e-patent > パテントマップ > 基礎知識 > パテントマップの基礎知識

更新日 : 2009-02-11

 
パテントマップ、特許マップなど言葉は聞いたことがあっても具体的なイメージが湧かない方もいると思います。ここではパテントマップとは何なのか、パテントマップにはどういう種類があり、どういうタイミングで作成するべきものなのかなどパテントマップに関する基礎知識についてまとめています。
 

パテントマップ・特許マップとは

 
そもそもパテントマップとは何なのか? 特許庁や工業所有権情報・研修館に掲載されている特許マップ・パテントマップの定義などを紹介して、パテントマップの3大要素について解説を加えています。
 

> > パテントマップ・特許マップとは

 

パテントマップ・特許マップの種類

 
パテントマップには様々な種類があります。大別すれば統計解析パテントマップと内容解析パテントマップに分けられます。特許庁の技術分野別マップやパテントマップに関する特許公開公報など具体例を交えて、様々な種類のパテントマップについて説明しています。
 

> > パテントマップ・特許マップの種類

 

パテントマップ・特許マップ作成の流れ

 
良いパテントマップを作成するためには、まず始めに目的や分析の背景を明確にすることが重要です。目的や背景によって必要となるパテントマップの種類や掛かる工数・費用も変化します。ここでは効果的なパテントマップを作成するための基本的な流れについて解説しています。
 

> > パテントマップ・特許マップ作成の流れ

 

パテントマップ・特許マップ作成ソフト

 
パテントマップの種類で説明したようにパテントマップには大別すると統計解析パテントマップと内容解析パテントマップに分けられます。市販されているパテントマップ作成ソフトは統計解析パテントマップの作成を行うものがほとんどです。最近では作成するのに非常に時間がかかる引用・被引用分析マップ(再テーションマップ)や、技術用語同士の近接度を演算してマップ化するパテントマップ作成ソフトも出てきています。ここでは市販されているパテントマップ作成ソフトや特許分析ソフトについて紹介しています。
 

> > パテントマップ・特許マップ作成ソフト(日本)
 
> > パテントマップ・特許マップ作成ソフト(海外)

 

> > 参考: テキストマイニングソフト(TrueTeller・Aurekaなど)

 

パテントマップ・特許マップを分析する

 
パテントマップ・特許マップを作成するために、そして作成したパテントマップ・特許マップから有意義な意思決定ができるようにするためには、パテントマップ・特許マップの分析方法を学ぶ必要があります。ここではパテントマップ・特許マップを分析する際に必要となる2つの見方と4つの視点について、特許庁のマップを交えて解説しています。
 

> > パテントマップ・特許マップを分析する

 

無料のパテントマップ・特許マップ(特許庁、工業所有権情報・研修館提供)

 
実は特許庁や独立行政法人の工業所有権情報・研修館がパテントマップを作成して無料で公開しています。パテントマップとは呼ばずに、特許出願動向調査や技術分野別マップ、特許流通支援チャートという名前で呼ばれています。ここでは無料で閲覧する事のできるパテントマップについて情報をまとめています。
 

> > 無料のパテントマップ・特許マップ