Vol.023(2007-01-09)


■Contents━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1:特許検索のネタ
 2:PATOLISサーチガイドで特許分類を選ぶ
  2-1:PATOLISサーチガイドの使い方
  2-2:Fタームについて復習
  2-3:ロボット関連の特許分類を探す(Fターム)
  2-4:2足歩行ロボット関連の特許分類を探す(Fターム)
  2-5:まとめ〜特許分類 IPC,FI,Fターム〜
 3:特許検索の鉄則
 ◇ショートカット


1:特許検索のネタ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回から購読開始していただいた方は是非ともバックナンバー
をご覧下さい。


→バックナンバーはこちらから
 http://blog.mag2.com/m/log/0000194221/


第19号からホンダ(本田技研工業)のASIMO(アシモ)のような
二足歩行ロボットを特許検索のテーマとした特許検索シリーズ
を開始しました。


■参考ウェブサイト
 ASIMOオフィシャルサイト
  http://www.honda.co.jp/ASIMO/
 ASIMOのテクノロジー
  http://www.honda.co.jp/ASIMO/newmodel/

※今回の特許検索のテーマは、ホンダのASIMOのような二足
 歩行ロボットです。ホンダが出願しているASIMO関連特許
 に限定はしません。


前回は特許分類の選び方、ということで背景技術と技術的特徴
に合致する国際特許分類IPCとファイル・インデックスFIを探
す方法について解説しました。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |  背景技術  |  技術的特徴  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 キーワード   |  ロボット  | 二足(歩行)   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 同義語     |        | 2足(歩行)  |
         |        | 二脚(歩行)  |
         |        | 2脚(歩行)  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IPC     |   B25J   |   なし    |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 FI      |   B25J   |  B25J5/00F   |
         |        |  (H11新設)   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Fターム    |   1c   |   2c    |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回は、Fターム1c、2cを探す方法を解説していきます。



2:PATOLISサーチガイドで特許分類を選ぶ ━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━ 2-1:PATOLISサーチガイドの使い方


前回に引き続き、今回もPATOLISの検索支援システムである
PATOLISサーチガイドを使います。


◆PATOLISサーチガイド
http://search.p4.patolis.co.jp/search.html?kk=0001


今回は二足歩行ロボットに関連したFタームを探していくので
PATOLISサーチガイドのトップページから


◆Fターム編
http://search.p4.patolis.co.jp/fterm_table/s_f_oya.html


へ行ってください。前号で見たIPC分類編と同様に、2つの
フレームで区切られており、左側半分はガイド切替、Fターム
のテーマグループ(2B,3B,4B,5Bなど)が掲載されています。

右側の上にはキーワードと Fタームと書いてありブランクが
あります。キーワードの右隣には

   検索対象:
   ●全て ○テーマ名称のみ

とあります。これはキーワード範囲を、Fタームの項目全てを
対象とするか、それともFタームのテーマ名称のみを対象とす
るか選択するラジオボタンです。

このブランクにキーワードを入力して、検索対象を「全て」
または「テーマ名称のみ」を選択してFタームを探します。



━━━━━━━━━━━━━━━━ 2-2:Fタームについて復習


みなさんはFタームの仕組みを知っていますか?

釣竿のFタームを例にとってFタームの仕組みを説明します。


2B019    釣竿
2B019AA00  構造
2B019AA01  ・断面形状
2B019AA02  ・中通し式
2B019AB00  素材
2B019AB01  ・FRP竿
2B019AB02  ・・使用繊維


釣竿のFターム2B019を一部抜粋して掲載しました。

まず「2B019 釣竿」の

  2B019:テーマコード
  釣竿 :テーマ名称

と呼びます。次に「2B019AA00 構造」や「2B019AB00 構造」
のようにテーマコードの後ろにAAやABとアルファベット2文字
が付いています。このアルファベット2文字のことを「観点」
と呼びます。

「2B019 釣竿」の中で、「AA:釣竿の構造」に関する分類なの
か、それとも「AB:釣竿の素材」に関する分類なのか区別する
記号です。

「観点」の後ろには01や02などの数字が付いています。これが
「観点」の中で、さらに細分化された分類となります。

もしもFターム 2B019AB01が付与されている特許があった場合
その特許は、釣竿の素材に関する特許であり、かつその素材は
FRP(fiber reinforced plastics:繊維強化プラスチック)であ
るということが分かります。

