e-patent > メールマガジン > 欧州特許検索入門 > esp@cenet 上級編 (3) 特許国籍(出願人国籍)を使った特許分析

Vol.058(2008-05-12)


━ Vol.059━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━読者数: 1026名━

無料でできる!

       特許電子図書館を使った【特許検索のコツ】

                    http://www.e-patentsearch.net/
                    http://www.e-特許検索.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2008.05.12━


【本号のテーマ】

 esp@cenet 上級編 (3)

         特許国籍(出願人国籍)を使った特許分析




■Contents━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 1:特許検索のネタ

 2:パテントファミリー・データベースによる特許分析(2)
  2-1: 特許の国籍(出願人国籍)を使った特定企業・特定技術領域分析方法
  2-2: 特定技術領域のパテントファミリー分析
  2-3: 特定企業のパテントファミリー分析
  2-4: 次回以降のメルマガについて

 3:特許検索の鉄則



1:特許検索のネタ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Vol.53からVol.56まで欧州特許検索入門「特定技術分野の出願動向を調べる」
ということで、ヨーロッパ特許庁データベースのesp@cenetを使った特許検索
方法について解説してきました。


Vol.57からはesp@cenetの上級編ということで、esp@cenetを使ったもう少し
複雑な検索の方法を紹介しています。


今回はesp@cenet 上級編の最後回として、前回紹介した特許の国籍(出願人国
籍)を使って特定企業・特定技術領域の分析を行う方法を解説します。




2: パテントファミリー・データベースによる特許分析(2)━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━2-1:特許の国籍(出願人国籍)を使った特定企業・特定技術領域分析方法


esp@cenetで特許の国籍を使った分析の基本は「優先権番号」です。


esp@cenetのAdvanced Search

http://ep.espacenet.com/advancedSearch?locale=en_EP

esp@cenetのAdvanced Searchの検索項目には


 発明の名称     Keyword(s) in title
 発明の名称・要約  Keyword(s) in title or abstract
 公開番号      Publication number
 出願番号      Application number
 優先権番号     Priority number
 公開日       Publication date
 出願人       Applicant(s)
 発明者       Inventor(s)
 欧州特許分類(ECLA) European Classification (ECLA)
 国際特許分類(IPC)  International Patent Classification (IPC)


があります。ここの「Priority number」を使用します。


日本国籍の特許を調べたいのであれば「Priority number」にJPを、米国国籍
の特許を調べたいのであれば「Priority number」にUSを入力します。


例えば、


    「2007年に発行された特許で、ドイツ国籍の特許」


であれば、


  Keyword(s) in title
  Keyword(s) in title or abstract
  Publication number
  Application number
◎ Priority number: DE
◎ Publication date: 2007
  Applicant(s)
  Inventor(s)
  European Classification (ECLA)
  International Patent Classification (IPC)


のように「Priority number」と「Publication date」にそれぞれDEと2007を
入力します(ヒット件数が多すぎますが・・・)。


あとはこの応用です。例えば先ほどの例題を


    「2007年に発行された中国特許で、ドイツ国籍の特許」
              ~~~~~~~~

としたらどうでしょう?「中国特許」に限定するので、


  Keyword(s) in title
  Keyword(s) in title or abstract
◎ Publication number: CN
  Application number
◎ Priority number: DE
◎ Publication date: 2007
  Applicant(s)
  Inventor(s)
  European Classification (ECLA)
  International Patent Classification (IPC)


のように「Publication number」にCNを入力します。


また


 「2007年に発行されたハイブリッド車関連特許で、ドイツ国籍の特許」
           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

としたらどうでしょう?「ハイブリッド車特許」に限定するので、IPCで
ハイブリッド車関連IPC・B60Wを使って


  Keyword(s) in title
  Keyword(s) in title or abstract
  Publication number
  Application number
◎ Priority number: DE
◎ Publication date: 2007
  Applicant(s)
  Inventor(s)
  European Classification (ECLA)
◎ International Patent Classification (IPC): B60W


のように「IPC」にB60Wを入力します。


以上が特許の国籍(出願人国籍)を使った特定企業・特定技術領域分析の基本と
なります。それでは実際に、例を通じて見ていきましょう。



━━━━━━━━━━━━━━━2-2:特定技術領域のパテントファミリー分析


先ほどの例でも挙げたハイブリッド車関連特許(IPC:B60W)の国籍別分析を見て
いきましょう。具体的には、2007年に発行された日本・米国・欧州(EP,DE,FR,
GB)・中国・韓国特許の国籍別分布を分析していきます。


