Vol.022(2006-12-27)


■Contents━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1:特許検索のネタ
 2:キーワード(同義語)を基に特許分類を選ぶ
 3:検索式作成のキホン〜特許分類を選ぶ前に〜
 4:PATOLISサーチガイドで特許分類を選ぶ
  4-1:特許分類を探すためのツール
  4-2:PATOLISサーチガイドの使い方
  4-3:ロボット関連の特許分類を探す(IPC)
  4-4:ロボット関連の特許分類を探す(FI)
  4-5:まとめ〜IPCとFI〜
 5:特許検索の鉄則
 ◇ショートカット



1:特許検索のネタ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回から購読開始していただいた方は是非ともバックナンバー
をご覧下さい。

前々号からホンダ(本田技研工業)のASIMO(アシモ)のような
二足歩行ロボットを特許検索のテーマとした特許検索シリーズ
を開始しました。


■参考ウェブサイト
 ASIMOオフィシャルサイト
  http://www.honda.co.jp/ASIMO/
 ASIMOのテクノロジー
  http://www.honda.co.jp/ASIMO/newmodel/

※今回の特許検索のテーマは、ホンダのASIMOのような二足
 歩行ロボットです。ホンダが出願しているASIMO関連特許
 に限定はしません。


第1回:特許検索の基本のおさらい
http://blog.mag2.com/m/log/0000194221/107967319.html

第2回:キーワード(同義語)を選ぶ
http://blog.mag2.com/m/log/0000194221/108020362.html


第1回は特許検索の基本のおさらいということで、調査対象
技術の明確化、つまり検索項目への落とし込みと、背景技術
と技術的特徴の分離、を行いました。

その結果、

◇検索項目への落とし込み
 種別  :特許
 権利状況:公開
 番号  :不明
 出願人 :限定しない
 技術分野:ASIMOのような二足歩行ロボット

◇技術分野を背景技術と技術的特徴へ分離
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |  背景技術  |  技術的特徴  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 キーワード   |  ロボット  |  二足(歩行)  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

となりました。続いて第2回では、キーワード(同義語)を選ぶ
ということで、4つの方法を用いて上記キーワードの同義語を
選びました。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |  背景技術  |  技術的特徴  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 キーワード   |  ロボット  | 二足(歩行)   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 同義語     |        | 2足(歩行)  |
         |        | 二脚(歩行)  |
         |        | 2脚(歩行)  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回はこの同義語をもとに特許分類(IPC・FI・Fターム)を
選んでいきましょう。前編ではIPC・FIの選び方を学んで
いきましょう。


2:キーワード(同義語)を基に特許分類を選ぶ━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第2回では技術分野を背景技術と技術的特徴へ分離した上で、
背景技術と技術的特徴の同義語を調べる方法を解説しました。

今回はこの背景技術と技術的特徴に合致する特許分類の探し方
について見ていきましょう。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |  背景技術  |  技術的特徴  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 キーワード   |  ロボット  | 二足(歩行)   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 同義語     |        | 2足(歩行)  |
         |        | 二脚(歩行)  |
         |        | 2脚(歩行)  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IPC     |        |         |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 FI      |        |         |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Fターム    |        |         |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


とその前に、検索式の基本って知っていますか?
検索式の基本は3パターンです。

 1) キーワードのみ
 2) キーワードと特許分類の掛け算
 3) 特許分類のみ

この3つです(正確に言えば、この3パターンに出願人を掛けた
り、年度限定したりしますが、技術的内容で絞り込むのは上記
3パターンしかありません)。

キーワードのみの検索ではモレが発生します。

キーワードの同義語まで広げて検索しないとモレが発生するの
は、前回解説したとおりです。

◆第2回:キーワード(同義語)を選ぶ
http://blog.mag2.com/m/log/0000194221/108020362.html

といって特許分類のみで検索すると網羅的に検索できるのです
が、ヒット件数が多くなってしまうので、特許公報を読み込む
手間が増えてしまいます。

調査対象技術にピッタリの特許分類があれば、特許分類のみで
検索できるのが一番良いですが、もしもドンピシャの特許分類
がないのであれば、キーワードと特許分類の掛け算で公報を
絞り込んだ方が良いでしょう。


