e-patent > メールマガジン > 米国特許検索入門 > (4) 特定技術分野の出願動向を調べる(2)

Vol.048(2007-12-03)


━ Vol.048━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━読者数:  814名━

無料でできる!

       特許電子図書館を使った【特許検索のコツ】

                    http://www.e-patentsearch.net/
                    http://www.e-特許検索.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2007.12.03━


【本号のテーマ】

  米国特許検索入門(4)

          特定技術分野の出願動向を調べる(2)



■Contents━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ◆本メルマガ発行人・野崎のプロデュースメルマガの紹介

 1:特許検索のネタ

 2:米国特許検索式の構成
  2-1: キーワードと分類
  2-2: ロボット関連の米国特許分類を探す

 3:特許検索の鉄則



◆本メルマガ発行人・野崎のプロデュースメルマガの紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


現在、東京理科大学院の知的財産戦略専攻(通称:MIP)教授である藤野仁三先生
のメールマガジンの編集・発行をお手伝いすることになりました。


藤野先生は私が現在勤務している会社の元上司で、現在は日本でも数少ない
知的財産専門の大学院である東京理科大学院で教授を務めておられます。


藤野先生は以前、日刊工業新聞に「よくわかる知的財産権問題」を連載されて
いました。この新聞の連載記事を書籍としてまとめたものが


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

「よくわかる知的財産権問題」(藤野仁三・著、日刊工業新聞社、2003年)

 http://tinyurl.com/382p7o

 内容(「BOOK」データベースより)
  「知財の国家戦略」とあわせて車の両輪を構成するのが、「知財
  実務についての考察・分析」である。本書は、まさにその後者に
  関する良書で、著者が自分の足で集めた情報を豊富な実務経験と
  専門知識の裏付けにより分析・整理しており、知財実務に携わる
  人の必携書。     

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


です。藤野先生が今回始めるメールマガジンは


  藤野仁三の[アメリカ知的財産法への誘い]

  < http://www.mag2.com/m/0000251729.html >

  【概要】
  アメリカは知財法制度の抜本的な改革の途上にあります。裁判所も
  これまでの判例を変える新しい判断を次々に出しています。このように
  過渡期にあるアメリカの知的財産最新情報をお伝えし、アメリカが
  どこに行き着こうとしているのかを考えてみたいと思います。 


です。書籍「よくわかる知的財産権問題」をお読みになった方はお分かりかと
思いますが、藤野先生の解説は、非常に高度な内容を取り扱いながらも初心者
にも分かりやすく、かみくだいてあります。また、知財実務に役立つケースを
取り上げ、その背景や法的な側面にも触れているので、表層的な理解だけでは
なく、専門知識の整理・蓄積にも役立ちます。


私・野崎は藤野先生からいただいた原稿をメールマガジンという形に編集し、
発行のお手伝いをしております。私は特許調査・分析などに知識が偏っており
、常日頃「もう少し知財の知識を身につけなければなぁ〜」と思っているので
メルマガをお手伝いする身ではありますが、藤野先生のメルマガのこれからが
非常に楽しみです。


是非ともご購読いただければ幸いです。


※ご購読・創刊号の閲覧は以下のURLからお願いいたします。

 ご購読 ⇒ ⇒ http://www.mag2.com/m/0000251729.html

 創刊号 ⇒ ⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000251729/109146787.html
 第2号 ⇒ ⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000251729/



1:特許検索のネタ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本シリーズでは、これまでメルマガを通じて解説してきた米国特許検索の知識
を生かして「特定技術分野の出願動向」を調べていきます。


今回設定したテーマは、先日日本経済新聞で取り上げられたトヨタのロボット
開発を取り上げたいと思います。


トヨタと比較する企業として

        ホンダ (本田技研工業)
        ソニー
        ファナック
        安川電機

の4社が掲載されていました。今回はトヨタを含めた5社のロボット関連特許
の日本における出願状況の把握と、米国特許の検索式作成について説明してい
きます。


※今回のシリーズではメルマガ購読者の方に実際に検索式を立てて、その式を
 私に連絡していただき、その式をベースにして解説していきながら、検索式
 の立て方のコツなどを解説していきたいと思いましたが、残念ながら購読者
 の方から届いた検索式がなかったため、今まで同様に解説する方式で進めて
 いきたいと思います。


