Vol.69(2008-11-25)


━ Vol.069━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━読者数: 1149名━

無料でできる!

       特許電子図書館を使った【特許検索のコツ】

                    http://www.e-patentsearch.net/
                    http://www.e-特許検索.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2008.11.25━


【本号のテーマ】

 特許電子図書館IPDLを使った「特許検索再入門」(9)


           検索項目の探し方(その3)



■Contents━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1:特許検索のネタ

 2: 検索項目の探し方(その3)
  2-1: 検索項目の探し方の順番
  2-2: 特許分類を探すためのサイト(1)
  2-3: 特許分類を探すためのサイト(2)
  2-4: 特許分類を探すためのサイト(3)

 3:特許検索の鉄則

 ◇ショートカット



1:特許検索のネタ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Vol.60から新シリーズ 特許電子図書館IPDLを使った「特許検索再入門」 を始
めました。新たに知財部門や知財担当として配属された方々には、このシリー
ズでイチから特許検索のコツ・テクニックを学んでいただければと思います。


Vol.63からトヨタ自動車が発表した太陽光発電を搭載したハイブリッド車「プ
リウス」を例題として設定しています。


ハイブリッド車「プリウス」、太陽光発電を搭載 トヨタ
出所:NIKKEI.NET

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080707AT1D0600F06072008.html

今回の状況設定として、あなたはABC自動車の知的財産部員とします。
技術者の方から、以下のように頼まれました。


  ハイブリッド自動車の屋根にカーエアコン駆動用電源として
  太陽光発電を利用するシステムを発明をした。
  自分でキーワード検索で特許調査を行ったが、
  他の自動車メーカーからは類似の特許出願はされていないので、
  是非とも日本・米国・欧州へ特許出願を行いたい。


前々から検索項目の探し方について解説しています。今回は「その3」です。
前々回・前回とキーワードの探し方を見てきました。今回から複数回にわた
って特許分類の探し方を解説します。



2: ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━検索項目の探し方(その3)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2-1:検索項目の探し方の順番


復習になりますが、前々回の特許検索の鉄則148で、 検索項目(キーワード・
特許分類)の探し方の順番について


■特許検索の鉄則148
 検索項目(キーワード・特許分類)の探し方の順番は

 1)キーワード (ラフに)
 2)特許分類
 3)キーワード・特許分類 (補足・追加)

 とすると効率的である


と解説しました。なぜならば、特許分類を探すのは特許分類の定義文のキーワ
ード検索を行っていることと同じだからです(以下の特許検索の鉄則参照)。

よって、始めに特許分類を探すためにもキーワードをラフに洗い出すことが重
要であるという話をしました。


■特許検索の鉄則019 (再掲)
 キーワードからIPC(またはFIやFターム)を探すことは、IPCの説明・定義の
 キーワード検索をしていることと同じ。


前回まででキーワードの洗い出し方を解説しましたので、今回から特許分類の
探し方に入りたいと思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━2-2:特許分類を探すためのサイト(1)


みなさんはどうやって特許分類を探していますか?


お勤めの会社で契約している商用データベースに特許分類を探すための機能が
搭載されているかもしれませんが、このメルマガで紹介するのはすべて無料の
サイトです。


 ※今回は特許分類を探すためのサイトを紹介します。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  具体的な使い方は次回以降解説していきます。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


まずは古典的なサイトを2つ紹介します。


 パテントマップガイダンス
 http://www5.ipdl.inpit.go.jp/pmgs1/pmgs1/pmgs

 PATOLISサーチガイド
 http://search.p4.patolis.co.jp/


パテントマップガイダンスは特許電子図書館IPDLのメニューの中の1つです。
IPC・FI・Fタームを調べることが可能です。調べ方も

 ・知っている分類から定義を探す
 ・キーワードから分類を探す

の2つのアプローチが可能です。


PATOLISサーチガイドは商用データベースPATOLISを提供しているパトリスが
提供しているサイトです。商用データベースPATOLISを使っていなくても無料
で使うことができます。