3:検索式作成のキホン〜特許分類を選ぶ前に〜━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もう一度先ほどの表を見てください。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |  背景技術  |  技術的特徴  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 キーワード   |  ロボット  | 二足(歩行)   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 同義語     |        | 2足(歩行)  |
         |        | 二脚(歩行)  |
         |        | 2脚(歩行)  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IPC     |   1a   |   2a    |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 FI      |   1b   |   2b    |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Fターム    |   1c   |   2c    |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1a〜1cはロボット関連の特許分類です。2a〜2cはロボ
ットの中でも二足歩行関連ロボットの特許分類となります。

理想的なのは、二足歩行関連ロボットの特許分類2a〜2cが
あることですが、そのような特許分類がない場合はどうすれば
良いか?

その場合は、

(1a+1b+1c) and (二足+2足+二脚+2脚)

という検索式にすれば良いのです。今まで

 ロボット and (二足+2足+二脚+2脚)

という検索式を作成していた方もいるかもしれませんが、ぜひ
ともこの公式を覚えてください。


  背景技術の特許分類 and 技術的特徴キーワード
 

背景技術の特許分類を探し出して、その特許分類の集合に技術
的特徴のキーワード(およびその同義語)を掛け合わせれば、ノ
イズが少なく、モレも少ない集合を形成することができます。


ただ忘れないで下さい。

重要なのは2a〜2cはロボットの中でも二足歩行関連ロボッ
トの特許分類を探すことです。これがあれば、上述の公式を
わざわざ使う必要もないのですから。


4:PATOLISサーチガイドで特許分類を選ぶ ━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━4-1:特許分類を探すためのツール


パナソニックのフィルタお掃除エアコンを探すときは、特許電
子図書館IPDLのパテントマップガイダンスを使いました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

特許電子図書館でヒット商品の特許を探し出す!
『パナソニックのお掃除ロボット搭載エアコン』

第3回:特許分類を探す(前編)
 http://blog.mag2.com/m/log/0000194221/107538963.html
第4回:特許分類を探す(後編)
 http://blog.mag2.com/m/log/0000194221/107585489.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今回はPATOLISの検索支援システムであるPATOLISサーチガイド
を使った方法について解説します。

PATOLISサーチガイド
 http://search.p4.patolis.co.jp/search.html?kk=0001


━━━━━━━━━━━━ 4-2:PATOLISサーチガイドの使い方


PATOLISサーチガイドのトップページに行きましょう。


http://search.p4.patolis.co.jp/search.html?kk=0001


PATOLISサーチガイドは大きく

 ●技術用語編
 ●広域分類編
 ●IPCファセット編
 ●出願人編
 ●固定キーワード編
 ○IPC分類編
 ○FI記号編
 ●中間記録編
 ○Fターム編
 ●FIファセット編

の10セクションから成り立っています。今回(二足)ロボットの
特許分類を探すために使うのは○の3つです。


まずはIPC分類編をクリックしてみましょう。


http://search.p4.patolis.co.jp/ipc_table/s_ipc_oya.html


すると2つのフレームで区切られており、左側半分はガイド切
替、版切替、IPCセクションが掲載されています。

右側の上には キーワード と IPCコード と書いてあり、ブラ
ンクがあります。このブランクにキーワードを入力して、特許
分類を探していきます。


※FI記号編およびFターム編のページ構成もIPC分類編と
 ほとんど同じです。確認してみましょう。

 FI記号編
 http://search.p4.patolis.co.jp/fi_table/s_fi_oya.html
 Fターム編
 http://search.p4.patolis.co.jp/fterm_table/s_f_oya.html


━━━━━━━━━ 4-3:ロボット関連の特許分類を探す(IPC)


