e-patent > コラム > 身近な特許・意匠 > トステムのCAZAS(カザス)&CAKUS(カクス) (2:CAKUS)

作成 : 2008.09.15

 

前回はICカードキーで入退室できるCAZAS(カザス)に関連する特許について紹介しました。

 

今回はもう1つの框(かまち)内蔵ロックのCAKUS(カクス)に関連する特許について紹介していきたいと思います。

 

前回同様、まずは框内蔵ロック「CAKUS」に関連する特許分類を調べるために、かんたん特許検索を使います。

 

キーワードとして
 

  • 内蔵
  • ロック

 

と入力して検索します。ヒットした集合について筆頭IPCランキングを取ると、以下のIPC・E05B65/08が最も多く付与されていることが分かりました。
 

  • E05B65/00:特殊用途の錠
  • E05B65/08:引き戸用

 

これだと良く分からないので、E05Bのサブクラスについて他にどのような分類があるか検討してみましょう。パテントマップガイダンスまたはPATOLISサーチガイドでE05Bに含まれるそのほかの分類について見てみましょう。
 

  • E05B 1/00 ウイング用のノブまたはハンドル;ウイングに取り付けた錠またはラツチ用のノブ,ハンドルまたは押しボタン
  • E05B 3/00 錠またはラツチ部分へのハンドルの固定
  • E05B 5/00 ウイング表面に完全に入るハンドル
  • E05B 7/00 ウイングと平行な軸に枢着されるハンドル
  • E05B 9/00 錠またはラツチ機構のケ-シング
  • E05B11/00 錠から鍵が外れるのを防ぐ装置
  • E05B13/00 鍵またはハンドルまたはその両者が使用されるのを防ぐ装置
  • E05B15/00 錠のその他の細部;固定装置のボルトに係止する部品
  • E05B17/00 錠に関係ある付属具
  • E05B19/00 鍵;その付属品
  • E05B21/00 ボルトの動きに追従しないタンブラをもつ錠
  • E05B23/00 ボルトの動きに追従するタンブラをもつ錠
  • E05B25/00 特殊なタンブラをもつ錠
  • E05B27/00 タンブラピンまたはタンブラボ-ルをもつシリンダ錠
  • E05B29/00 板タンブラをもつシリンダ錠
  • E05B31/00 タンブラピンまたはタンブラボ-ルと,板タンブラをもつシリンダ錠
  • E05B33/00 ボルトが鍵以外の手段によつて動かされるシリンダ錠
  • E05B35/00 特殊な鍵または複数個の鍵を用いる錠
  • E05B37/00 符号錠;パズル錠
  • E05B39/00 無断解錠の指示を与える錠
  • E05B41/00 鎖錠されているか否かについての可視的表示をもつ錠
  • E05B43/00 時限錠
  • E05B45/00 警報錠
  • E05B47/00 電気または磁気手段による錠またはその他の固定装置の操作または制御
  • E05B49/00 電気符号錠;その回路
  • E05B51/00 他の非機械的手段によつて操作または制御される錠またはその他の鎖錠装置
  • E05B53/00 機械的伝動,例.遠隔操作,による錠の操作または制御
  • E05B55/00 滑動ラツチが鎖錠ボルトとしても使用される錠
  • E05B57/00 枢軸上で回動するラツチが鎖錠手段としても使用される錠
  • E05B59/00 鎖錠ボルトと分離したラツチをもつ錠または複数個のラツチまたは鎖錠ボルトをもつ錠
  • E05B61/00 ラツチ操作の装置をもつその他の錠
  • E05B63/00 特殊な構造的特徴をもつ錠
  • E05B65/00 特殊用途の錠
  • E05B67/00 南京錠;その細部
  • E05B69/00 衣類の鎖錠装置;鎖錠可能の衣類保持具またはハンガ
  • E05B71/00 南京錠以外の特に自転車用の錠
  • E05B73/00 勝手な持運びに対して携帯用品を鎖錠する装置;このサブクラスの他のグル-プに分類されない鎖錠装置
  • E05B75/00 手錠

 

前回のCAZAS(カザス)ではE05B49/00を利用しました。今回のCAKUS(カクス)では、かんたん特許検索でE05B65/08が関連特許分類として抽出できましたが、他に周辺の特許分類を見てみると、E05B63/00・特殊な構造的特徴をもつ錠も関連しそうだと思われます。

 

よって、特許電子図書館・公報テキスト検索で、以下のような検索を行ってみました。
 

  • 公報種別:特許公報 (公告、特許)
  • 出願人/権利者:トステム
  • 要約+請求の範囲:内蔵
  • IPC:E05B63/? E05B65/?

