e-patent > メールマガジン > 各国特許庁データベース活用 > 特許電子図書館IPDLの新機能について〜第2回 IPC検索、FI・Fターム検索が統合した特許分類検索(前編)〜

Vol.016(2006-10-31)


■Contents━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1:本日のネタ
 2:新機能(2) 公報−特許分類検索(前編)
 3:特許検索の鉄則
 ◇ショートカット



1:本日のネタ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2006年10月10日から、特許電子図書館IPDLに2つの新サービス
がリリースされました。


  1) 公報−経過情報の相互リンク

  2) IPC検索、FI・Fターム検索が統合し特許分類検索


の2つです。前回は1)の公報−経過情報の相互リンクについて
解説しましたので、今回は2)の特許分類検索について見ていき
たいと思います。

※実は1回で特許分類検索について解説しようと考えていたの
 ですが、ちょっと私が新サービスについて消化しきれていな
 いところがあるため、申し訳ありませんが2回に分割して
 お送りします。


2:新機能(2) 特許分類検索(前編)━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特許電子図書館の9月22日付けの更新履歴を見ると、


・10/10(火)より、以下のサービスをリリース致しました。
 (1)公報−経過情報の相互リンクが可能となります。
 (2)IPC検索、FI・Fターム検索を統合し、
   特許分類検索として提供します。

となっています。


今までIPC検索とFI・Fターム検索は別々になっていましたが、
今回の新サービスによってIPC・FI・Fタームの特許分類検索が
1つの統一されたインターフェースで提供されるようになりま
した。


早速、特許電子図書館のトップページから


http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl


特許分類検索のページに行ってみます。


http://www.ipdl.ncipi.go.jp/Tokujitu/pcsj_top.ipdl?N0000=1500


特許分類検索のページをみると


●分類指定:FI・Fターム、IPC(最新版、公報記載)
●資料型 (チェックなしの場合、全資料型が検索対象)
●公知日/発行日 (省略可能)
●テーマ (分類指定が、IPC(公報記載)の場合は不要)
●検索式 (必須入力)


の5つの●が目に入ってきます。


2つ目の●(資料型)から5つ目の●(検索式)については、従来の
IPC検索や、FI・Fターム検索とは違いがありません。


※今回の新しい特許分類検索のベースとなっているのは
 FI・Fターム検索だと予想されます。


異なった点は1つ目の●


●分類指定:FI・Fターム、IPC(最新版、公報記載)


です。分類を


FI・Fターム
IPC(最新版)
IPC(公報記載)


のいずれかから選択する形式となっています。よく見ると


分類指定をIPC(最新版)とした場合は、入力した検索式が
コンコーダンス変換され、FIコンコーダンス検索式の
テキストボックスが表示されます。


との注意書きが書かれています。どういう意味でしょうか?


※次回までに新サービスの内容をきっちり理解・整理して
 お送りします。今回は中途半端なところで終わってしまい
 申し訳ありません・・・


マメ知識:IPC第8版〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IPC(=International Patent Classification、国際特許分類)
とは国際的に取り決められた特許の技術分類です。


これまで5年に1回のペースで改定され、2006年1月1日からは
第8版が適用されています。


実はIPCは第8版から大きく変化しました。変更点については
特許庁のウェブサイトに掲載されています。

http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/kokusai_t/ipc8.htm
http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/kokusai_t/pdf/ipc8/ipc8_summary.pdf

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


3:特許検索の鉄則━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本号の解説の中から鉄則として1つまとめます。


■特許検索の鉄則033

 特許電子図書館の新サービスにより、IPC検索とFI・Fターム
 検索を一括で行えるようになった




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ショートカット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ショートカットでは、メルマガ内で説明したウェブサイトへの
リンクをまとめています

・特許電子図書館
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl

・特許分類検索
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/Tokujitu/pcsj_top.ipdl?N0000=1500

メルマガ登録・解除 ID: 0000194221
特許電子図書館を使った[特許検索のコツ]

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2006-12-09 : 更新