e-patent > メールマガジン > 米国特許検索入門 > (7) 特定技術分野の出願動向を調べる(5)

Vol.051(2008-01-15)


━ Vol.051━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━読者数:  866名━

無料でできる!

       特許電子図書館を使った【特許検索のコツ】

                    http://www.e-patentsearch.net/
                    http://www.e-特許検索.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2008.01.15━


【本号のテーマ】

  米国特許検索入門(7)

          特定技術分野の出願動向を調べる(5)



■Contents━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1:特許検索のネタ

 2:米国特許検索式の作成:特許分類部分の検索式(2)
  2-1: 特許分類フィールド(復習)
  2-2: 米国特許分類フィールドの使い方
  2-3: 米国特許分類フィールドを使った検索式
  2-4: 米国特許分類のトランケーション
  2-5: マクロ動向分析の際の検索式の考え方

 3:特許検索の鉄則



1:特許検索のネタ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本シリーズでは、これまでメルマガを通じて解説してきた米国特許検索の知識
を生かして「特定技術分野の出願動向」を調べていきます。


今回設定したテーマは、日本経済新聞で取り上げられたトヨタのロボット開発
を取り上げました。


トヨタと比較する企業は、日経に掲載されていた

        ホンダ (本田技研工業)
        ソニー
        ファナック
        安川電機

の4社です。今回トヨタを含めた5社のロボット関連特許の日本における出願
状況の把握と米国特許の検索式作成について説明していきます。



2:米国特許検索式の作成:特許分類部分の検索式(2) ━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


前回は国際特許分類を使った検索式の作成について解説しました。今回は特許
分類、特に米国特許分類を使った検索式の作成について説明していきます。


ちなみに今回はUSPTOのPatent Full-Text and Full-Page Image Databases


   http://www.uspto.gov/patft/


の登録特許データベースIssued Patents (PatFT)の中の Advanced Search を
使っていきます。


   http://patft.uspto.gov/netahtml/PTO/search-adv.htm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2-1:特許分類フィールド(復習)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


復習になりますが、米国特許庁のデータベースには、国際特許分類IPCや米国
特許分類USCといった分類のフィールドとして


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Field Code | Field Name         | フィールド名
   (コード)  | (フィールド名:英語)    |  (日本語)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ICL    | International Classification| 国際特許分類
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   CCL    | Current US Classification  | 米国特許分類
        |               | (ただし現行)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


があります。注意する点としてCCL(米国特許分類)はあくまでも"現行"の
分類であるということです。


国際特許分類も米国特許分類もある一定期間で更新されています。新しく追加
される分類もあれば、廃止される分類・統合される分類があります。このCCL
というフィールドはあくまでも"Current=現行"の米国特許分類を対象にしてい
るということを覚えておいてください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━2-2:米国特許分類フィールドの使い方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


それでは、米国特許分類UPCを使った場合の検索式を見ていきましょう。


UPCのフィールドは「CCL」です。ロボット関連のUPCは


Robot ......................................  901* 
    Arm movement ...........................  901 / 14+ 
        Control ............................  700 / 245+ 
        Control, electric ..................  700 / 245+ 
        Control, electric motor ............  318 / 568.11+ 
    Calibration ............................  700 / 254 

             (以下略)

  ※Vol.048参照
   http://blog.mag2.com/m/log/0000194221/109216659.html


でした。フィールド「CCL」を使って検索式の表現にします。CCLの使い方を
見てみると、例として


ccl/class/subclass

例) ccl/2/5

http://www.uspto.gov/patft/help/helpflds.htm#Current_US_Class/SubClass

のように書いてあります。例えば「Arm movement」の901/14であれば、


             ccl/901/14


となります。また便利な機能としてトランケーションがあります。あるクラス
全てを検索したい場合はトランケーションを使って、サブクラスの入力を省略
することが可能です。ヘルプでは


             ccl/427/$


と書いてあります。今回ロボット関連特許を抽出する際、クラス 901はまさに
ロボットそのものの分類になりますので、



             ccl/901/$
               ~~~

とすることで、ロボット関連のクラス 901を含む特許すべてを抽出することが
できます。


━━━━━━━━━━━━━━━2-3:米国特許分類フィールドを使った検索式
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、メルマガVol.48で洗い出したロボット関連米国特許分類を検索式の形に
してみましょう。クラス 901については上述の通りトランケーションを使って
一気に検索ができますので、 901以外の米国特許分類についてccl/を先頭につ
けて、それぞれをORでつないでいきます。