 

すると1件登録特許がヒットします(特許3362134:昇降窓のロック装置)。しかし、これはCAKUS(カクス)関連特許ではないので、まだCAKUS関連特許が登録になっていないと考え、公報種別を公開特許公報にして再度検索してみました。
 

  • 公報種別:公開特許公報 (公開、公表、再公表)
  • 出願人/権利者:トステム
  • 要約+請求の範囲:内蔵
  • IPC:E05B63/? E05B65/?

 

すると以下の2件がヒットしました。
 

  1. 特開2007-146607 内蔵式のクレセント錠を備えた開口部装置
  2. 特開平10-317762 昇降窓のロック装置

 

2件目はCAKUS関連特許ではありませんので、1件目がCAKUS関連特許であると考えられます。
 

Cakus_jp2007146607【発明の名称】内蔵式のクレセント錠を備えた開口部装置
【出願番号】特願2005-346221
【出願日】平成17年11月30日
【公開番号】特開2007-146607
【公開日】平成19年6月14日
【出願人】トステム, 中西金属工業
【要約】
【課題】内障子及び外障子が正常閉鎖位置に位置しているときのみ、掛け部を施錠位置へ回転操作可能とすることでクレセント受けに確実に係合させることができる内臓式のクレセント錠を備えた開口部装置を提供する点にある。
【解決手段】障子開放状態のときに、掛け部4が設定角度以上に施錠位置側へ回転されることを接当阻止する第1接当阻止手段11と、両障子が正常閉鎖位置でないときに、掛け部4が施錠位置側へ回転されることを前記設定角度よりも小さな角度となる第2の設定角度で接当阻止して該掛け部4が該外障子の召し合わせ框3に接当することを阻止する第2接当阻止手段12とを備えた掛け部回転阻止機構を設け、両障子が正常閉鎖位置にあるときに、掛け部回転阻止機構の第1接当阻止手段11及び第2接当阻止手段12による接当阻止を解除する解除機構を設けた。

 

図面・要約だけを読んでもいまいち内容が分かりません。

 

Cakus_jp20071466072

 

上記の図2は「内障子の召し合わせ框の後側開口部を閉じるカバーの取付構造を示す縦断側面図」です。つまり錠がカバー28で覆われていることが分かります。さらに図2の4Bと代表図面の4Bは共通していますので、カバー内にレバーが収納されていることが分かります。

 

Cakus_jp20071466073

 

さらに上記の図7は「障子が正常閉鎖位置にあるときの要部の横断平面図」です。左右に伸びているのが障子(サッシ)で2が錠を収納している部分になります。

 

構造に関する特許というのは図面で判断がつきますが、その反面、文章だけではどのような構造になっているのか想像するのが非常に難しいという面があります。このCAKUS(カクス)関連特許も図面を見て、要約・クレームを一読してだけでは、なかなか理解できませんでした。

 

機械関連特許は図面だけ見れば分かる、とよく言われますが、図面だけでは内容を十分に理解できない可能性もありますので、十分ご留意のほどを。

 

ちなみにこのCAKUS関連特許ですが、経過情報を調べると審査記録が
 

  • 特許願 : 差出日(平17.11.30) 受付日(平17.11.30) 作成日(平17.12.1)
  • 認定・付加情報 : 処分日(平17.12.2) 作成日(平17.12.2)

 

のようになっており、まだ審査請求されていないことが分かります。CAZAS(カザス)関連特許はきっちりと権利化していましたので、CAKUS(カクス)関連特許もおいおい審査請求・権利化するものと予想できます。