e-patent > コラム > ニュースな特許 > 慶応大学発ベンチャーのスパイバーの特許

作成日:2013年5月25日

 
今日の日本経済新聞に下記のような記事が取り上げられていました。
 

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO55429530U3A520C1TJ1000/

 

 

http://www.spiber.jp/

https://www.youtube.com/watch?v=jzDwcNliXV8

 

 
記事の中で、特許出願についても触れられており
 

スパイバーは07年9月に設立。慶大先端生命科学研究所(鶴岡市)で学生だった関山和秀社長らがクモ糸の特性に注目し、新たなバイオ素材と位置づけて量産技術を開発してきた。海外でも研究機関を中心に実用化に向けた開発が進むものの、基礎研究の段階にとどまるという。スパイバーは既に関連技術を含めて16件の特許を出願している。

 
とのこと。さっそく、特許電子図書館IPDLでスパイバーの特許を調べてみました。特許電子図書館の公報テキスト検索を使って、出願人/権利者にスパイバーと入力して検索してみます。
 

http://www7.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0000=108

 

 
すると、下記の特許がヒットします。
 

  1. 特開2013-096037 人造ポリペプチド極細繊維及びその製造方法 スパイバー株式会社
  2. 特表2012-531889 スパイダーシルクタンパク質の重合体を産生する方法 スパイバー テクノロジーズ アーベー
  3. 特表2009-521921 クモ糸タンパク質およびクモ糸タンパク質の生産方法 スパイバー・テクノロジーズ・アーベー
  4. 再表2010/086990 DNAタグの構築方法 スパイバー株式会社

 
1件目と4件目は日経でも取り上げられていたスパイバー株式会社なのですが、スパイバーという名前で別の会社があることが判明。しかも2件目・3件目の発明の名称を見ると「スパイダーシルクタンパク質の重合体を産生する方法」、「クモ糸タンパク質およびクモ糸タンパク質の生産方法」とあるので、慶応大学発ベンチャーのスパイバーと同じくクモ糸をつくるための特殊なたんぱく質を研究開発している会社であることが分かります。
 
ひょっとすると関連会社?と思って、「spiber technologies ab」でGoogle検索して会社ウェブサイト見てみます。
 

http://www.spiber.se/

 

 
企業概要などを確認しましたが、まったくの別会社のようです(おたがい存在は知っていると思うのですが)。
 
ここで気になるのは、あれ?スパイバー株式会社って2件しか出願公開されていないのか、少ないなぁ~?ということ。でも、ベンチャー企業、新テクノロジーによくあるのは、直接PCT出願するケースです。直接PCT出願をすると、日本で公開(正確に言うと日本に国内移行されて再公表公報が出る)のが出願から2~3年ほど遅れます。ひょっとするとダイレクトでPCT出願しているかもしれない?と疑う必要があります。
 
そこで、日本特許だけではなくWO特許(PCT出願)も収録しているデータベースEspacenetで調べてみます。
 

 
Smart Searchで「Spiber」で入力しても良いですし、Advanced SearchのApplicant(s):に「Spiber」と入力しても大丈夫です。検索すると下記の11件がヒットします。
 
1. METHODS AND COMBINATION
Inventor:JOHANSSON JAN [SE], RISING ANNA [SE] (+3)
Applicant:SPIBER TECHNOLOGIES AB [SE] , JOHANSSON JAN [SE] (+4)
CPC:A61L27/227, A61L27/3804, A61L27/3834, (+16)
IPC: C12N5/071, C12N5/0735, C12N5/0789, (+1)
Publication info: US2013115698 (A1) , 2013-05-09
Priority date: 2010-04-12

 

2. Spider silk fusion protein structures for binding to an organic target
Inventor: HEDHAMMAR MY , JOHANSSON JAN (+2)
Applicant: SPIBER TECHNOLOGIES AB
CPC: A61K47/48169, A61K47/48369, B01D15/3804, (+10)
IPC: A61K47/48, B01D15/38, C07K14/435, (+1)
Publication info: AU2011322657 (A1) , 2013-05-02
Priority date: 2010-10-27

 

3. PROTEIN SOLUTION AND PRODUCTION METHOD FOR PROTEIN FIBER USING SAME
Inventor: SUGAHARA JUNICHI , SEKIYAMA KAZUHIDE (+4)
Applicant: SPIBER INC [JP]
CPC:
IPC: C07K14/435, D01F4/02, C12N15/09
Publication info: WO2013065651 (A1), 2013-05-10
Priority date: 2011-11-02

 

4. POLYPEPTIDE SOLUTION, ARTIFICIAL POLYPEPTIDE FIBER PRODUCTION METHOD USING SAME, AND POLYPEPTIDE REFINING METHOD
Inventor: SUGAHARA JUNICHI , SEKIYAMA KAZUHIDE (+5)
Applicant: SPIBER INC [JP]
CPC:
IPC: C07K14/435, D01D5/04, D01F4/02, (+1)
Publication info: WO2013065650 (A1), 2013-05-10
Priority date: 2011-11-02