もちろん、PATOLIS用のサイトなので、PATOLIS独自の検索項目である技術用語
(フリーキーワード)や広域分類・固定キーワードなどを探す機能があります。

このPATOLIS独自の検索項目はこのメルマガでは関係ありませんので、説明は
省略させていただきます。どういった項目なのか気になる方は


 PATOLISマニュアル
 http://www.patolis.co.jp/manual/index.html


で調べてみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━2-3:特許分類を探すためのサイト(2)


上述したパテントマップガイダンス・PATOLISサーチガイドは、


        定義(キーワード) ⇔ 特許分類


の相互検索が可能なサイトです。


これしか特許分類を探す方法はないのでしょうか?


実はもっと効率的で簡単な方法があるんです。


それは調べたい特許の集合を作って、


       特許分類のランキングを算出してしまう


方法です。例えば今回であれば「ハイブリッド自動車」という特許の母集合を
キーワードだけで形成します。その集合に含まれている特許分類のランキング
を統計解析で算出すれば良いのです。


そうは言っても、ランキング出すのって有料なのでは・・・?と思うかもしれ
ません。しかし無料でも特許分類ランキングを算出することができるサイトが
あるのです。


 かんたん特許検索
 http://kantan.nexp.jp/
 ・IPCランキング算出可能
 ・IPCサブクラス・メイングループ・サブグループでの算出可能
 ・筆頭IPC・全IPCのランキング算出可能
 ・IPCの階層・説明文が表示

 WIPO・PATENTOSCOPE(R)
 http://www.wipo.int/pctdb/en/
 ・対象はPCT出願(WO特許)
 ・検索結果一覧表示画面の「App. Num」の上にGraphical view of search
  resultsというアイコン(右上に伸びていくグラフのようなアイコン)を
  クリックすると
  −公開年別件数推移
  −出願国籍
  −出願人名
  −IPCサブクラス
  の統計解析結果が表示
  ※結果サンプル < http://tinyurl.com/6mfrqr >

 CNIPR
 http://english.cnipr.com/enpat/index.htm
 ・対象は中国特許・実用新案
 ・検索結果一覧表示画面の上にある「Statistics」をクリックすると
  −IPCクラス・サブクラス・メイングループ・サブグループ
  −出願国籍
  の統計解析結果が表示


WIPO・PATENTOSCOPE(R)やCNIPRは対象特許が日本特許ではありません。英語の
キーワードがいくつかすぐに思いつくようであれば、使ってみても良いと思い
ます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━2-4:特許分類を探すためのサイト(3)


さて、おおきく2つのアプローチによる特許分類を探すためのサイトを紹介
してきました。最後に最も簡単かつ効率的に特許分類を探すことができるサイ
トを紹介します。


それは、既に存在している資料を使う、ということです。


特許庁やその外郭団体では以下のような資料を発行しています。


 特許庁
 ・特許検索ハンドブック
 http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pat_guidebook.htm
 ・よく分かるIPC(図説IPC)
 http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/kokusai_t/ipckaisetu.htm
 ・技術分野別マップ
 http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/tokumap.htm

 工業所有権情報・研修館
 ・特許流通支援チャート
 http://www.ryutu.inpit.go.jp/chart/tokumapf.htm


特許検索ハンドブックは特許庁審査官が先行技術調査を行うために取りまとめ
ていたサーチハンドブックというものを外部向けにまとめた資料です。

ある技術に関連する特許分類だけではなく、キーワードについても掲載されて
います。もしも調べたい技術について特許検索ハンドブックにあるのであれば
特許庁審査官が既に見つけている特許分類を使った方が効率的ですし、さらに
モレがなく安全です。


よく分かるIPC(図説IPC)についてはウェブ上で閲覧できるのは、9つ
しかありませんが、それでも役に立ちます。よく分かるIPC(図説IPC)
はその名のとおりIPCが技術俯瞰図とセットで説明されています。

例えばデジタルカメラのシステム管理部であれば

http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/kokusai_t/digicame/chapt4.html