2:米国特許検索式の構成━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて前々回(Vol.46)のメールマガジンで検索式の構成として


         (企業) AND (年) AND (ロボット)


という3つのモジュールから成り立つと書きました。


企業はトヨタ、ホンダ、ソニー、ファナック、安川電機の5社です。年も1998
年から2006年または2007年の発行年ベースで整理しますので、特に問題ありま
せん。


最後のモジュールである(ロボット)について考えていきましょう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2-1:キーワードと分類
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ロボット関連の特許を抽出するためには、


 キーワードからのアプローチ

 分類からのアプローチ


の2つ考えられます。今回の調査対象技術はロボットで、キーワードとしては
robot がすぐに思い浮かびます。ほかのキーワードもあるかもしれませんが、
今回は robot だけにしておきます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━2-2:ロボット関連の米国特許分類を探す
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次に特許分類ですが、これは過去のメールマガジンでも説明してきたプロセス
を踏襲します。


 [米国特許分類(USPC)の基本とその探し方]

  Vol.39: http://blog.mag2.com/m/log/0000194221/108894403.html
  Vol.40: http://blog.mag2.com/m/log/0000194221/108917302.html
  Vol.41: http://blog.mag2.com/m/log/0000194221/108940612.html
  Vol.42: http://blog.mag2.com/m/log/0000194221/108966328.html


技術用語(今回はrobot)からから米国特許分類を探す場合は、


・US Classes by Number with Title Menu

http://www.uspto.gov/web/patents/classification/selectnumwithtitle.htm

・Index to the United States Patent Classification (USPC) System

http://www.uspto.gov/web/patents/classification/uspcindex/indextouspc.htm

のいずれかを利用します。「US Classes by Number with Title Menu」では
米国特許分類のクラス(3桁の数字)とクラスの説明が番号順に並んでいます。
「Index to the United States Patent Classification (USPC) System」では
技術用語ごとにABC・・・の順に並んでいます。


まずは「US Classes by Number with Title Menu」で「Ctrl+F」または[編集]
から[検索]で"robot"を検索します。すると901:robotsが見つかります。他に
robotに該当する分類はないので、901がロボット関連分類と特定しました。



もう1つ「Index to the United States Patent Classification (USPC)
System」は技術用語がABC・・・順に並んでいますので、今回の調査対象技術
であるロボットのRをクリックします。先ほど同様、「Ctrl+F」または[編集]
から[検索]で"robot"を検索します。するとロボット関連の分類として以下の
ような分類があることが分かります。


