e-patent > コラム > 身近な特許・意匠 > iPodのデザイン

作成 : 2008.03.29

 

かなり多くの方が愛用しているiPod。

 

このiPod、関連特許も出願されていますが、関連意匠も出願されています。

 

特許電子図書館の意匠公報テキスト検索

 

出願人/意匠権者:アップル

 

で検索すると、31件ヒットします(アップル・コンピューター以外にも株式会社アップル、アップル医療機器がヒットしてしまいます)。

 

iPodに関連していると思われる意匠を抜粋しました。

 

Apple_design1228217_2 【意匠に係る物品】携帯型メディア再生機
【登録番号】意匠登録第1228217号
【登録日】平成16年12月3日
【意匠に係る物品の説明】本願意匠に係る物品は、その底面図に示すように、本物品底面の中央に、データ転送用のコネクタが挿入されるコネクタスロットを有する。そして、本物品は、使用形態を説明する参考斜視図に示すように、コンピュータがインターネット等を介して取得した画像や映像、或いは音声等のデータのうち少なくとも一のタイプのデータの入力を、底面のコネクタスロットに挿入されたデータ転送用のコネクタのケーブルを介して受ける。本物品は、こうして入力したデータを記憶し、画像や映像のデータについては、正面に有する液晶表示部にて、画像・映像を表示し、音声データについては、本物品上面に有するプラグに装着されたイヤホン等を介して再生する。更に、本物品は、上面に有するリモートコントローラ端子に装着されたリモートコントローラの操作を受けて、上述したデータの再生・表示を行う。また、本物品は、内蔵するスケジューラー、ゲーム等のプログラムにより液晶表示部に時計・スケジュール・ゲーム画面等を表示する。
【意匠の説明】本願の各図において、意匠の形状線以外の線として縦、横、斜めの平行状の線として描かれた線は、それぞれ模様を表す線ではなく、いずれも立体表面の形状を表す線である。 正面図中央上部における、斜めの平行状の線が描かれた矩形部分は、液晶表示部であり透光性を有する。

Apple_design1249969 【意匠に係る物品】デジタルオーディオプレーヤー
【登録番号】意匠登録第1249969号
【登録日】平成17年7月22日
【意匠に係る物品の説明】本願意匠に係る物品は、デジタルデータ、例えば、MP3形式のオーディオデータ等のデジタルデータを記憶し、本物品上端に装着されたイヤホンからオーディオデータの再生音を発する。こうしたデータ再生は、本体背面のスイッチの操作を経て行われる。本物品は、本体下端に着脱自在のキャップを備える。このキャップは、データ記憶のためのコネクタ孔に適合した本体下端側のコネクタ部を保護する。
【意匠の説明】正面図、背面図、左側面図、右側面図、平面図、底面図および斜視図の各図において実線で表された部分が、部分意匠として意匠登録を受けようとする部分である。背面図・左右の側面図・平面図および底面図において本体背面に点線で表した二つのスイッチ部分と、キャップを取り外した様子を表す参考斜視図・キャップを取り外した様子を正面から見て表す参考正面図・キャップを取り外した様子を左側面から見て表す参考左側面図およびキャップを取り外した本体部分を底面から見て表す参考底面図において本体下端側に点線で表したコネクタ部と、平面図において点線で表したイヤホン装着孔の各部分については、部分意匠として登録を受けようとする部分ではない。本体背面のスイッチ部分は、各参考図においても部分意匠として登録を受けようとする部分ではないものとして点線で表されている。また、キャップを本体側から見た様子を表すキャップ単体の参考図における点線で表したコネクタ部挿入用の有底孔の部分にあっても、部分意匠として登録を受けようとする部分ではない。 本願の各図において、意匠の形状線以外の線として縦、横、斜めの平行状の線として描かれた線は、それぞれ模様を表す線ではなく、いずれも立体表面の形状を表す線である。

Apple_design1314865 【意匠に係る物品】携帯情報通信端末機
【登録番号】意匠登録第1314865号
【登録日】平成19年10月12日
【意匠に係る物品の説明】本願意匠に係る物品は、携帯情報通信端末機であって、例えば、画像や映像、或いは音声等のデータを記憶してこれらを再生するメディアプレーヤーや、データを記憶するストレージデバイス、携帯電話等として適用される。
【意匠の説明】本願の正面図、背面図、左右側面図、平面図、底面図および斜視図において、実線で示した部分が、部分意匠として登録を求める部分である。 本願の各図において、意匠の形状線以外の線として縦、横、斜めの平行状の線として描かれた線は、それぞれ模様を表す線ではなく、いずれも立体表面の形状を表す線である。 正面図中央上部における矩形部分であって点線で示した部分意匠として登録を求めるものではない部分は、液晶表示部であり、その下方の実線で示した部分意匠として登録を求める部分は、操作部である。

Apple_design1323700 【意匠に係る物品】携帯用音楽再生機
【登録番号】意匠登録第1323700号
【登録日】平成20年2月8日
【意匠に係る物品の説明】本願意匠に係る物品は、携帯用音楽再生機であり、メディア再生機、メディア記憶機としての機能をも有するものである。
【意匠の説明】正面図、背面図、左側面図、右側面図、平面図、底面図および斜視図の各図において実線で表された部分が、部分意匠として意匠登録を受けようとする部分である。斜視図、底面図、正面図、背面図、右側面図、左側面図及び各参考図において、点線で表した部分については、部分意匠として登録を受けようとする部分ではない。 本願の各図において、意匠の形状線以外の線として縦、横、斜めの平行状の線として描かれた細線は、それぞれ模様を表す線ではなく、いずれも立体表面の形状を表す線である。

 

意匠登録第1228217号はiPod nanoの一世代前のタイプですね。意匠登録第1323700号は現在のiPod shuffleですが、意匠として登録されたのが今年の2月8日と意外と遅いですね。ちなみに初代のiPod shuffleが意匠登録第1249969号ですね。

 

なおこの4件の意匠の創作者(特許でいう発明者)にはスティーブ・ジョブズが入っています。それだけCEO自身、デザインの重要性を認識しているという現れでしょうか。

 

※なお、日本では意匠法があり、このように意匠権として登録されます。しかしアップル・コンピュータの本拠地アメリカでは事情が異なります。意匠は特許の1種類であり、デザイン特許と呼ばれます。なお通常我々が特許と呼ぶ特許はユーティリティ特許です(utility patent)。