まずExcelで以下のようなシートを準備します。


             優先権主張国(国籍)
    ---------------------------------------------------------
       | 総計 | JP | US | 欧州 | CN | KR |
    ---------------------------------------------------------
    総計 | A  |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
 発行 JP  | A  |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
    US  | A  |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
    欧州 | A  |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
    CN  | A  |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
    KR  | A  |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------

                         ※欧州:EP,DE,FR,GB

縦方向は発行件数になります。Aの部分を検索する場合、


  Keyword(s) in title
  Keyword(s) in title or abstract
◎ Publication number: なし, JP, US, 欧州, CN, KR
  Application number
  Priority number
◎ Publication date: 2007
  Applicant(s)
  Inventor(s)
  European Classification (ECLA)
◎ International Patent Classification (IPC): B60W


のように検索します。これで2007年に発行された各国別のハイブリッド車関連
特許件数が分かります。


             優先権主張国(国籍)
    ---------------------------------------------------------
       | 総計 | JP | US | 欧州 | CN | KR |
    ---------------------------------------------------------
    総計 | 3706 |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
 発行 JP  | 1491 |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
    US  |  342 |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
    欧州 |  988 |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
    CN  |  210 |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
    KR  |  225 |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------

                         ※欧州:EP,DE,FR,GB
                         ※2008/5/11検索実施

さて次に各優先権主張国(国籍)別の検索ですが、これも単純です。


  Keyword(s) in title
  Keyword(s) in title or abstract
◎ Publication number: なし, JP, US, 欧州, CN, KR
  Application number
◎ Priority number: JP, US, 欧州, CN, KR
◎ Publication date: 2007
  Applicant(s)
  Inventor(s)
  European Classification (ECLA)
◎ International Patent Classification (IPC): B60W


のように「Priority number」のところに各優先権主張国の国コードを入れて
いきます。それぞれ検索していくと最終的に以下のような表が完成します。


             優先権主張国(国籍)
    ---------------------------------------------------------
       | 総計 | JP | US | 欧州 | CN | KR |
    ---------------------------------------------------------
    総計 | 3706 | 2203 | 289 | 880 | 67 | 189 |
    ---------------------------------------------------------
 発行 JP  | 1491 | 1382 |  17 |  76 |  0  |  9 |
    ---------------------------------------------------------
    US  |  342 | 169 |  98 |  79 |  0 |  8 |
    ---------------------------------------------------------
    欧州 |  988 | 327 | 109 | 543 |  1 |  5 |
    ---------------------------------------------------------
    CN  |  210 | 111 |  13 |  18 | 64 |  3 |
    ---------------------------------------------------------
    KR  |  225 |  43 |  3 |  16 |  0 | 162 |
    ---------------------------------------------------------

                         ※欧州:EP,DE,FR,GB
                         ※2008/5/11検索実施


さて、この表からどんなことが分かるのでしょうか?


まず、

             優先権主張国(国籍)
    ---------------------------------------------------------
       | 総計 | JP | US | 欧州 | CN | KR |
    ---------------------------------------------------------
    総計 | 3706 | 2203 | 289 | 880 | 67 | 189 |
    ---------------------------------------------------------


に着目すると、2007年に発行されたハイブリッド車関連特許約3700件のうち、
約3分の2が日本国籍であることが分かります。これからハイブリッド車関連の
研究開発・特許出願では日本が他国よりも先行していると言えます。


次に優先権主張国CN・KRのデータに着目してみましょう。


             優先権主張国(国籍)    ↓   ↓
    ---------------------------------------------------------
       | 総計 | JP | US | 欧州 | CN | KR |
    ---------------------------------------------------------
    総計 | 3706 | 2203 | 289 | 880 | 67 | 189 |
    ---------------------------------------------------------
 発行 JP  | 1491 | 1382 |  17 |  76 |  0  |  9 |
    ---------------------------------------------------------
    US  |  342 | 169 |  98 |  79 |  0 |  8 |
    ---------------------------------------------------------
    欧州 |  988 | 327 | 109 | 543 |  1 |  5 |
    ---------------------------------------------------------
    CN  |  210 | 111 |  13 |  18 | 64 |  3 |
    ---------------------------------------------------------
    KR  |  225 |  43 |  3 |  16 |  0 | 162 |
    ---------------------------------------------------------


