e-patent > コラム > ニュースな特許 > 台風関連特許

「ニュースな特許」では巷で話題になっている特許を取り上げることになっていたのですが、今回はちょっと趣向を変えて、最近ニュースで話題になっているトピックに関連した特許について紹介します。

 

現在大型の台風4号がニュースで話題になっています。

 

そこで台風関連の特許がないか探してみました。

 

特許電子図書館IPDLの公報テキスト検索で、【発明の名称】に「台風」という言葉を含んでいる特許を調べたところ、

 

  • 特開2007-135560 台風襲来時被害緩和を図れる蔓状植物栽培棚及び同棚での他植物栽培及び適正プランターに関する。
  • 特開2007-075086 台風や竜巻の勢力を弱くする装置
  • 特開2007-075077 台風や竜巻の勢力を弱くする装置
  • 特開2007-063896 津波、台風高波防禦用堤防
  • 特開2005-164490 台風中心検出装置
  • 特開2003-004864 台風接近時の状況分析装置
  • 特開2002-296362 確率的手法を用いて合成された台風による風害評価システム及び方法
  • 特開2002-286863 台風による風害評価システム
  • 特開2001-288851 瓦の凹凸と瓦桟の形式による耐震,台風瓦葺き工法
  • 特開2000-098055 気象衛星画像受信装置及びそれに用いる台風追尾方法並びにその制御プログラムを記録した記録媒体
  • 特開平10-306595 地震、台風等によって、木造家屋倒壊防止、補強金具、
  • 特開平06-253692 台風災害防止用落葉果樹果実個体別成育保全具
  • 特許2727128 台風防止装置

 

の13件がヒットしました。タイトルを見て気になった特許は、

 

  • 特開2007-075086 台風や竜巻の勢力を弱くする装置
  • 特開2007-075077 台風や竜巻の勢力を弱くする装置
  • 特許2727128 台風防止装置

 

の3件です。この3件の中で「台風防止装置」は登録になっているんです。どんな内容なんでしょうか?

 

◆特開2007-075086 台風や竜巻の勢力を弱くする装置

2007075086 【発明の名称】台風や竜巻の勢力を弱くする装置
【出願番号】特願2005-299392
【出願日】平成17年9月12日
【公開番号】特開2007-75086
【公開日】平成19年3月29日
【出願人】有限会社オークス
【要約】
【課題】台風 や竜巻が発生し通過する場所で人工的に多数の台風 や竜巻を発生させ空気のエネルギーを分散消耗させるのが本発明の課題である。
【解決手段】海または大地に巨大なファンを設置し渦巻き状の上昇気流を発生させその気流の上空に火炎を放射する飛行船、ヘリコプタ、飛行機を配置し上昇気流の中心に火炎を放射して、上空3000メートル程度まで上昇気流を維持する。
これにより台風 や竜巻が発生する。

 

◆特開2007-075077 台風や竜巻の勢力を弱くする装置

2007075077_1 【発明の名称】台風 や竜巻の勢力を弱くする装置
【出願番号】特願2005-296894
【出願日】平成17年9月10日
【公開番号】特開2007-75077
【公開日】平成19年3月29日
【出願人】有限会社オークス
【要約】
【課題】台風 や竜巻が発生し通過する場所で人工的に弱い台風 や竜巻を発生させ空気のエネルギーを小さく消耗させるのが本発明の課題である。
【解決手段】 円筒形の長さ3000メートル程度の熱気球のようなものを作りその先端を真っ直ぐ上空に伸ばした後、上部に孔をあけて地表や海上の暑い空気を冷たい上空に放出させる。
円筒が途中で曲がったり回転したりするのを防ぐためにフアンやヘリコプタを用いる。
上空に上げるまでに円筒の内部でバーナーを焚いたり、空気を少し放出したりして円筒に無理な力が掛からないようにする。

 

いずれも、人工的に台風・竜巻を発生させることで、自然発生した台風・竜巻の勢いを弱くするまたは発生させないようにする、特許です。が・・・実現できるんでしょうか・・・?

 

さて最後の1件は・・・

 

◆特許2727128 台風防止装置

2727128 【発明の名称】台風防止装置
【出願番号】特願平1-320160
【出願日】平成1年(1989)12月8日
【公開番号】特開平3-180609
【公開日】平成3年(1991)8月6日
【特許番号】第2727128号
【登録日】平成9年(1997)12月12日
【発行日】平成10年(1998)3月11日
【特許権者】金子敏雄
【特許請求の範囲】
【請求項1】海水面からの水蒸気の蒸発を防止するとともに、海水中の魚類のための通気口を供え且つ太陽光を反射させる表面処理を施したカバーを、その海水面を覆うようにして、海底のアンカーによって係留された海面の浮体間へ、陸地へ係留することなくその陸地から離して張設し、更に、前記アンカー等に取り付けた海流又は波浪発電機を電源とする警告灯などの船舶のための警告装置を設けたことを特徴とする台風防止装置。

 

 

実施例を読みすすめると、「海水面を覆うようにして張設したカバーが、その海水面からの水蒸気の蒸発を防止し、そのような水蒸気の蒸発による台風の発生を未然に防止する。」とあります。結局は、台風の発生源である海水面からの水蒸気発生を防ぐためにカバーをかける、という特許です。

 

クレームにはいろいろと書いてありますが、よく登録になったものです・・・