e-patent > メールマガジン > 米国特許検索入門 > 速報! Googleの米国特許検索サービス 「Google Patent Search β版」 登場

Vol.021(2006-12-18)


■Contents━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1:速報! Google Patent Search
 2:Google Patent Search 主な特徴
 3:Google Patent Search 関連ニュース



1:速報! Google Patent Search━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Googleから特許検索サービスのβ版が発表されました。

Google Earth や Docs & Spreadsheets などいろいろな
無料サービスを発表してきたGoogleですが、とうとう
知財業界へも参入です。

Google Patent Searchのβ版は

      http://www.google.com/patents

から使用できます。Google Patent Searchには

◆キーワードだけの初心者検索
 http://www.google.com/patents

◆権利者や米国特許分類などを指定できる高度な検索
 http://www.google.com/advanced_patent_search

の2種類あります。使い方は

◆Google Patent Search Help
 http://www.google.com/googlepatents/help.html

を見ると解決するでしょう。

私が確認したところでは(まだ詳細を把握していませんが)、

+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+
|     Google Patent Search の特徴       |
+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+
|                         |
|・古いところまでテキスト検索が可能        |
| −米国特許庁のテキスト検索は1971年以降     |
| −Googleは1700年代の特許もテキスト検索可能   |
|                         |
|・検索時間が早い                 |
| −米国特許庁の検索ページよりも格段に早い    |
|                         |
|・公報の表示レイアウトが見やすい         |
| −米国特許庁の検索ページでは、図面を見るために |
|  いちいち画面を切り替えなければならない    |
|                         |
+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+

の3点が優れていると感じました。


後述しますが、GoogleではGoogle Book Searchと同様な技術を
適用して、米国特許700万件を全て検索可能なデータへと変換
したようです。

よって、18世紀の特許でも19世紀の特許でもテキスト検索が
できるんです。これは画期的。


あと、Googleウェブ検索をすると右上に (○秒) というように
検索時間が表示されます。

Google Patent Searchでも検索してみてください。
右上に (○秒) と表示されます。

従来のUSPTOやesp@cenetなどの無料データベースや商用
データベースとは比べ物にならない速さです。


最後に検索結果の表示レイアウトですが、US5555555の
特許をサンプルとして見てみましょう。

★htmlモード
 http://www.google.com/patents?vid=USPAT5555555

左側:Patent summary(フロントページ-書誌的事項-)
   Search within this patent(特許内検索)
   Citations(引用文献)
   Referenced by(被引用文献)

右側:Claims(特許請求の範囲)
   Drawings(図面)

のように表示されます。

USPTOで検索した場合は、図面を見たい場合はTIFFリーダーを
インストールしなければならなかったのですが、Googleで検索
すれば必要ありません。既に図面が右側の下に表示されている
からです。


フロントページのイメージや図面のイメージをクリックすると
公報イメージモードになります。

☆公報イメージモード
 http://tinyurl.com/y3lzeb

右下に「Search within this patent」がありますので、
検索してみると、入力したキーワードが含まれている場合は
キーワード箇所が表示され、しかも、公報中のキーワード部
が黄色で網掛されます。


htmlモード・公報イメージモードのいずれにしても、サクサク
と検索・表示・切替ができるのは気持ち良いですね。



2:Google Patent Search 主な特徴 ━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

"About Google Patent Search" から Google Patent Searchの
特徴をまとめてみました。

◆About Google Patent Search
 http://www.google.com/googlepatents/about.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■どのようなタイプの特許情報が利用可能か?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□1790年代から2006年の中ごろまで発行された約700万件の
 米国特許が利用可能。しかし、収録しているのは登録特許
 のみであり、公開特許は収録していない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Google Patent Search ではどのようなことができるのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□Google Patent Search は Google Book Searchと同様の
 技術を使用している。
 Google Book Search の時と同じように、Googleで700万件の
 米国特許を検索可能なイメージデータに変換しているので、
 Google Patent Searchのページから700万件の米国特許全件
 についてフルテキスト検索ができる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■どのように検索結果のランク付けをしているのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□Googleのウェブ検索と同じように、入力された検索用語に
 対応する関連度にしたがって検索結果を表示している。
 Googleではユーザーが入力した検索用語と、それぞれの特許
 がどのくらい関連しているのか評価するために、いくつかの
 指標を用いておりアルゴリズムにしたがって検索結果のラン
 キング決定している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■米国特許以外の特許検索サービスは
            いつから利用できるようになるか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□Google Patent Search は現在英語版のみで、かつ米国特許
 しか検索できない。Googleでは、いつもサービスを全世界へ
 拡張していこうとしているので、今後、使用言語・利用可能
 国を広げていく予定である。


※発行人・野崎が"About Google Patent Search"を参考に
 まとめてみましたが、誤りがあるかもしれませんので、
 オリジナルサイトを確認してください。

 ◆About Google Patent Search
  http://www.google.com/googlepatents/about.html



3:Google Patent Search 関連ニュース ━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■Googleの公式ブログ
http://googleblog.blogspot.com/2006/12/now-you-can-search-for-us-patents.html

□Google.com NEWS "Google Patent Search"の検索結果
http://news.google.com/news?hl=en&ned=us&q=google+patent+search

□Google.co.jp NEWS "Google 特許 検索"の検索結果
http://news.google.co.jp/news?hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&tab=wn&ncl=1106133667

メルマガ登録・解除 ID: 0000194221
特許電子図書館を使った[特許検索のコツ]

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2007-01-07 : 更新