e-patent > コラム > ニュースな特許 > ソフトバンクから有名建築家がデザインした携帯電話が発表!?

私はあまり携帯電話でネット・動画を見ないため、

 

  • 通話
  • メール
  • アラーム(目覚まし時計)

 

の3機能さえあれば、どんな携帯電話でも良いと思っています。現在はパナソニックの携帯電話を持っていますが、これも「前からずっと使っているのがパナソニック製だから」という理由しかありません。

 

たまたま【ニュースな特許】のネタを探していたのですが、携帯電話の意匠ってどんなのが出ているんだろう、と興味を持ち調べてみました。

 

対象企業としてソフトバンクを選びました。

 

本来はソフトバンクなどのキャリアではなく、シャープやパナソニックなどのベンダーを選ぶべきかと思いましたが、ヒット件数が多くなりそうなのでソフトバンクにしました。

 

特許電子図書館の意匠公報テキスト検索を選択します。

 

出願人/意匠権者は「ソフトバンク」としますが、携帯電話の意匠・デザインを調べるのにどうすれば良いか・・・?

 

一番簡単な方法は意匠に係る物品(特許で言えば【発明の名称】)に「携帯電話」と入れることでしょう。まずはこれで試してみます。

 

  • 公報種別:意匠公報
  • 意匠に係る物品:携帯電話
  • 出願人/意匠権者:ソフトバンク

 

で調べると15件がヒットしました(2007年12月2日現在)。この15件をパラパラとめくって見ていきます。ただ漫然とめくってみるのではなくて、付与されている意匠分類・Dタームに着目します。

 

特許を調べるときもIPCやFI・Fタームなど特許分類を利用しますが、意匠も同様です。キーワードによる検索でも確かにヒットしますが、網羅的に調べようとするのであれば意匠分類の利用は欠かせません。

 

公報の(52)【意匠分類】や(51)【国際意匠分類(参考)】・【Dターム】に着目していくと、

 

  • H743 携帯電話機
  • H743A その他(AA~AF除く)
  • H743AA ストレート型
  • H743AB 折畳型
  • H743AC 回転型
  • H743AD スライド型
  • H743AE フリップ型
  • H743AF 腕時計型
  • H743B プリンター付き
  • H743C カメラ付き
  • H743G 具体的表示有り
  • H74390 携帯電話機用部品及び付属品
  • H74391 携帯電話機用ホルダー
  • H74392 携帯電話機用子機
  • H74392A スティック型

 

が付与されていることに気づくと思います。この分類表は(現行)日本意匠分類・Dターム から確認できます。この携帯電話関連のDタームを使って再度検索を行ってみます。

 

  • 公報種別:意匠公報
  • (現行)日本意匠分類・Dターム:H743
  • 出願人/意匠権者:ソフトバンク

 

これで検索すると13件がヒットします(2007年12月2日現在)。先ほど「携帯電話」というキーワードで検索した場合が15件ですから、2件減ってしまいました・・・

 

今回この2件については追求せずに、ヒットした13件について検討していきたいと思います。

 

  1. 意匠登録1312529  携帯電話機  ソフトバンクモバイル
  2. 意匠登録1312386  携帯電話機  ソフトバンクモバイル
  3. 意匠登録1312385  携帯電話機  ソフトバンクモバイル
  4. 意匠登録1312384  携帯電話機  ソフトバンクモバイル
  5. 意匠登録1312382  携帯電話機  ソフトバンクモバイル
  6. 意匠登録1312381  携帯電話機  ソフトバンクモバイル
  7. 意匠登録1312380  携帯電話機  ソフトバンクモバイル
  8. 意匠登録1312379  携帯電話機  ソフトバンクモバイル
  9. 意匠登録1312371  カメラ付き携帯電話機  シャープ,ソフトバンクモバイル
  10. 意匠登録1306772  携帯電話機  ソフトバンクモバイル
  11. 意匠登録1305960  カメラ付き携帯電話機  ソフトバンクモバイル
  12. 意匠登録1303276  カメラ付き携帯電話機  シャープ,ソフトバンクモバイル
  13. 意匠登録1295458  カメラ付き携帯電話機  シャープ,ソフトバンクモバイル

 

まず目に付くのはシャープとソフトバンクモバイルの意匠「カメラ付き携帯電話機」です。最も最近の意匠である意匠登録1312371を見てみましょう。

 