※米国特許分類の後にある+(プラス)は「下位分類も参照」という意味ですが
 今回は表示されている分類だけに限定して話を進めます。


Robot ......................................  901* 
    Arm movement ...........................  901 / 14+ 
        Control ............................  700 / 245+ 
        Control, electric ..................  700 / 245+ 
        Control, electric motor ............  318 / 568.11+ 
    Calibration ............................  700 / 254 
    Coating ................................  901 / 43* 
    Collision prevention ...................  700 / 255 
    Combined with knowledge processing .....  700 / 246 
    Combined with other device .............  700 / 247 
        Conveyor ...........................  700 / 247 
    Compensation ...........................  700 / 254 
    Compliance device ......................  901 / 45* 
    Computations   
        Jacobian ...........................  700 / 263 
        Manipulator orientation ............  700 / 262+ 
    Control ................................  700 / 245+ 
        Enhancing ..........................  700 / 250+ 
        Force ..............................  700 / 260+ 
        Modifying ..........................  700 / 250+ 
            Based on user input ............  700 / 257 
            By sensed data .................  700 / 253 
        Motor, electric ....................  318 / 568.11+ 
        Servo, electric ....................  318 / 568.11+ 
        Torque .............................  700 / 261 
            Servo ..........................  318 / 568.11+ 
    Control, electic .......................  700 / 245+ 
    Control, electric motor ................  318 / 568.11+ 
    Coordinate transformation ..............  700 / 251 
    Counterbalance .........................  901 / 48* 
    Digitizer ..............................  700 / 264 
    Drive systems ..........................  901 / 19+ 
        Electric ...........................  318 / 568.11+ 
    Dummy arm ..............................  700 / 264 
    Force control ..........................  700 / 260+ 
    Gearing ................................  901 / 25* 
    Grip ...................................  901 / 31+ 
    Industrial   
        Grappling functions ................  294 / 86.4+ 
            Magnet or piston controlled ....  294 / 88 
            Pivoted jaws ...................  294 / 106 
        Gripper functions, body ............  623 / 64 
            Fluid actuated .................  623 / 57+ 
        Material or article handling .......  414 / 4+ 
            Horizontal linear motion .......  414 / 753.1 
            Horizontal swing motion ........  414 / 744.1+ 
            Vertical swing motion ..........  414 / 730 
        Motion and control .................  700 / 245+ 
        Motion and control, electric .......  318 / 568.11+ 
        Motor ..............................  318 / 568.11+ 
        Motion and control, electrical .....  700 / 245+ 
        Spray painting .....................  118 / 323 
        Structure, control lever and .......  74 / 469+ 
        Linkage systems ....................  74 / 469+ 
        Welding functions ..................  219 / 125.1 
    Inspection .............................  901 / 44+ 
    Interface, user ........................  700 / 264 
    Interpolation ..........................  700 / 252 
    Mechanically actuated ..................  901 / 11+ 
    Mobile .................................  901 / 1* 
        Control ............................  701 / 23+ 
        Control, electric ..................  701 / 23+ 
        Control, electric motor ............  318 / 568.11+ 
    Motor, electric ........................  318 / 568.11+ 
    Overload prevention ....................  700 / 256 
    Pendant ................................  700 / 264 
    Plural data processors .................  700 / 249 
    Plural robots ..........................  700 / 248 
    Programmable ...........................  700 / 245+ 
        Article handling ...................  700 / 247 
        Plural controlled or controlling ...  700 / 247+ 
        Devices ............................  700 / 247+ 
        Plural data processors .............  700 / 249 
    Safety device ..........................  901 / 49* 
    Sensor .................................  901 / 46+ 
    Sensor, particular .....................  700 / 258+ 
        Vision .............................  700 / 259 
    Servo, electric ........................  318 / 568.11+ 
    Spray painting .........................  901 / 43* 
    Structural elements, special ...........  700 / 900* 
    System .................................  901 / 6+ 
    Tablet .................................  700 / 264 
    Teaching system ........................  700 / 245 
    Torque control .........................  700 / 261 
        Servo ..............................  318 / 568.11+ 
    Track-guided ...........................  901 / 14+ 
    Vision sensor ..........................  700 / 259 
    Welding ................................  901 / 42* 
    Wrist ..................................  901 / 29* 


