e-patent > コラム > ニュースな特許 > トヨタを特許侵害で提訴した米ソロモン社のハイブリッド車駆動技術関連特許

1月14日付のニュースでアメリカのソロモン社が、トヨタ自動車を特許侵害で米国際貿易委員会(ITC)に提訴しました。

 

【ニュースURL】
米ソロモン社、トヨタを特許侵害で提訴=「プリウス」駆動技術でITCに
米社、トヨタを特許侵害で提訴=「プリウス」の駆動技術でITCに

 

【ソロモン・テクノロジー社のWebサイト】
Solomon Technologies, Inc.
Solomon Technologies, Inc.について

 

このソロモン・テクノロジー社のWebサイトトップページに

 

Breaking News
Solomon Files ITC Complaint Against Toyota

 

とハイライトされており、ITCへ提訴した詳細をPDFで見ることができます。

 

【ソロモン・テクノロジー社の提訴内容】
html
PDF-21ページ-

 

この提訴内容から今回トヨタが侵害しているとされている米国特許番号はUS5,067,932であることが分かりました。

 

■US5067932
Toyotasolomon_us5067932

【発明の名称】
Dual-input infinite-speed integral motor and transmission device
【発明者】
EDWARDS JONATHAN R (US)
【出願日】
1990年11月28日
【公開日】
1991年11月26日
【要約】
A combination electric motor and transmission unit device has two inputs and a rotational mechanical output, at least one of the inputs being of electrical power, to a corresponding integral combination of an electric motor means with a transmission means. The directions of rotation and the rotational speeds of the two inputs can be controlled to provide the mechanical output at any desired rotational speed with peak power output, depending on the controls, thus providing an ideal infinite speed device. The device employs a novel arrangement of a differential unit or a planetary gear unit. The combined motor and transmission device is lightweight, requires a small number of moving parts, and is useful in vehicles powered by electricity, including for regenerative braking. Another embodiment of the drive device is useful for a flywheel for peak power supplementation and also regeneration.
【クレーム1】
1. A combination motor and transmission device comprising first power input means for receiving a first input of electrical power, second power input means for receiving a second input of electrical power, and power conversion means for converting said electrical power of said first and second inputs for output, said power conversion means including a mechanical power transmission unit, said power transmission unit having two inputs for respectively receiving mechanical power corresponding to said first and second power inputs provided to said first and second power input means and an output for outputting the converted power as rotational mechanical power, wherein the rotational speed of said output is continuously variable, and said power conversion means includes, for each of said first and second power inputs, a respective integral combination of a respective electric motor element and an element of said mechanical transmission unit, each said integral combination involving said two respective elements thereof being directly associated mechanically and geometrically with each other without substantial spacing or other elements including bearings and shafts therebetween.

 

なお、このUS特許のパテントファミリーを調べてみると、日本にも出願されていて登録になっていました。

 

【パテントファミリー】
AT153605T、AU651644 B2、AU9066791 A、CA2096842 A1、CA2096842 C、DE69126319D D1、DE69126319T T2、DK558617T T3、EP0558617 A1、EP0558617 A4、EP0558617 B1、ES2106167T T3、GR3024569T T3、JP3394771B2 B2、JP6505938T T、KR187697 B1、US5067932 A、WO9209827 A1

 

■特許第3394771号 (特表平06-505938)

【発明の名称】
二入力無段変速一体型モータ及び伝動装置
【特許権者】
タウン・クリーク・インダストリーズ・インコーポレイテッド
【発明者】
エドワーズ,ジョナサン,ロリン
【出願日】
1991年11月19日
【優先日】
1990年11月28日
【請求項1】
第1の電力入力を受けるための第1電力入力手段と、第2の電力入力を受けるための第2電力入力手段と、前記第1及び第2電力入力手段が受けた電力を出力のために変換するための動力変換手段とを備え、前記動力変換手段は機械伝動ユニットを含み、この機械伝動ユニットは前記第1及び第2電力入力手段が受けた第1及び第2の電力入力に対応する機械動力をそれぞれ受けるための2つの入力部と、変換された動力を回転機械動力として出力するための1つの出力部とを有する組合せモータ及び伝動装置であって、前記出力部の回転速度が車輪を駆動するように連続的に可変であり、前記動力変換手段が、第1動力入力手段の第1電気モータ要素と前記第2動力入力手段の第2電気モータ要素とを組み込んで形成するとともに、前記第1及び第2の電気モータ要素のそれぞれが機械動力を発生できるように前記第1及び第2の電気モータ要素の間を有機的に組み付けている車両の車輪駆動用の組合せモータ及び伝動装置。

 

昨年9月にはオランダに本拠を置くアントノフ・オートモーティブ・テクノロジーズがトヨタを訴えました。その後の経過について特にニュース等では流れてきませんが、またハイブリッド車関連で訴えられました。

 

詳細にソロモン社の特許とトヨタのプリウスの駆動技術について比較はできませんが、おそらくトヨタはこういった事態に対するカウンターパンチも用意している気がします。