e-patent > コラム > 身近な特許・意匠 > 恋愛も仕事もうまくいく!?ヒトフェロモン香水

作成 : 2009.09.22

 

特許関連書籍・知的財産関連書籍の情報についてアップデートするために、Amazonで「特許」というキーワードでちょくちょく検索を行います。

 

いつもは「特許」で検索したら、和書を見るのですが、何気な~く見ていたら”コスメ”というカテゴリがありました。

 

コスメで特許?と思って、見てみると

 

パチュリinスウィートアトラクション(女性用) パチュリinスウィートアトラクション(女性用)

フェロモン香水ラボ
売り上げランキング : 14640

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

にありました。

 

☆ヒトフェロモンとは スウィートアトラクションに含まれているヒトフェロモンは、1987年頃にデービッド・バーライナー博士によって発見され、 大切な人とのコミュニケーションを応援する成分として話題を集めました。 性欲やホルモンの分泌をつかさどる視床下部をダイレクトに刺激、人間の本能に働きかけることが科学的に証明されたことから、 1992年にはアメリカで、翌2000年には日本で特許を取得しています。 内面からの魅力を引き出すことで、異性へのアピールはもちろん、お仕事や友人関係にもお役立ていただけます。

 

なるほど、ヒトフェロモン入りの香水で、そのヒトフェロモン関係で日本でも特許を取得しているんですね。香水は使わないのですが、これを使うと”内面からの魅力を引き出すことで、異性へのアピールはもちろん、お仕事や友人関係にもお役立て”ということですが、効果のほどはいかがなんでしょうかね(笑)

 

さて、それではどういう特許か調べてみます。

 

特許電子図書館・公報テキスト検索で
公報種別:特許公報 (公告、特許)

 

公報全文:ヒトフェロモン

 

公報発行日:2000?

 

で検索すると1件ヒットします。

 

特許3121016 ヒトフェロモンを含有する芳香組成物および他の組成物

 

まさしくそのままの特許ですね。今回はたまたま”ヒトフェロモン”というキーワードでもヒットしましたが、ヒットしない場合は”フェロモン”だけで検索してみるなど工夫する必要があります。
さて特許の内容ですが(クレーム中の化学式イメージは省略)、

 

【発明の名称】ヒトフェロモンを含有する芳香組成物および他の組成物
【出願番号】特願平5-516779
【出願日】平成5年3月22日
【公表番号】特表平6-511039
【公表日】平成6年12月8日
【国際出願番号】PCT/US93/02617
【国際公開番号】WO93/18742
【国際公開日】平成5年9月30日
【特許番号】特許第3121016号
【登録日】平成12年10月20日
【発行日】平成12年12月25日
【特許権者】イーロックス コーポレイション
【特許請求の範囲】
【請求項1】香気物質およびヒトにおけるVNOレセプターを刺激する化合物を含有する非治療的芳香組成物であって、該化合物が、以下の式を有する少なくとも1種類の16-アンドロステンステロイド:

ここで、R1はオキソ、α-(β-)ヒドロキシ、α-(β-)アセトキシ、α-(β-)プロピオノキシ、α-(β-)メトキシ、α-(β-)低級アシルオキシ、α-(β-)低級アルキルオキシ、およびα-(β-)ベンゾイルオキシでなる群から選択される;R2は、水素、ヒドロキシ、アシル、アシルオキシ、アルコキシ、メチル、ヒドロキシメチル、アシルメチル、アシルオキシメチル、アルコキシメチル、低級アルキル、ヒドロキシアルキル、アシルアルキル、アシルオキシアルキル、およびアルコキシアルキルでなる群から選択される;そして「a」および「b」は必要に応じて二重結合に変更し得る部位であり、および、以下の式を有する少なくとも1種類のエストレンステロイド:

ここで、R4は水素、アルキル、オキソ、α-ヒドロキシ、β-ヒドロキシ、スルフェート、シピオネート、アセテート、およびグルクロニドでなる群から選択される;R5は、水素、α-ヒドロキシおよびβ-ヒドロキシからなる群から選択される;R6は、水素、低級アルキル、ベンゾイル、シピオニル、アセチル、グルクロニド、低級アシル、プロピオニル、およびスルフェートでなる群からされる;そして「c」は必要に応じて二重結合である;
を包含し、該化合物が、ヒト被験者において約5mVXS以上のインビボ鋤鼻器官負レセプター結合電位を生じる、非治療的芳香組成物。

 

となっています。機械工学系の私にはチンプンカンプンです・・・・・・
さてこの特許お気づきの通り、PCT出願されているので、米国・日本以外でも特許が成立しているか調べるためにesp@cenetでパテントファミリーを調べてみます。

 

esp@cenetのNumber Searchで”WO9318742”と入力して検索します。その後、表示された書誌・抄録画面の中で”View INPADOC patent family”をクリックします。

 

すると、パテントファミリー一覧が表示されます。そのまま転載すると、

 

1 Fragrance compositions and other compositions which contain human pheromones.
Inventor: BERLINER DAVID [US] Applicant: EROX CORP [US]
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+10)
Publication info: AT174788 (T) — 1999-01-15