重複している米国特許分類を除いていくと、最終的に以下のようになります。


ccl/901/$ or ccl/74/469 or ccl/118/323 or ccl/219/125.1 or ccl/294/106
 or ccl/294/86.4 or ccl/294/88 or ccl/318/568.11 or ccl/414/4 or 
ccl/414/730 or ccl/414/744.1 or ccl/414/753.1 or ccl/623/57 or 
ccl/623/64 or ccl/700/245 or ccl/700/246 or ccl/700/247 or 
ccl/700/248 or ccl/700/249 or ccl/700/250 or ccl/700/251 or 
ccl/700/252 or ccl/700/253 or ccl/700/254 or ccl/700/255 or 
ccl/700/256 or ccl/700/257 or ccl/700/258 or ccl/700/259 or 
ccl/700/260 or ccl/700/261 or ccl/700/262 or ccl/700/263 or 
ccl/700/264 or ccl/700/900 or ccl/701/23


さて、この米国特許分類の検索式をの登録特許データベースIssued Patents
(PatFT)の Advanced Search で検索してみましょう。


   http://patft.uspto.gov/netahtml/PTO/search-adv.htm


すると、


The Query ( ccl/901/$ or ・・・ or ccl/701/23 ) was unparseable
(Too Many Search Terms 780 ) ). 


というエラーメッセージが出たと思います。これは「検索式の文字数が多い」
から検索できません、というエラーメッセージです。何とかして文字数を減ら
さなければいけません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━2-4:米国特許分類のトランケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


文字数を減らす方法としてはトランケーション$を利用する方法があります。


ccl/901/$ or ccl/74/469 or ccl/118/323 or ccl/219/125.1 or ccl/294/106
 or ccl/294/86.4 or ccl/294/88 or ccl/318/568.11 or ccl/414/4 or 
ccl/414/730 or ccl/414/744.1 or ccl/414/753.1 or ccl/623/57 or 
ccl/623/64 or ccl/700/245 or ccl/700/246 or ccl/700/247 or 
ccl/700/248 or ccl/700/249 or ccl/700/250 or ccl/700/251 or 
ccl/700/252 or ccl/700/253 or ccl/700/254 or ccl/700/255 or 
ccl/700/256 or ccl/700/257 or ccl/700/258 or ccl/700/259 or 
ccl/700/260 or ccl/700/261 or ccl/700/262 or ccl/700/263 or 
ccl/700/264 or ccl/700/900 or ccl/701/23


の中でトランケーションできなそうな部分は、


ccl/700/250 or ccl/700/251 or ccl/700/252 or ccl/700/253 or 
ccl/700/254 or ccl/700/255 or ccl/700/256 or ccl/700/257 or 
ccl/700/258 or ccl/700/259


になります。なぜならば「ccl/700/25X」という部分が共通になっているから
です。なので、これを


ccl/700/250 or ccl/700/251 or ccl/700/252 or ccl/700/253 or 
ccl/700/254 or ccl/700/255 or ccl/700/256 or ccl/700/257 or 
ccl/700/258 or ccl/700/259

≒ccl/700/25$


とすることで、ほぼ同じ意味になります。「ほぼ同じ」と書いたのには理由が
あります。実は上記の検索式は全く同じにはなりません。


実はccl/700/25$で検索すると、ccl/700/25も入ってしまうのです。しかし、
ccl/700/25が含まれる公報を検索してみると37件(2008年1月14日現在)しか
ありませんので、影響は無視できる程度です。


改めてトランケーションを使った形で検索式を書くと


ccl/901/$ or ccl/74/469 or ccl/118/323 or ccl/219/125.1 or ccl/294/106
 or ccl/294/86.4 or ccl/294/88 or ccl/318/568.11 or ccl/414/4 or 
ccl/414/730 or ccl/414/744.1 or ccl/414/753.1 or ccl/623/57 or 
ccl/623/64 or ccl/700/245 or ccl/700/246 or ccl/700/247 or 
ccl/700/248 or ccl/700/249 or ccl/700/25$ or ccl/700/260 or 
ccl/700/261 or ccl/700/262 or ccl/700/263 or ccl/700/264 or 
ccl/700/900 or ccl/701/23


となります。これを Advanced Search で検索するとエラーメッセージは表示
されず、8,669件の特許がヒットします(2008年1月14日現在)。



━━━━━━━━━━━━━━━━2-5:マクロ動向分析の際の検索式の考え方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さてこれで一安心!と思いたいところですが、今回は企業別の年別件数推移を
算出したいので、検索式としての構成は


   (企業) AND (年) AND (ロボット)