Fタームについては、以下の特許電子図書館のヘルプにも説明
がありますので、参考にしてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Fタームとは?

http://www.ipdl.ncipi.go.jp/HELP/pmgs/database/format_summary.html#fterm

            ※IPDLヘルプ:検索項目の概要より

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



━━━━━━━ 2-3:ロボット関連の特許分類を探す(Fターム)


それでは、以下の表の1c、2cに合致するFタームを探して
行きましょう。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |  背景技術  |  技術的特徴  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 キーワード   |  ロボット  | 二足(歩行)   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 同義語     |        | 2足(歩行)  |
         |        | 二脚(歩行)  |
         |        | 2脚(歩行)  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IPC     |   B25J   |   なし    |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 FI      |   B25J   |  B25J5/00F   |
         |        |  (H11新設)   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Fターム    |   1c   |   2c    |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


順番としては背景技術・ロボットに関するFタームを探し、
その後、探したロボット関連Fタームの中で「二足歩行」関連
の分類がないか探していきます。



Fターム編のキーワードのブランクに"ロボット"と入力し、
検索対象はそのまま(「全て」にチェックが入っている状態)で
検索してみましょう。すると、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No Fターム  説明文
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1  2B075JF00 果実、野菜等の収穫ロボツト 
2  2E174DA52 ・・組立作業ロボツト 
3  2E184GG19 ・・誘導走行台車,誘導昇降装置又は
        ロボツト等 
4  2E189FA00 消防ロボツトの種類 
5  2E189FB00 消防ロボツトの制御システム 
6  2F061CC31 ・・ロボツト,マニプレ−タ,アクチエ−タ 
7  2F062BC54 ・・ロボツト,マニプレ−タ 
8  2F063BA22 ・ロボツト,マニプレ−タ 
9  2F063DA27 ・自走ロボツトにより測定するもの 
10 2F065PP25 ・・ロボツト 
11 2F069BB04 ・ロボツト;マニプレ−タ 
12 2F073AA29 ・ロボツト 
13 2F078CA04 ・ロボツト,マニユピレ−タ 
14 2F078EA07 ・製造機械,工作機械,ロボツト 
15 2F105AA06 ・ロボツト 
16 2F112CA04 ・・ロボツト,工作マシン等 
17 2G051AC19 ・・ロボツトア−ムの使用 
18 2G051DA03 ・・ロボツトア−ムの使用 
19 2G053DB26 ・ロボツト、マニピユレ−タ 
20 3C002JJ09 ・・取替・移送ア−ムによるもの
        (ロボツトも含む) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     ※続きは省略


合計 106個のFタームがヒットしました。なぜこんなに多くの
Fタームがヒットしてしまうかというと、検索対象を「全て」
としているからです。

検索対象を「テーマ名称のみ」に変えて、もう一度検索して
みましょう。すると今度は


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No Fターム  説明文
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1  3C007   マニプレ−タ・ロボツト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


の 1個のみがヒットしました。3C007とはテーマコードです。
この3C007のFタームは「マニプレ−タ・ロボツト」関連の
Fタームであることが分かります。



先ほどのように検索対象を「全て」にしてしまうと、ロボット
そのものではないFタームも含まれてしまいます。つまり、
「2B075JF00:果実、野菜等の収穫ロボツト」を例に取ると、
テーマコード2B075は「収穫機本体(5)(特定作物用)」であり、
ロボットの分類ではなく、収穫機の分類です。

収穫機が背景技術であり、技術的特徴として収穫にロボットを
使っているFタームがヒットしてしまいます。

背景技術のFタームを探す場合は検索対象を「テーマ名称」に
限定して検索した方が良いFタームが見つかります。



━━━━2-4:2足歩行ロボット関連の特許分類を探す(Fターム)