 

5. PROTEIN FIBER AND METHOD FOR PRODUCING SAME
Inventor: SEKIYAMA KAZUHIDE, YOKOO YOSHIHARU (+2)
Applicant: SPIBER INC [JP] , SEKIYAMA KAZUHIDE (+3)
CPC: D01D5/06, D01F4/02, D02G3/02, (+3)
IPC: D01D5/06, D01F4/02, D02G3/02, (+4)
Publication info: WO2012165477 (A1), 2012-12-06
Priority date: 2011-06-01

 

6. ARTIFICIAL POLYPEPTIDE FIBER AND METHOD FOR PRODUCING SAME
Inventor: SEKIYAMA KAZUHIDE, SEKIYAMA KAORI (+3)
Applicant: SPIBER INC [JP] , SEKIYAMA KAZUHIDE (+4)
CPC: D01F4/02, D01F6/68
IPC: D01D5/06, D01F4/00, C12P21/02
Publication info: WO2012165476 (A1), 2012-12-06
Priority date: 2011-06-01

 

7. SPIDER SILK PROTEINS AND METHODS FOR PRODUCING SPIDER SILK PROTEINS
Inventor: JOHANSSON JAN [SE] , HJAELM GOERAN [SE] (+5)
Applicant: SPIBER TECHNOLOGIES AB [SE]
CPC: C07K14/43518, D01F4/00
IPC: C07K1/00, C07K14/00
Publication info: US8278416 (B1) , 2012-10-02 , US2012264914 (A1) , 2012-10-18
Priority date: 2005-12-30

 

8. PRODUCTION OF PROTEINS AND POLYPEPTIDES
Inventor: JOHANSSON JAN [SE] , RISING ANNA [SE] (+2)
Applicant: SPIBER TECHNOLOGIES AB [SE] , JOHANSSON JAN [SE] (+3)
CPC: C07K14/43518, C12N15/62
IPC: C07K19/00, C12N15/62, C12N9/96, (+1)
Publication info: US2013065278 (A1) , 2013-03-14
Priority date: 2010-03-18

 

9. METHOD OF PRODUCING POLYMERS OF SPIDER SILK PROTEINS
Inventor: JOHANSSON JAN [SE] , HEDHAMMAR MY [SE] (+2)
Applicant: SPIBER TECHNOLOGIES AB C O RISING [SE]
CPC: C07K14/43518
IPC: C07K1/14, C07K14/435, C12P21/00
Publication info: US2012041177 (A1) , 2012-02-16
Priority date: 2009-04-22

 

10. Methods of producing polymers of spider silk proteins
Inventor: JOHANSSON JAN [SE] , RISING ANNA [SE] (+1)
Applicant: SPIBER TECHNOLOGIES AB [SE]
CPC: C07K14/43518, C07K2319/00, D01F4/00
IPC: C07K14/435, C12N15/62, D01F4/00
Publication info: EP2243792 (A1) , 2010-10-27
Priority date: 2009-04-22

 

11. METHOD OF MAKING DNA TAG
Inventor: SUGAHARA JUNICHI [JP] , SEKIYAMA KAZUHIDE [JP]
Applicant: SPIBER INC [JP]
CPC: C12N15/1065, G06F19/22
IPC: C07H21/04, C12N1/15, C12N1/19, (+8)
Publication info: US2011281273 (A1) , 2011-11-17
Priority date: 2009-01-29

 

タイトル(発明の名称)だけですが、3件目・4件目

 

3. PROTEIN SOLUTION AND PRODUCTION METHOD FOR PROTEIN FIBER USING SAME / タンパク質溶液及びこれを用いたタンパク質繊維の製造方法

 

4. POLYPEPTIDE SOLUTION, ARTIFICIAL POLYPEPTIDE FIBER PRODUCTION METHOD USING SAME, AND POLYPEPTIDE REFINING METHOD / ポリペプチドの溶液とこれを用いた人造ポリペプチド繊維の製造方法及びポリペプチドの精製方法

 

が日経の記事に関連する特許かと考えられます(上記にはWIPO Patentscopeへのリンクを貼ってありますので、日本語で内容をご確認いただけます)。

 

技術的な詳細については触れませんが、ベンチャー企業の特許出願を確認する際のコツとしては

 

  • ダイレクトにPCT出願または海外出願している可能性があるので、IPDLだけではなくEspacenetでも調べる
  • 企業名だけではなく社長・CTO(最高技術責任者)などを使っても補足で調べる

 
の2点が重要です。2点目は特に今回実施していませんが、ベンチャー企業の出願にはありがちです。

 

このようなニュースを見るとうれしくなります。新しい技術でベンチャー企業が出てきて(もちろん大企業も新技術の研究開発に成功して)、日本が活性化すると良いですね。