e-patent > 特許検索・特許調査 > 検索式 > ステップ1 調査対象技術の明確化

2006-11-26 : 更新
2005-09-29 : 作成

 

特許検索・特許調査を行う場合う、まず始めに調査設計をします。

 

調査設計とは、大きく

 

  1. 調査対象技術の明確化: どういった特許を調べるのか
  2. 検索項目の組み合わせ: どれくらいの件数を調べるのか(読むのか)

 

の2ステップに分かれます。

 

まず、ステップ1では、どういった技術を調べたいのか明確にします。実はここが非常に重要で、何で特許調査をするのか?どういった技術を知りたいのか、調べたいのか?を予めクリアにしておかないと、ステップ2で検索式を作成する場合に苦労してしまいます。

 

[ステップ1-1: 調査対象技術の明確化]

特許検索で検索可能な項目、つまり検索項目としては、

  • 種別: 特許・実用新案
  • 権利状況: 公開・登録
  • 番号: 出願番号・公開番号・公告番号・登録番号
  • 日付: 出願日・公開日・公告日・登録日
  • 出願人・権利者
  • 技術分野:キーワード・特許分類(IPC、FI、Fターム)

の6つがあります。ステップ1では、各検索項目について明確化します。この明確化した検索項目をもとにステップ2で検索式を作成します。

 

調査対象技術の明確化の例題として、パナソニックのお掃除ロボット搭載エアコン 開発ストーリーを読んで、上記6つの検索項目を洗い出して見ましょう。

 

[パナソニックのお掃除ロボット搭載エアコン]

  • 種別: 特許
  • 権利状況: 不明
  • 番号: 不明
  • 日付: 不明
  • 出願人・権利者:パナソニック(松下電器産業)
  • 技術分野:エアコン

 

つまり、

 

松下電器産業 の エアコン 関連の 特許

 

が調査対象技術となります。

 

現段階では技術分野がエアコン、という非常に幅広い対象となっています。そこで、さらにこの技術分野を2つの要素に分けます。

 

[ステップ1-2: 技術分野の細分化]

技術分野は

技術分野 = 背景技術 + 技術的特徴

のように分けることができます。

 

先ほどの松下電器産業のエアコン関連特許の例で言えば、

 

[パナソニックのお掃除ロボット搭載エアコン]

技術分野 背景技術 技術的特徴
エアコン エアコン
空気調和機
フィルタを自動的に掃除

 

のように分けることができます(上記の例では、技術分野と背景技術が同じですが、違う場合もあります)。

 

上記のように、

 

  • 検索項目を洗い出す
  • 技術分野を背景技術と技術的特徴に分ける

 

ことにより、調査対象技術を明確化します。