それでは、早速ロボット関連の特許分類(1a〜1c)を探して
いきましょう。

まずはIPCから探していきます(1a)。

IPC分類編のキーワードのブランクに"ロボット"と入力して
みましょう。すると、次の3件がヒットします(※スペースの
都合上、一部省略しています)。


1 A01D 46/30 ・個別に作物を摘み取るロボツト的な装置[7] 
2 B25J    《サブクラス》マニプレ−タ;マニプレ−タ装
        置を持つ小室[5]
        【注釈】このサブクラスにおいては、下記の
        用語は以下に示す意味で用いる: "マニプレ
        −タ"は、空間内において有形の運動および
        方向の変更ができ、そのような運動および変
        更は、ヘツドから離れた手段によつて随意に
        制御されるような把持部、またはワ−クヘツ
        ドを有するハンドリング器具、装置または機
        械を含む、例.プログラム制御の産業用ロボ
        ツト 
3 B29C 70/38 ・・・・機械化されたレイアツプ法、例.あ
        らかじめ決められた型に合わせてロボツトを
        使う[6] 


この3つを検討していきます。


まず1つ目のA01D 46/30。これは説明文を読むと、「個別に作
物を摘み取るロボツト的な装置」とあります。

さらにA01D 46/30をクリックすると、


A       《セクシヨン》生活必需品 
A01      《クラス》農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業 
A01D     《サブクラス》収穫;草刈り
A01D 46/00  《メイングル−プ》果実、野菜、ホツプまたは
       類似のものの摘み取り;高木または低木をゆさ
       ぶるための装置[2][3]
A01D 46/30  ・個別に作物を摘み取るロボツト的な装置[7] 


のように表示されます。A01D 46/30がどこに含まれている分類
なのかを確認することができます。

A01D 46/30はA01D 46/00「果実、野菜、ホツプまたは類似のもの
の摘み取り;高木または低木をゆさぶるための装置」の中に含
まれている分類なので、今回調べようとしているロボットその
ものの分類ではないと判断できます。


先に答えを言ってしまうと、3つ目のB29C 70/38もA01D 46/30
と同様に、ロボットそのものの分類ではありません。こちらに
ついてはB29C 70/38をクリックして、分類を確認して見てくだ
さい。


それでは、2つ目のB25Jはロボットそのものの分類なのか?

分類の説明だけを読むと

    マニプレ−タ;マニプレ−タ装置を持つ小室

どうもロボットの分類とは思えません。しかし、【注釈】を読
むと、

  "マニプレ−タ"は、空間内において有形の運動および
  方向の変更ができ、そのような運動および変更は、
  ヘツドから離れた手段によつて随意に制御される
  ような把持部、またはワ−クヘツドを有するハンド
  リング器具、装置または機械を含む、
  例.プログラム制御の産業用ロボツト

とあります。最後に「プログラム制御の産業用ロボツト」と
書いてありますので、このIPCがロボット関連の特許分類で
あると分かりました。


それでは、B25Jの下位にはどのような分類が含まれるのか、
B25Jをクリックして見てみましょう。


■B25Jのメイングループ

B25J 1/00  手によつて操作されるマニプレ−タ
B25J 3/00  主従形マニプレ−タ、すなわち制御ユニツトと
       制御されるユニツトの両者が対応する空間的
       運動をするもの 
B25J 5/00  車または搬送体に設置されているマニプレ−タ
B25J 7/00  マイクロマニプレ−タ 
B25J 9/00  プログラム制御マニプレ−タ 
B25J 11/00  他類に分類されないマニプレ−タ 
B25J 13/00  マニプレ−タの制御[4] 
B25J 15/00  把持部 
B25J 17/00  接続部 
B25J 18/00  腕[4] 
B25J 19/00  マニプレ−タに適合する付属装置、例.監視の
       ための、探知のための;マニプレ−タと関連し
       て使用するために結合または特に適用される安
       全装置
B25J 21/00  マニプレ−タ装置を持つた小室


説明文を読んでもイマイチ分かりません。


最終的に「二足歩行ロボット」の分類を見つけることができれ
ば良いのですが、上の説明文だけでは判断がつきません。

そこで、上のブランクに戻ります。今度は


 キーワード   二足

         and

 IPCコード  B25J

 ※キーワードはOR演算が使えないので、二足のほかに2足、
  二脚、2脚をそれぞれ入力して確認しなければなりません


で「二足歩行」のロボット分類を探します。


検索ボタンを押すと、


      該当するデータは存在しません


というつれないメッセージが表示されます(他の2足、二脚、
2脚でも同様のメッセージとなります)。


よってロボットのIPC分類はB25Jであることは分かりましたが
二足歩行ロボットのIPC分類はないということになります。


━━━━━━━━━━4-4:ロボット関連の特許分類を探す(FI)