のように回路図とIPCを対比させているので、視覚的で非常に分かりやすく
なっています。


特許庁の技術分野別マップや工業所有権情報・研修館の特許流通支援チャート
は、いわゆる「パテントマップ」と呼ばれるものです。特許分類を探すのに
パテントマップ?と思われるかもしれませんが、これらの報告書の中には、
どういった特許分類を使って分析したかバッチリ掲載してあるんです。


技術分野別マップでは後半に「第×章 特許情報へのアクセス方法」という
項があります。この項に特許分類や検索式が掲載されています。

※平成9年度・機械5 電気的駆動弁
 4.4 「電気的駆動弁」のアクセスツール
 http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/map/kikai05/4/4-4.htm


特許流通支援チャートでは「××の特許情報へのアクセス 」という項がある
はずです。この項を見れば特許分類(IPC・FI・Fターム)が分かります。

※平成13年度・機械1 車いす
 1.2 車いすの特許情報へのアクセス
 http://www.ryutu.inpit.go.jp/chart/H13/kikai01/1/pdf/1-2-1.pdf


特許庁が発行している「特許出願技術動向調査報告」というパテントマップも
あるのですが、こちらは残念ながらウェブサイトに公開されている要約版では
特許分類が掲載されていません。

発明協会から販売されている書籍・CD-ROMに収まっている本編を購入すれば、
資料編に掲載されてる特許分類を見ることができます。ここ数年はCD-ROMで
販売されているのですが、いろいろな資料が入って6000円程度ですから、是非
とも毎年購入することをオススメします。



今回は特許分類を探すためのサイトについて紹介しました。次回からは、今回
紹介したサイトを使って、どのように特許分類を探していくか解説していきた
いと思います。



3:特許検索の鉄則━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前の特許検索の鉄則3つを再掲し、本号の解説の中から2つを特許検索の鉄則
としてまとめます。


■特許検索の鉄則148 (再掲)

 検索項目(キーワード・特許分類)の探し方の順番は

 1)キーワード (ラフに)
 2)特許分類
 3)キーワード・特許分類 (補足・追加)

 とすると効率的である


■特許検索の鉄則019 (再掲)

 キーワードからIPC(またはFIやFターム)を探すことは、IPCの説明・定義の
 キーワード検索をしていることと同じ。


■特許検索の鉄則018 (再掲)

 キーワードから特許分類を選ぶツールとしては

   パテントマップガイダンス
   PATOLISサーチガイド

 がある。


■特許検索の鉄則151

 特許集合のランキングから特許分類を探すツールとしては

   かんたん特許検索
   WIPO・PATENTSCOPE(R)
   CNIPR

 などがある。


■特許検索の鉄則152

 特許分類を探す際に、以下のサイトに掲載されている資料を探して、
 これから調べようとしているテーマに関する資料がないか確認する

   特許検索ハンドブック
   よく分かるIPC(図説IPC)
   技術分野別マップ
   特許流通支援チャート



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ショートカット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ショートカットでは、メルマガ内で説明したウェブサイトへの
リンクをまとめています

・パテントマップガイダンス

http://www5.ipdl.inpit.go.jp/pmgs1/pmgs1/pmgs

・PATOLISサーチガイド

http://search.p4.patolis.co.jp/

・PATOLISマニュアル

http://www.patolis.co.jp/manual/index.html

・かんたん特許検索

http://kantan.nexp.jp/

・WIPO・PATENTOSCOPE(R)

http://www.wipo.int/pctdb/en/

・CNIPR

http://english.cnipr.com/enpat/index.htm

・特許検索ハンドブック

http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pat_guidebook.htm

・よく分かるIPC(図説IPC)

http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/kokusai_t/ipckaisetu.htm

・技術分野別マップ

http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/tokumap.htm

・特許流通支援チャート

http://www.ryutu.inpit.go.jp/chart/tokumapf.htm

メルマガ登録・解除 ID: 0000194221
特許電子図書館を使った[特許検索のコツ]

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2008-12-20 : 更新