の柱に
 行政戦略―知財を支援する行政に
 外交戦略―日本の知財権益を守る
 立法戦略―二十一世紀の知財法体系を作る
 司法戦略―知財訴訟の空洞化に歯止めを
4641143080 知的財産法制と国際政策
高倉 成男

有斐閣 2001-06
売り上げランキング : 232,186

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1部 知的財産法概論
 知的財産法
 周辺法
 国際基本法
第2部 経済のグローバル化とWTO知的財産新体制
 米国の知的財産戦略
 ガット・ウルグァイ・ラウンド知的財産交渉
 TRIPS協定
 TRIPS理事会の現況と今後の論点
第3部 米国・欧州・アジアの動向とわが国の対外政策
 日米特許摩擦とその後の展開
 統合進める欧州連合
 アジア太平洋地域の動向
第4部 WIPOにおける新しいルールづくり
 WIPOの条約交渉プロセス
 国際登録システムの発展
 特許・商標制度の国際調和に向けた努力
 デジタル化への対応
 遺伝資源・伝統的知識・フォークロア
4797219327 プロパテントと競争政策
清川 寛 知的財産研究所

信山社出版 1999-11
売り上げランキング : 940,390

Amazonで詳しく見る by G-Tools

序章 知的財産・知的財産権法の位置づけ
 従来の経緯・考え方
 知的財産・知的財産権の位置づけ ほか
第1章 権利範囲の拡大
 広いクレームの設定
 広いクレームの解釈(均等論) ほか
第2章 特許権等侵害における救済
 損害賠償額の適正化
 訴訟手続きの適正化
第3章 知的財産権と競争政策
 我が国の現状の概観
 欧米での議論 ほか
4806527025 電子政府と知的財産―ペーパーレスシステムの技術と開発
石井 正 岩崎 嘉章 赤川 誠一

経済産業調査会 2004-05
売り上げランキング : 1,615,368

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 現代のペーパーレス特許庁
第2章 特許庁におけるコンピュータ化の歴史
第3章 特許/意匠/商標審査におけるサーチの課題と解決
第4章 サーチシステムの技術的変遷
第5章 電子出願システムにおける技術的課題
第6章 電子出願システムにおける制度的課題
第7章 電子出願システム
第8章 庁内電子事務処理システム
第9章 工業所有権情報サービス
第10章 米国特許商標庁自動化の計画と変遷
第11章 欧州特許庁の自動化と国際貢献
第12章 日本特許庁による自動化協力
4806526908 主要国における特許権行使
クリストファー ヒース ローレンス ペティ

経済産業調査会 2003-07
売り上げランキング : 814,673

Amazonで詳しく見る by G-Tools

問題の所在
英国における特許エンフォースメント
イタリアにおける特許エンフォースメント
ドイツにおける特許エンフォースメント
フランスにおける特許エンフォースメント
オランダにおける特許エンフォースメント
米国における特許エンフォースメント
日本における特許エンフォースメント
4806526835 職務発明と知的財産国家戦略
日本感性工学会IP研究会

経済産業調査会 2002-10
売り上げランキング : 1,615,365

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第1章 日本の知的財産国家戦略
第2章 職務発明と法制度
第3章 職務発明をめぐる攻防
第4章 企業における職務発明制度の現状と課題
第5章 アカデミアにおける職務発明の現状と課題
第6章 職務発明に関する各界の検討・意見
第7章 外国の職務発明制度