 

2 Fragrance compositions and other compositions which contain human pheromones
Inventor: BERLINER DAVID L Applicant: EROX CORP
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+11)
Publication info: AU663946 (B2) — 1995-10-26

 

3 Fragrance compositions and other compositions which contain human pheromones
Inventor: BERLINER DAVID L Applicant: EROX CORP
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+9)
Publication info: AU3928393 (A) — 1993-10-21

 

4 FRAGRANCE COMPOSITIONS AND OTHER COMPOSITIONS WHICH CONTAIN HUMAN PHEROMONES
Inventor: BERLINER DAVID L [US] Applicant: EROX CORP [US]
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+9)
Publication info: CA2109946 (A1) — 1993-09-30
CA2109946 (C) — 1999-11-16

 

5 Fragrance compositions and other compositions which contain human pheromones.
Inventor: BERLINER DAVID [US] Applicant: HUMAN PHEROMONE SCIENCES INC [US]
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+10)
Publication info: DE69322675 (T2) — 1999-07-22

 

6 Fragrance compositions and other compositions which contain human pheromones.
Inventor: BERLINER DAVID [US] Applicant: EROX CORP [US]
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+10)
Publication info: EP0562843 (A2) — 1993-09-29
EP0562843 (A3) — 1994-06-22
EP0562843 (B1) — 1998-12-23

 

7 Fragrance compositions and other compositions which contain human pheromones.
Inventor: BERLINER DAVID [US] Applicant: HUMAN PHEROMONE SCIENCES INC
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+10)
Publication info: ES2127247 (T3) — 1999-04-16

 

8 Fragrance compositions and other compositions containing human pheromones
Inventor: Applicant: EROX CORP [US]
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+10)
Publication info: IL105146 (A) — 1998-07-15

 

9 Fragrance compositions and other compositions which contain human pheromones.
Inventor: Applicant:
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+11)
Publication info: JP6511039 (T) — 1994-12-08
JP3121016 (B2) — 2000-12-25

 

10 FRAGRANCE COMPOSITION AND OTHER COMPOSITION CONTAINING HUMAN PHEROMONE
Inventor: BERLINER DAVID L Applicant: EROX CORP
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+11)
Publication info: JP11241089 (A) — 1999-09-07

 

11 Fragrance compositions and other compositions which contain human pheromones.
Inventor: BERLINER DAVID L [US] Applicant: EROX CORP [US]
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+9)
Publication info: MX9301643 (A1) — 1994-02-28

 

12 Fragrance compositions and other compositions which contain human pheromones
Inventor: BERLINER DAVID L [US] Applicant: EROX CORP [US]
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+9)
Publication info: US5272134 (A) — 1993-12-21

 

13 Fragrance compositions containing human pheromones
Inventor: BERLINER DAVID L [US] Applicant: EROX CORP [US]
EC: C11B9/00E IPC: C11B9/00; C11B9/00; (IPC1-7): A61K7/46
Publication info: US5278141 (A) — 1994-01-11

 

14 FRAGRANCE COMPOSITIONS AND OTHER COMPOSITIONS WHICH CONTAIN HUMAN PHEROMONES
Inventor: BERLINER DAVID L [US] Applicant: EROX CORP [US]
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+9)
Publication info: WO9318742 (A1) — 1993-09-30

 

15 Fragrance compositions and other compositions which contain human pheromones
Inventor: BERLINER DAVID L Applicant: EROX CORP
EC: C11B9/00E IPC: A61K8/00; A61K8/34; A61K8/35; (+9)
Publication info: ZA9302085 (A) — 1994-06-15

 

と15の特許から構成されていることがわかります。太字にした9番目の特許が今回見つけた特許です。日本にはそれ以外にももう1件出願されています(JP11241089)、ですがB公報が出ていないので、登録にはなっていないようです。

 

公報番号の末尾に記載してあるアルファベットを公報種別と呼びます。一般的には

 

A:公開系
B・C:公告・登録系

 

となります。

 

AU663946 (B2)や CA2109946 (C) 、EP0562843 (B1)などは登録公報が発行されているので権利化済であることがわかります。ただしこの一般的なルールに乗らない公報種別もあります。

 

代表的なのが

 

US5272134 (A)
US5278141 (A)

 

です。2つとも公報種別はAですが、これはれっきとした登録特許です。

 

公報種別の一般的なルールを

 

A:公開系
B・C:公告・登録系

 

のように書きましたが、汎用的な書き方をすると

 

A:一次発行公報
B:二次発行公報
C:三次発行公報

 

となります。つまり出願されてから何番目に発行される公報なのか?という観点でA・B・Cが割り振られています。

 

アメリカには昔公開制度がなかったため、第一次発行公報が公開公報ではなく登録公報でした。そのため、公報種別Aでありながら登録特許なのです。

 

あと南アフリカのZA9302085 (A)。

 

南アフリカは未審査登録なので、じつはこれも登録特許です。
さて、ヒトフェロモンの話から公報種別まで話が飛んでしまいましたが、どなたか試してみて効果があったら教えてください。