  =(企業) AND (年) AND ((ロボットキーワード) + ロボット分類)


のようになります。今回のメルマガで紹介しているのはロボット分類のパーツ
で、しかも米国特許分類のみのパーツです。その他にもキーワードのパーツも
あればロボット関連の国際特許分類もあります。そう考えると、文字数がオー
バーしてしまいます。


こういった場合、使用する米国特許分類を絞るほかありません。

今回のようにある特定技術分野のマクロ動向を知りたい場合、侵害防止調査・
クリアランス調査とは異なり、モレについてそれほど気にする必要はないと思
います。感覚ですが70-80%程度カバーできていれば、トレンドを見誤ることは
ないでしょう。

それでは、どのように使用する米国特許分類を絞っていくか?というと、それ
ぞれのヒット件数を見ていきます。


  5088件 ccl/901/$
   127件 ccl/74/469
   604件 ccl/118/323
   227件 ccl/219/125.1
   328件 ccl/294/106
   361件 ccl/294/86.4
   598件 ccl/294/88
   572件 ccl/318/568.11
   138件 ccl/414/4
   309件 ccl/414/730
    55件 ccl/414/744.1
    94件 ccl/414/753.1
    69件 ccl/623/57
    63件 ccl/623/64
  1255件 ccl/700/245 or ・・・ or ccl/700/249
  1428件 ccl/700/25$
   755件 ccl/700/260 or ・・・ or ccl/700/264
    60件 ccl/700/900
   750件 ccl/701/23


クラス定義が「ロボット」である901が全8,669件中約60%を占めています。
またDATA PROCESSING(データ処理)のクラスである700もまとまった件数があり
ます。クラス901と700のところだけを取り出してみると、


ccl/901/$ or ccl/700/245 or ccl/700/246 or ccl/700/247 or ccl/700/248
 or ccl/700/249 or ccl/700/25$ or ccl/700/260 or ccl/700/261
 or ccl/700/262 or ccl/700/263 or ccl/700/264


となり、検索してみると6,282件となります。全8,669件中約72%になります。
マクロ的な特許出願動向を見るのであれば、これで十分でしょう。



※USPTOのデータベースでは文字数の制限があるので、米国特許分類を削って
 いますが、文字数の制限がなければ上記の分類を全て使った方が良いです

※本当はロボット関係で重要な分類である318/568.11以下の下位分類も含める
 とさらに良いでしょう(以下参照)

 ccl/901/$ or ccl/700/245 or ccl/700/246 or ccl/700/247 or ccl/700/248
 or ccl/700/249 or ccl/700/25$ or ccl/700/260 or ccl/700/261
 or ccl/700/262 or ccl/700/263 or ccl/700/264 or ccl/318/568$
                         ~~~~~~~~~~~~

 下線を付した318/568$を入れると7,136件(全8,669件中約82%になります)

※701/23が750件とある程度まとまった件数がありますが、使っていません。
 実は701/23は「Automatic route guidance vehicle」という定義でいわゆる
 今回対象として考えているロボットではなかったため除外しています。


次回はこれまで作成してきた「キーワード」、「特許分類」のパーツと企業名
および年を組み合わせて検索式を作成し、各社の件数推移を算出しましょう。



3:特許検索の鉄則━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本号の解説の中から3つを特許検索の鉄則としてまとめます。


■特許検索の鉄則111

 米国特許庁データベースにおいて、米国特許分類UPCのクラスベースで
 特許検索を行いたい場合は

        CCL/クラス/$  例:CCL/901/$

 で調べる($:トランケーション)


■特許検索の鉄則112

 米国特許庁データベースにおいて、米国特許分類のサブクラス部分にも
 トランケーションが利用できる

 例:トランケーションを利用しない場合
 ccl/318/568.1 or ccl/318/568.11 or ccl/318/568.12 or ccl/318/568.13
 or ccl/318/568.14 or ccl/318/568.15 or ccl/318/568.16
 or ccl/318/568.17 or ccl/318/568.18 or ccl/318/568.19
 or ccl/318/568.2 or ccl/318/568.21 or ccl/318/568.22
 or ccl/318/568.23 or ccl/318/568.24 or ccl/318/568.25

 例:トランケーションを利用した場合
 ccl/318/568$


■特許検索の鉄則113

 USPTOのAdvanced Searchでは検索式の文字数が多すぎると検索できない


メルマガ登録・解除 ID: 0000194221
特許電子図書館を使った[特許検索のコツ]

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2008-01-20 : 更新