Robot ......................................  901* 
    Arm movement ...........................  901 / 14+ 
        Control ............................  700 / 245+ 
        Control, electric ..................  700 / 245+ 
        Control, electric motor ............  318 / 568.11+ 
    Calibration ............................  700 / 254 
    Coating ................................  901 / 43* 
    Collision prevention ...................  700 / 255 
    Combined with knowledge processing .....  700 / 246 
    Combined with other device .............  700 / 247 
        Conveyor ...........................  700 / 247 
    Compensation ...........................  700 / 254 
    Compliance device ......................  901 / 45* 
    Computations   
        Jacobian ...........................  700 / 263 
        Manipulator orientation ............  700 / 262+ 
    Control ................................  700 / 245+ 
        Enhancing ..........................  700 / 250+ 
        Force ..............................  700 / 260+ 
        Modifying ..........................  700 / 250+ 
            Based on user input ............  700 / 257 
            By sensed data .................  700 / 253 
        Motor, electric ....................  318 / 568.11+ 
        Servo, electric ....................  318 / 568.11+ 
        Torque .............................  700 / 261 
            Servo ..........................  318 / 568.11+ 
    Control, electic .......................  700 / 245+ 
    Control, electric motor ................  318 / 568.11+ 
    Coordinate transformation ..............  700 / 251 
    Counterbalance .........................  901 / 48* 
    Digitizer ..............................  700 / 264 
    Drive systems ..........................  901 / 19+ 
        Electric ...........................  318 / 568.11+ 
    Dummy arm ..............................  700 / 264 
    Force control ..........................  700 / 260+ 
    Gearing ................................  901 / 25* 
    Grip ...................................  901 / 31+ 
    Industrial   
        Grappling functions ................  294 / 86.4+ 
            Magnet or piston controlled ....  294 / 88 
            Pivoted jaws ...................  294 / 106 
        Gripper functions, body ............  623 / 64 
            Fluid actuated .................  623 / 57+ 
        Material or article handling .......  414 / 4+ 
            Horizontal linear motion .......  414 / 753.1 
            Horizontal swing motion ........  414 / 744.1+ 
            Vertical swing motion ..........  414 / 730 
        Motion and control .................  700 / 245+ 
        Motion and control, electric .......  318 / 568.11+ 
        Motor ..............................  318 / 568.11+ 
        Motion and control, electrical .....  700 / 245+ 
        Spray painting .....................  118 / 323 
        Structure, control lever and .......  74 / 469+ 
        Linkage systems ....................  74 / 469+ 
        Welding functions ..................  219 / 125.1 
    Inspection .............................  901 / 44+ 
    Interface, user ........................  700 / 264 
    Interpolation ..........................  700 / 252 
    Mechanically actuated ..................  901 / 11+ 
    Mobile .................................  901 / 1* 
        Control ............................  701 / 23+ 
        Control, electric ..................  701 / 23+ 
        Control, electric motor ............  318 / 568.11+ 
    Motor, electric ........................  318 / 568.11+ 
    Overload prevention ....................  700 / 256 
    Pendant ................................  700 / 264 
    Plural data processors .................  700 / 249 
    Plural robots ..........................  700 / 248 
    Programmable ...........................  700 / 245+ 
        Article handling ...................  700 / 247 
        Plural controlled or controlling ...  700 / 247+ 
        Devices ............................  700 / 247+ 
        Plural data processors .............  700 / 249 
    Safety device ..........................  901 / 49* 
    Sensor .................................  901 / 46+ 
    Sensor, particular .....................  700 / 258+ 
        Vision .............................  700 / 259 
    Servo, electric ........................  318 / 568.11+ 
    Spray painting .........................  901 / 43* 
    Structural elements, special ...........  700 / 900* 
    System .................................  901 / 6+ 
    Tablet .................................  700 / 264 
    Teaching system ........................  700 / 245 
    Torque control .........................  700 / 261 
        Servo ..............................  318 / 568.11+ 
    Track-guided ...........................  901 / 14+ 
    Vision sensor ..........................  700 / 259 
    Welding ................................  901 / 42* 
    Wrist ..................................  901 / 29* 


クラスとしては


  901:Robot
  700:Data processing:
     generic control systems or specific applications
  318:Electricity: motive power systems


の3つが主として利用されていることが分かります。


特許検索の鉄則でも取り上げましたが、他にも


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 ■特許検索の鉄則093
 
  技術用語から米国特許分類を探す方法として、
 
    調べたい対象技術分野の技術用語をタイトルに含む公報を検索
 
  する方法がある

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


という方法があります。今回はこの方法での分類抽出は解説しませんので、
みなさんで試してみてください。



今回


         (企業) AND (年) AND (ロボット)


という3つのモジュールのうち、特に(ロボット)モジュールを構成するキーワ
ードと特許分類を探してきました。次回は集めてきた材料を検索式として表現
して、実際に検索して行きたいと思います。



3:特許検索の鉄則━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いままでの特許検索の鉄則から、みなさんの検索式作成に役立つ鉄則を6つ
掲載します。


■特許検索の鉄則090

 技術用語から米国特許分類を探す方法として、

 ・米国特許分類のクラス・タイトルに含まれる技術用語からアプローチ
 ・技術用語インデックスからアプローチ

 の2通りある


■特許検索の鉄則093

 技術用語から米国特許分類を探す方法として、

   調べたい対象技術分野の技術用語をタイトルに含む公報を検索

 する方法がある


■特許検索の鉄則094

 米国特許公報のタイトル検索でヒットした公報に付与されている

  Current U.S. Class
  Field of Search

 をチェックする


■特許検索の鉄則099

 米国特許の登録特許検索では出願人ではなく、
                  権利譲渡人(Assignee)を用いる


■特許検索の鉄則100

 米国特許の登録特許検索では出願日ベースではなく、
                公報発行日ベースで整理した方が良い


■特許検索の鉄則101

 米国特許の登録特許検索ではデザイン特許なども含まれてしまうため
 出願の種類も考慮して検索式を作成する必要がある

メルマガ登録・解除 ID: 0000194221
特許電子図書館を使った[特許検索のコツ]

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2007-12-28 : 更新