Softbank_1312371 【意匠に係る物品】カメラ付き携帯電話機
【意匠分類】H7-43
【国際意匠分類(参考)】14-03
【Dターム】H7-43AB、H7-43C
【出願番号】意願2007-710
【出願日】平成19年1月17日
【登録番号】意匠登録第1312371号
【登録日】平成19年9月7日
【発行日】平成19年10月9日
【意匠権者】シャープ,ソフトバンクモバイル
【意匠の説明】透明部を示した各参考図中、斜線部は透明である。

 

このシャープのモデルをソフトバンクのサイトで調べたところ、該当するモデルがありました。

 

Softbank_812sh ソフトバンク3G 製品情報>2007冬モデル>GENT SoftBank 812SH sII

 

Impress 携帯ウォッチ>使いやすさをさらにアップさせた「GENT 812SH sII」

 

ちなみに、これは2007年冬モデルですが2007年夏モデルでも類似デザインの「GENT 812SH s」が発表されています。この夏モデルの発表は5月22日でした。

 

この意匠の出願日は2007年1月17日なので、少なくとも夏モデル前には出願されていたことが分かります。登録日や発行日よりも後に新モデルが発表となっていれば、今後ソフトバンクからどのようなデザインの携帯電話が販売されるか予想できることになります。

 

実は、今回ヒットした13件中、最近登録となった携帯電話のデザインはソフトバンクの2007年冬モデルには入っていないので、2008年春モデルとして販売されるかもしれません。

 

注目のデザインですが1つ目は「フレームを除いて全てが液晶表示部の携帯電話」です。

 

 

Softbank_1312529【意匠に係る物品】携帯電話機
【部分意匠】
【本意匠の意匠登録番号】意匠登録第1312379号
【意匠分類】H7-43
【国際意匠分類(参考)】14-03
【Dターム】H7-43AA、H7-43G
【出願番号】意願2007-3353
【出願日】平成19年2月13日
【登録番号】意匠登録第1312529号
【登録日】平成19年9月7日
【発行日】平成19年10月9日
【意匠権者】ソフトバンクモバイル
【意匠の説明】実線で表した部分が部分意匠として登録を受けようとする部分である。正面は周縁部(フレーム)を除き全面が液晶表示部である。参考正面図は液晶表示部の表示例を示すために記載するものであって、本願意匠とはボタンの配置が異なっている。

 

注目のデザインのあと2つは、有名なデザイナー・有名建築家による携帯電話です。

 

1人目はオランダの若手デザイナーであるマルセル・ワンダースのデザインです。

 

Softbank_1312386【意匠に係る物品】携帯電話機
【意匠分類】H7-43
【国際意匠分類(参考)】14-03
【Dターム】H7-43AA、H7-43C
【出願番号】意願2007-4300
【出願日】平成19年2月22日
【登録番号】意匠登録第1312386号
【登録日】平成19年9月7日
【発行日】平成19年10月9日
【創作者】浦元芳浩, 大道伸, マルセル・ワンダース
【意匠権者】ソフトバンクモバイル
【意匠の説明】携帯電話機のボディ外側はレリーフ状の模様をなしている。写真は、「正面側斜視図」「背面側斜視図」を除き、左側を天として記録してある。

 

 

もう1つは有名建築家であるレム・コールハースのデザインです。

 

Softbank_1312384【意匠に係る物品】携帯電話機
【意匠分類】H7-43
【国際意匠分類(参考)】14-03
【Dターム】H7-43AD、H7-43C
【出願番号】意願2007-4298
【出願日】平成19年2月22日
【登録番号】意匠登録第1312384号
【登録日】平成19年9月7日
【発行日】平成19年10月9日
【創作者】浦元芳浩, 大道伸, レム・コールハース
【意匠権者】ソフトバンクモバイル
【意匠の説明】正面の傾斜面に表されたレリーフ線模様部分は操作ボタンである。テンキーは、各キーの輪廓が線模様として表れている。

 

私は両名との知らないのですが、Googleで調べてみると結構有名なデザイナー・建築家のようです。

 

「携帯電話のデザインに建築家!?」

 

というのは意外ですが、意外性で注目を集めようとする戦略として優れていると思います。

 

本当に来年の春モデルで発表されたらビックリですね。もしも実際に投入されたとなると、意匠公報を調査・分析することで、各企業が次に投入しようと考えているデザインが予想・予測できることになります。さて結果は・・・?