背景技術であるロボット関連Fタームが3C007であることが
分かりました(1c → 3C007)。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |  背景技術  |  技術的特徴  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 キーワード   |  ロボット  | 二足(歩行)   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 同義語     |        | 2足(歩行)  |
         |        | 二脚(歩行)  |
         |        | 2脚(歩行)  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IPC     |   B25J   |   なし    |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 FI      |   B25J   |  B25J5/00F   |
         |        |  (H11新設)   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Fターム    |    3C007   |   2c    |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


引き続き2足歩行ロボットのFターム2cを探していきます。

今度は


 キーワード:二足 (2足、二脚、2脚)

 検索対象 :全て

 Fターム :3C007


と入力して検索します。ロボット関連Fタームが3C007である
ことは突き止めましたので、3C007の中で「二足」関連のキー
ワードを含むFタームを探します。


キーワード「二足」で


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No Fターム  説明文
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1  3C007WA13 ・・・二足 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


がヒットします(2足、二脚、2脚ではヒットしません)。
ハイパーリンクになっている「3C007WA13」をクリックすると
3C007WA13が展開されて、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
テーマ テーマ名称       Fターム Fターム説明文 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3C007 マニプレ−タ・ロボツト 3C007WA00 自走/自律型の
                     タイプ 
                3C007WA11 ・移動形式 
                3C007WA12 ・・脚式 
                3C007WA13 ・・・二足 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


と表示されます。「3C007WA13:二足」が「観点WA:自走/自律
型のタイプ」の中に位置づけられていることが分かります。


他に2足歩行ロボット関連のFタームがないか調べるために、
上記の展開された形式からハイパーリンクになっている3C007
をクリックして、Fターム全体を眺めてみましょう。


3C007:マニプレ−タ・ロボツト




━━━━━━━━━ 2-5:まとめ〜特許分類 IPC,FI,Fターム〜


前号ではIPCとFIの特許分類を探し、今回はFタームを探し方を
解説してきました。その探した結果を表にまとめると、

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |  背景技術  |  技術的特徴  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 キーワード   |  ロボット  | 二足(歩行)   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 同義語     |        | 2足(歩行)  |
         |        | 二脚(歩行)  |
         |        | 2脚(歩行)  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IPC     |   B25J   |   なし    |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 FI      |   B25J   |  B25J5/00F   |
         |        |  (H11新設)   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Fターム    |    3C007   |  3C007WA13   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

となりました。

特許検索をする際は、調査対象技術を背景技術と技術的特徴へ
分解して、上記のようなマトリックスを作成します。そして、
背景技術の特許分類を探した上で、技術的特徴の特許分類を
探した方が効率的です。

次回は選んだキーワード・同義語・特許分類を基に検索式を
作成します。




3:特許検索の鉄則━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近は再掲が多かったのですが、今回は本号の解説の中から
鉄則として4つまとめます。


■特許検索の鉄則039

 Fタームの構造を理解する

 テーマグループ
  テーマコード:テーマ名称
   観点

 例:釣竿
 2B            【テーマグループ】
 2B019     釣竿   【テーマコード・テーマ名称】
  2B019AA00  構造   【観点】
   2B019AA01 ・断面形状【観点を細分化=Fターム】


■特許検索の鉄則040

 PATOLISサーチガイドのFターム編では、キーワードの検索
 対象範囲を「全て」と「テーマ名称」のいずれかから選択
 する

■特許検索の鉄則041

 PATOLISサーチガイドを用いてFタームを探し場合において
 背景技術のFタームを探す際は、検索対象を「テーマ名称」
 に設定すると良い

■特許検索の鉄則042

 特許検索においては、以下のような特許検索マトリックス
 を作成すると良い
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |  背景技術  |  技術的特徴  |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 キーワード   |        |        |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 同義語     |        |        |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IPC     |        |        |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 FI      |        |        |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Fターム    |        |        |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ショートカット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ショートカットでは、メルマガ内で説明したウェブサイトへの
リンクをまとめています

・PATOLISサーチガイド
http://search.p4.patolis.co.jp/search.html?kk=0001

・PATOLISサーチガイド Fターム編
http://search.p4.patolis.co.jp/fterm_table/s_f_oya.html

・特許電子図書館 ヘルプ
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/HELP/pmgs/database/format_summary.html#fterm


メルマガ登録・解除 ID: 0000194221
特許電子図書館を使った[特許検索のコツ]

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2007-01-15 : 更新