e-patent > コラム > ニュースな特許 > 豊田自動織機の空気エンジン車『KU:RIN (クーリン)』

9月22日付のプレスリリースで

 

豊田自動織機の若手技術者が空気エンジン車を開発し世界最速に挑戦

 

株式会社豊田自動織機(社長:豊田鐵郎)では、自由な発想を持ってモノづくりに挑戦する若手技術者を育むことをねらいに、2006年12月に「夢の車工房※」を立ち上げました。様々な事業部・専門分野の若手技術者40名が集まり、夢の車をテーマに、まったく新しいコンセプトの車の企画・製作活動を行っています。
この「夢の車工房」の部員が、このほど圧縮空気を動力とする空気エンジン車『KU:RIN(クーリン)』を開発いたしました。空気エンジンは、小型軽量で高出力、瞬発力に優れるなどの特徴をもっており、これを生かし、世界最高速記録に挑戦しました。

 

豊田自動織機はカーエアコン用コンプレッサーを全世界に年間約2000万台供給する世界No.1サプライヤーです。コンプレッサーとは、エアコンシステムの基幹部品で、冷媒を圧縮する装置です。このコンプレッサーを圧縮機ではなく膨張機として使用し、圧縮空気が膨張する力のみを動力源とする『KU:RIN』は、化石燃料も電気も動力としない新しいエコカーです。
『KU:RIN』は、9月9日、財団法人日本自動車研究所の城里テストコース(茨城県)にて時速129.2kmを記録し、これをギネス世界記録™ に申請する予定です。

 

出所:http://www.toyota-shokki.co.jp/news/2011/110922kurin/

 

という発表がありました。

 

最近は日本の製造業でも利益志向が強まってきたため、このような夢のあるチャレンジ、長期的な視点に基づくR&Dというのが難しくなっているように思います。そんな中で豊田自動織機の取り組みは非常にものづくり日本を再考する上で重要な取り組みだと思います。

 

*ちなみに友人の勤務している会社ではエンジニアも残業禁止で、なかなか仕事が思うように進まないとのことです。単位時間当たり生産性を高めるというのは確かに重要だと思いますが、人間の思考は決められた時間内でポンと答えがでるようにはうまくできていないと思うのですが・・・

 

それはさておき、実は”空気エンジン”なる技術があることを初めて知ったので、ちょっと調べてみました。

 

IPDL・公報テキスト検索でまずは

 

要約・請求の範囲=”空気エンジン”

 

で調べると、以下の7件がヒットします。

 

1 特開2009-215982 省エネ送風機 株式会社山武
2 特開2006-161907 流体圧作動機械 コベルコ建機株式会社
3 特開平10-306747 熱空気エンジン 株式会社富田鐵工所 他
4 特開平09-137750 ストーブ発電装置 谷口 茂
5 特開平08-141906 熱電材料の切断機 有限会社サーモエレクトリックディベロップメント
6 特表平10-510898 二サイクル内燃機関 レースレ・ゴットフリード
7 特表平09-502142 ベルトプレテンショナーの駆動装置 フェール アルツル

 

山武の特許を見ると、空気エンジンについての説明があります。

 

_2009215982

【0024】
空気エンジン30は例えば特許文献1に開示されるように、一般的に知られているもので、圧縮空気が供給されるシリンダと、このシリンダ内に装着されたピストンと、シリンダへの圧縮空気の給排出を切り替えるバルブとを備え、ピストンの上下動によるクランクの上下動によりクランク軸を回転させる構成であり、このクランク軸が上記の機械的出力軸31となる。

 

また山武の特許に付与されているIPCを見ると、

 

F04D 25/08 (2006.01)
F01B 29/00 (2006.01)

 

となっており、上のF04Dはポンプ関連なので関係なさそうだと判断し(IPCサブクラスでだいたいアタリを付けられるようになるのは一種の職業病ですね・・・詳しい方とだとIPCだけで技術分野トークすることもあります(笑))、F01B29の方の定義を確認してみると

 

F01B29/00 (2006.01) メイングループ1/00から27/00に分類されるもの以外の適当な特徴をもった機械または機関
F01B29/02 (2006.01) ・大気機関,例.大気が真空に対して作動するもの
F01B29/04 (2006.01) ・1つの形から他の形に変換する装置を特徴とするもの
F01B29/06 (2006.01) ・・蒸気機関から燃焼機関に変換するもの
F01B29/08 (2006.01) ・それ以外の往復ピストン機械または機関
F01B29/10 (2006.01) ・・機関(冷凍機関F25B)
F01B29/12 (2006.01) ・・・蒸気機関(がん具用蒸気機関A63H25/00)

 

なので、空気エンジンはF01B29が該当IPCだと推測できます。ただし、空気エンジンずばりの分類はないので、検索の方針としては

 

要約・請求の範囲 = 圧縮空気

IPC = F01B29/?

 

で検索します。そうすると

 

1 特開2010-071276 空気油圧式燃料自動車 岡嶋 謙治
2 特開2010-012929 圧縮空気機関車 恒松 孝仁
3 特開2009-215982 省エネ送風機 株式会社山武
4 特開2007-263100 水蒸気爆破エンジン 近藤 弘明
5 特開2006-161907 流体圧作動機械 コベルコ建機株式会社
6 特開2001-132403 気圧機関及び気圧タービン及び気圧発電装置 前田 開造
7 特表2010-520412 廃熱から回収された補助蒸気動力を利用する内燃機関 ハーモン,ジェームズ,ヴィー.,シニア.
8 特表2009-532630 排出および燃料費がゼロのガソリン-圧縮空気機関転換 ルドルフ ブイ.ベイリー
9 特表2008-537060 蒸気増強式ダブルピストンサイクル機関 ツアー エンジン インコーポレーティッド
10 特表2008-530418 高圧蒸気機関及び圧縮ガスモータ用バルブ及び補助排気システム プリチャード,エドワード
11 特表2007-511697 圧縮空気および/または追加のエネルギおよびその熱力学的サイクルを伴う能動モノ-エネルギおよび/またはバイ-エネルギチャンバを有するエンジン エムディーアイ-モーター・ディベロップメント・インターナショナル・エス.エー.
12 特表2001-501707 高圧エアコンプレッサを備えた車両を再加速させるための方法及び装置 ネグレ、ギー
13 特表2001-501696 高圧圧縮空気を還元汚染または汚染減少機関へと供給する為の圧縮機の設備 ネグレ、ギー

 

の13件がヒットします。ちなみに公告特許・登録特許は0件でした。

 

今回プレスリリースした豊田自動織機は空気エンジン関連特許は出願していないようですね。といっても今回の空気エンジン車『KU:RIN(クーリン)』は社員の自主活動の成果ですから、会社として事業展開する予定はないですから当然ですかね。

 

参考にesp@acenetで

 

title or abstract=compressed air

AND

IPC classification = F01B29

 

で検索すると153件ヒットします。153件のリストをざぁ~っと眺めていたら、空気エンジン車の専門会社があるんですね。ビックリしました。

 

MDI – MOTOR DEVELOPMENT INTERNATIONAL S.A

 

_mdi

 

しかも企業情報のところを読むとインドのタタ自動車とも技術提携している模様。実際に様々なタイプの空気エンジン車を開発・提供しています。環境意識の高いヨーロッパで、かつ限定されたエリア内や観光地などでの利用に限れば、有望化もしれませんね。

 

はじめは豊田自動織機のプレスリリースからちょっと調べてみようかと思っただけだったのですが、気づいたらフランスの専門企業まで行きついて、さらにその企業がインドのタタと関係があるところまで行くとは予想していませんでした・・・