2007年発行のハイブリッド車関連特許のうち中国国籍のものは67件、韓国国籍
のものは189件あります。これらがどこの国で特許として発行されているか見る
と、中国の場合はほとんどが中国で発行されています(67件中64件)。中国国籍
の特許は日本・米国では発行されていません。また韓国国籍の特許も0件では
ありませんが、他国への出願はあまり積極ではないことが見て取れます。


日本企業は日本への出願が多いのは当たり前ですが、海外へも積極的に出願し
ていることが上記のグラフから読み取れます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━2-3:特定企業のパテントファミリー分析


特定技術領域ではなく、特定企業の国籍別分析を実施したい場合はIPCでは
なく出願人の項目を利用します。具体例としてサムスン(SAMSUNG)の2007年
発行特許について国籍別分析を適用してみましょう。


  Keyword(s) in title
  Keyword(s) in title or abstract
◎ Publication number: なし, JP, US, 欧州, CN, KR
  Application number
  Priority number
◎ Publication date: 2007
◎ Applicant(s): SAMSUNG
  Inventor(s)
  European Classification (ECLA)
  International Patent Classification (IPC)


途中まで完成させた表が以下になります。


             優先権主張国(国籍)
    ---------------------------------------------------------
       | 総計 | JP | US | 欧州 | CN | KR |
    ---------------------------------------------------------
    総計 | 41453 | 409 | 2740 | 204 | 314 | 39224|
    ---------------------------------------------------------
 発行 JP  | 3206 |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
    US  | 7656 |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
    欧州 | 3292 |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
    CN  | 4945 |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------
    KR  | 20836 |   |   |   |   |   |
    ---------------------------------------------------------

                         ※欧州:EP,DE,FR,GB
                         ※2008/5/11検索実施


これだけ見ても、韓国国籍の特許が多いのは当然としても、日本・米国・欧州
・中国それぞれの国籍の特許が存在していることから、現地の研究所等の成果
をそれぞれの国で特許出願していると考えることができます。


残りのブランクの部分はぜひとも演習も兼ねて、自分で検索してください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2-4:次回以降のメルマガについて


次回からは「特許電子図書館IPDLを使った"特許検索再入門"」と題して、久々
に日本特許検索シリーズを開始します。振り返ると、昨年8月以降ずっと米国
・欧州特許検索について解説してきました。

4月に知的財産部門に所属されて新たにこのメルマガを登録していただいた方
もいらっしゃると思いますので、その方々へは次回からのシリーズで特許検索
の基礎・基本を学んでいただきたいと思います。

これまでずっと本メルマガをご購読いただいている読者の方々にも新たな発見
があるように、新しい情報をを盛り込んでいきますので、お楽しみに。



3:特許検索の鉄則━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これまでの特許検索の鉄則から2つを再掲、
本号の解説の中から2つを特許検索の鉄則としてまとめます。


■特許検索の鉄則130
 優先権番号データから特許の国籍(出願人国籍)が分かる


■特許検索の鉄則131
 特許の国籍(出願人国籍)から特定技術領域の
                 国別の競争力を読み取ることができる


■特許検索の鉄則132
 特許国籍を使った特定技術領域分析では以下の項目を利用する

    Keyword(s) in title
    Keyword(s) in title or abstract
  ◎ Publication number ※国コードを入力
    Application number
  ◎ Priority number   ※国コードを入力
  ◎ Publication date  ※年4桁を入力
    Applicant(s)
    Inventor(s)
    European Classification (ECLA)
  ◎ International Patent Classification (IPC)


■特許検索の鉄則133
 特許国籍を使った特定企業分析では以下の項目を利用する

    Keyword(s) in title
    Keyword(s) in title or abstract
  ◎ Publication number ※国コードを入力
    Application number
  ◎ Priority number   ※国コードを入力
  ◎ Publication date  ※年4桁を入力
  ◎ Applicant(s)    ※出願人名を英語で入力
    Inventor(s)
    European Classification (ECLA)
    International Patent Classification (IPC)




メルマガ登録・解除 ID: 0000194221
特許電子図書館を使った[特許検索のコツ]

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2008-05-19 : 更新