IPCがないからといってあきらめてはいけません。

IPCがない場合は、FI(ファイル・インデックス)を探します。

 FI記号編
 http://search.p4.patolis.co.jp/fi_table/s_fi_oya.html

IPC編と同様に、


 キーワード   二足 (2足、二脚、2脚)

         and

 FIコード   B25J


で探してみます。すると、


 B25J 5/00 F ・二足歩行ロボツト(H11 新設) 


というFI分類が見つかりました。まさに今回の調査対象技術で
ある「二足歩行ロボット」そのものの分類です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━ 4-5:まとめ〜IPCとFI〜


ここまででIPCとFIの特許分類を探してきました。

表にまとめてみると、

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |  背景技術  |  技術的特徴  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 キーワード   |  ロボット  | 二足(歩行)   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 同義語     |        | 2足(歩行)  |
         |        | 二脚(歩行)  |
         |        | 2脚(歩行)  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IPC     |   B25J   |   なし    |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 FI      |   B25J   |  B25J5/00F   |
         |        |  (H11新設)   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Fターム    |   1c   |   2c    |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

のようになります。

FIの B25J5/00F を使えば二足歩行ロボットの特許を検索する
ことができますが、平成11年(1999年)に新しく設けられた特許
分類であることから、平成10年(1998年)以前の特許がヒットし
ない恐れがあります。



次回はロボット関連Fターム(1c)と、二足歩行ロボット関連
Fターム(2c)の探し方について解説していきます。


お時間があれば、冬休み中に以前のパナソニックのフィルタ
お掃除エアコンのメールマガジンを復習してみてくださいね。


■パナソニックのフィルタお掃除エアコン関連特許検索
Vol. 6:特許検索の基本を学ぶ http://tinyurl.com/s7zpb
Vol. 8:キーワードを選定する http://tinyurl.com/y5eluy
Vol. 9:特許分類を探す(前編) http://tinyurl.com/y5x2fh
Vol.10:特許分類を探す(後編) http://tinyurl.com/vqraa
Vol.11:いざ検索!      http://tinyurl.com/vs6ep
Vol.12:Excelで検索結果を整理 http://tinyurl.com/y7mw82



5:特許検索の鉄則━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回新しく追加となる鉄則はありません。今までの特許検索の
鉄則5つを再掲します。

■特許検索の鉄則017(再掲)

 主な特許分類として

  国際特許分類IPC、FI、Fターム

 の3種類がある(その他USCやECLAなど)。


■特許検索の鉄則018(再掲)

 キーワードから特許分類を選ぶツールとしては

  パテントマップガイダンス
  PATOLISサーチガイド

 がある。

■特許検索の鉄則019(再掲)

 キーワードからIPC(またはFIやFターム)を探すことは、
 IPCの説明・定義のキーワード検索をしていることと同じ。

■特許検索の鉄則020(再掲)

 IPCの階層構造を理解する
  セクション
   クラス
    サブクラス
     メイングループ
      サブグループ

■特許検索の鉄則022(再掲)

 検索式の基本パターンは以下の3通り
 1) キーワードのみ
 2) 特許分類のみ
 3) キーワードと特許分類の掛け算


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ショートカット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ショートカットでは、メルマガ内で説明したウェブサイトへの
リンクをまとめています

・PATOLISサーチガイド
http://search.p4.patolis.co.jp/search.html?kk=0001

・PATOLISサーチガイド IPC分類編
http://search.p4.patolis.co.jp/ipc_table/s_ipc_oya.html

・PATOLISサーチガイド FI記号編
http://search.p4.patolis.co.jp/fi_table/s_fi_oya.html

・PATOLISサーチガイド Fターム編
http://search.p4.patolis.co.jp/fterm_table/s_f_oya.html

メルマガ登録・解除 ID: 0000194221
特許電子図書館を使った[特許検索のコツ]

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2007-01-07 : 更新